関節リウマチの薬物療法

関節リウマチ薬物療法はこの十数年の間に大きく進歩しました。 それにより、症状が治まり、病気の進行が止まった状態である「寛解」を目指せるようになってきました。


■症状や進行が治まる”寛解”を目指す

従来、関節リウマチの薬物療法は、非ステロイド性抗炎症薬(痛み止め)やステロイド薬などで、関節の腫れや痛みなどの症状を軽減することが目標でした。 しかし、この十数年間で治療法は大きく変わりました。抗リウマチ薬メトトレキサートや生物学的製剤という有効な薬の登場で、 症状を抑え、病気の進行が止まった状態(寛解)を達成できるようになってきたのです。 患者調査によると、2016年には半数以上の人が寛解を達成したという報告もあります。


■抗リウマチ薬であるメトトレキサートから使う

メトトレキサートは、診断後、最初に使われる抗リウマチ薬の飲み薬です。 関節リウマチの炎症は、滑膜細胞や免疫細胞が活性化することで起こります。 メトトレキサートは、これらの細胞の活性化を抑え、炎症を鎮める薬です。 腫れや痛みを軽減するだけでなく、関節の変形を止める効果もあります。 ただし、メトトキレサートは胎児の発育に影響を及ぼす恐れがあるため、妊娠中や授乳中、妊娠を希望している期間には使えません。 さらに、関節リウマチの重い合併症がある場合も、メトトキレサートは使うことができません。 副作用としては、口内炎や吐き気、下痢、肝機能障害、間質性肺炎などが現れることがあります。 これらの副作用によって、服用を中止せざるを得ないケースもあります。 メトトキレサートが使えない場合は、他の抗リウマチ薬を使います。 主な抗リウマチ薬には、ブシラミン、サラゾスルファビリジン、タクロリムスがあります。 いずれも免疫の異常な働きを抑える作用があり、症状を軽減させるだけでなく、骨の破壊や関節の変形を抑える効果が期待されています。 抗リウマチ薬には、免疫の働きを低下させる作用があるため、風邪や肺炎、インフルエンザなどの感染症に注意が必要です。


■新たな薬として登場した生物学的製剤

関節リウマチの新しい薬として注目を集めているのが、生物学的製剤です。 通常の飲み薬は化学的に合成したものですが、生物学的製剤は、生きている細胞が作り出すたんぱく質を利用した薬です。 口から飲むと吸収されないため、点滴や皮下注射で投与する必要があります。

●サイトカインに直接作用する

滑膜細胞や免疫細胞が活性化すると、T細胞からサイトカインが分泌されます。 サイトカインが免疫細胞と結合すると、「滑膜や骨を攻撃しろ」という指令を出し、炎症を引き起こします。 生物学的製剤は、このサイトカインに対して作用します。 生物学的製剤は、抗リウマチ薬よりも高い抗炎症効果を発揮します。また、骨を破壊する細胞の働きも抑えて、関節の変形を食い止める効果もあります。 メトトキレサートなどの抗リウマチ薬で治療を行っても効果が不十分な場合やメトトキレサートを使えない場合に、追加が検討されます。 生物学的製剤では、副作用として感染症が挙げられます。体調管理などに十分注意してください。

●自分の病状と向き合って薬を選ぶ

「日本リウマチ友の会」が行ったアンケート調査によると、生物学的製剤の高い効果を実感する一方で、経済的な不安を感じている人が多くいました。 生物学的製剤は基本的には長期間使う薬です。しかし、必ず使い始めた時の薬の量でずっと治療を続けるというわけではありません。 治療によって寛解に達し、その状態を長く維持することができれば、薬を使用する頻度や量を減らすことも可能です。 関節リウマチの治療では、まず寛解を目指すことが第一です。そのうえで、自分の病状や経済的な負担、長期的な経過などを考慮しながら、総合的に薬を選びます。 医療費を削減する1つの方法としてバイオミンミラーを使う方法もあります。 また、高額療養費制度などの公的助成を利用できる場合もあります。


■最新の抗リウマチ薬は生物学的製剤と同等の効果も

最も新しい抗リウマチ薬は、2013年に発売されたトファシチニブです。分子標的薬という種類の薬で、 炎症を起こす引き金となる分子だけを狙って作用します。飲み薬ですが、生物学的製剤と同等の高い効果を発揮します。 他の抗リウマチ薬や生物学的製剤で治療をしても効果が十分に得られなかった場合に、服用が検討されます。 ただし、生物学的製剤と同様に価格が高く、また、副作用の感染症にも注意が必要です。
薬物療法の選択肢が増え、寛解を目指せるようになってきています。担当医と相談して、薬とうまく付き合っていきましょう。


■痛みや関節の動き、変形の程度から手術を検討

関節リウマチの手術のメリットは、主な症状である「痛み」「関節の動き・機能」「見た目」の3点を同時に改善できることです。 最近は、足首、足指、手首、手指などの小さい関節の手術が注目されています。 以前は再発が多く、あまり勧められませんでしたが、薬で手術後の再発をかなりコントロールできるようになったため、 積極的に手術が検討されるようになっています。