漢方薬で症状改善『膝・腰のトラブル』

原因はさまざまですが、多くの人が膝や腰の痛みに悩んでいます。 こうした痛みの改善に漢方薬が役立ちます。


■膝のトラブル『変形性膝関節症』

膝や腰に痛みがある場合、まずは整形外科を受診して原因を調べます。原因がわかったら、運動療法や薬物療法、手術など西洋医学による治療を受けましょう。 しかし、治療を受けても痛みが残ったり、薬の副作用で治療を続けるのが困難になったりすることがあります。 また、手術を受けたくない、あるいは症状はつらいものの手術の適応がないということもあるでしょう。 そのような場合に、漢方薬が助けになることがあります。 膝の痛みの原因で最も多いのは変形性膝関節症です。 西洋医学による治療法には、運動療法、非ステロイド性消炎鎮痛薬などによる薬物療法、装具療法、温熱療法などがあります。 関節の変形が進んでいる場合には、手術が検討されることもあります。 これらの治療を行っても膝の痛みが改善しない場合、体質なども診ながら、一人一人の患者さんに合う漢方薬を使っていきます。


■膝のトラブル『関節リウマチ』

変形性膝関節症以外では関節リウマチによる膝の痛みに漢方薬がよく使われます。 関節リウマチは、早期から抗リウマチ薬などを使って炎症を抑える治療を行います。 しかし、治療の開始が遅れたり、薬を指示通りに使わなかったりすると、痛みが残ることがあります。 そのような場合に、漢方薬が使われることがあります。


■腰のトラブル『原因となる病気がある腰痛』

腰痛で、特に症状が重くなりがちなのが、椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症です。 これらの病気による腰痛で、漢方薬が役立つケースは主に3つあります。 1つ目は、手術は必要ないと判断されたものの痛みや痺れがつらい場合です。 2つ目は、手術をしない判断をして西洋薬を使っているものの、痛みや痺れが残っている場合です。 3つ目は、非ステロイド性消炎鎮痛薬の副作用で胃腸障害などが起こり、薬を飲み続けられなくなるケースです。 いずれの病気の場合も、腰痛などの症状と体質、体の状態などから、合う漢方薬が選ばれます。


■腰のトラブル『ストレスが原因の慢性腰痛』

画像検査を行っても異常が見つからないのに、腰に痛みが続く状態を慢性腰痛といいます。 慢性腰痛は、ストレスによって脳が影響を受け、脳に備わっている痛みを和らげる仕組みがうまく機能しなくなることで起こります。 漢方薬を使うことで、腰痛も、原因となるストレスも改善するケースが多くあります。