骨盤臓器脱の治療・手術

進行した骨盤臓器脱では、装具を着用することで日常生活への支障を軽減する方法や、手術で根本的に治療する方法があります。


装具による治療

骨盤臓器脱が進行すると、不快感が続いたり、日常生活への支障が大きくなります。 これらの症状を軽減する方法として、リング・ベッサリーやサポート下着などを使用する保存療法があります。


●リング・ベッサリー

主に、手術を受けたくない人や高齢で手術が難しい人に適しています。 安全性の高い医療用シリコンでできた輪状のリング・ベッサリーを膣の中に挿入し、 下がっている膀胱や子宮などを支えることで、症状を軽減し、悪化を防ぎます。 最初に医療機関で、患者さんの膣口の開く大きさと膣内の広さ・深さ・肛門の筋肉の強さなどから、リング・ベッサリーのサイズや形状を決めます。 医療機関で定期的に挿入・交換する方法と、毎日自分で着脱する方法(自己脱着)があります。 自己脱着は、朝挿入し、就寝前に外します。長期継続使用と比べて膣壁への負担が少なく、望ましいとされています。 医療機関で指導を受け、数回、練習をすれば、自分で着脱できるようになるでしょう。 自己脱着の場合もも定期的な受診が必要です。


●サポート下着

伸縮性のある特殊な素材でできていて、下着の上に着用すると、下垂感や違和感などの自覚症状が改善し「骨盤底が支えられている」という安定感があります。 サポート下着は単独で使用するだけでなく、リング・ベッサリーの脱落を予防するために併用する場合もあります。 ただし、健康保険が適用されるのはリング・ベッサリーのみで、サポート下着などは自費での購入になります。


●その他の対策

生理用や尿漏れ用のパッドを当ててガードルなどで抑える方法、専用のクッションで抑える方法などがあります。


■手術を検討する場合は?

一般に、膣から臓器が3cm以上出ている場合は、手術が検討されます。 この段階になると、保存療法などでの改善は難しく、日常生活への支障が一層大きくなり、膀胱炎を繰り返したり、 腎臓の機能が低下したりする危険性もあるためです。 手術の方法は、主に次に3つがあります。

●NTR手術(従来型手術)

▼方法
子宮を摘出し、前後の膣壁を縫い縮めることで膣壁を補強します。

▼長所
人口材料を膣内に入れないため、それによる合併症の心配がありません。

▼短所
再発率が10~30%と多いとされていますが、それを補う工夫もされています。

●TVM手術(経膣メッシュ手術)

▼方法
基本的に子宮は摘出せず、膣から、膣壁と膀胱の間にメッシュを挿入し、膀胱や子宮などを支える骨盤底を補強します。

▼長所
お腹を切らず、手術時間が短いので、体への負担が少なくて済みます。 高齢者や他に疾患がある人にも適しています。再発率も少ないとされています。

▼短所
日本の報告では頻度が少ないものの、性交痛やメッシュによる合併症の可能性があります。

●LSC手術(腹腔鏡下仙骨膣固定術)

▼方法
お腹に孔を数ヵ所開けて腹腔鏡と手術器具を入れ、メッシュで臓器を吊り上げるようにして仙骨に留め、補強する手術です。 通常は子宮体部(子宮の上半分)を摘出します。

▼長所
膣を切開しないので、性交痛が少なく、再発が少ないことです。傷痕も小さく、あまり目立ちません。

▼短所
手術時間が長い傾向があります。高度の肥満、緑内障、脳血管疾患、直腸癌がある人には勧められません。

■治療を選択するときは

治療は、初期の場合は骨盤底筋トレーニングなどの運動療法を中心に、進行した場合は装具による保存療法や手術を考えます。 年齢や症状によって、治療の選択は変わってきます。まずは自分の症状を理解して、どんな方法が自分に合っているのか、医師とよく相談してください。


骨盤臓器脱は、女性にはよくある病気です。症状や治療法を知り改善に繋げましょう。 基本的には命に関わる病気ではありませんが、中高年の女性の生活の質に大きな影響を与えます。 超高齢社会の中で生き生きと生活していくためにも前向きに対処しましょう。


装具の使い方