関節リウマチ

関節は、関節包という袋のようなもので包まれており、関節包の内側には、滑膜という薄い膜があります。 関節リウマチは、この滑膜に慢性的な炎症が起こる病気です。 関節リウマチの発症は、30〜50歳代で最も多く、女性に圧倒的に多いのが特徴です。 特に、妊娠や更年期をきっかけに発症することが多いので、女性ホルモンが関わっていると考えられています。 また、家族や親戚に関節リウマチや膠原病(自己免疫疾患の一種)のある人がいる場合、関節リウマチを発症しやすいことがわかっています。

従来、関節リウマチの進行を抑えるのは難しいとされていましたが、近年、治療法は大きく進歩しました。 早期から治療を始めれば、症状の進行を抑えられるようになってきています。 症状が落ち着いて安定した状態を寛解といい、発症前とほとんど変わらない生活を送ることも可能です。 寛解を達成するには、できるだけ早く発見し、治療を始めることが大切です。

現在(2017年)、全国で、関節リウマチの「患者調査」が大規模に行われており、 病気の実績を細かく把握し、実際の治療などに還元されていくことが期待されています。


■関節リウマチとは?

関節リウマチとは、関節に炎症が起こる病気

骨と骨のつなぎ目である関節は、関節包という袋のようなもので包まれています。 関節包の内側には、滑膜という薄い膜があります。関節リウマチは、この滑膜に慢性的な炎症が起こる病気です。 日本の患者数は、60〜70万人と推計されています。 滑膜の炎症の原因は、免疫の”誤作動”です。本来、免疫は自分の体を守るために働く仕組みですが、自分の滑膜を”敵”とみなして攻撃してしまうのです。 このような病気を自己免疫疾患といいます。
なぜ免疫の誤作動が起こるのか、詳しい仕組みはわかっていません。遺伝的な要因を背景に、妊娠や出産、けが、手術、感染症などの外的要因が加わることで、 誤作動を起こすのではないかと考えられています。免疫が誤作動を起こすと、滑膜細胞と免疫細胞が活性化し、関節に炎症が起こります。 すると、関節の腫れや痛みが生じ、さらに炎症が進むと、骨や靭帯などが破壊されます。 その結果、関節の変形を引き起こし、日常生活に大きな支障を来します。

従来、関節リウマチの進行を抑えるのは難しいとされていましたが、近年、治療法は大きく進歩しました。 早期から治療を始めれば、症状の進行を抑えられるようになってきています。 症状が落ち着いて安定した状態を寛解といい、発症前とほとんど変わらない生活を送ることも可能です。 さらに、現在では、全国で患者調査が行われていて、患者さんそれぞれの状態に合ったより良い治療法の確立が目指されています。


■早期発見するために症状を知り、自分でチェック

寛解を達成するには、できるだけ早く発見し、治療を始めることが大切です。 関節リウマチの症状を知っておき、当てはまるものがあれば、関節リウマチに詳しい専門医を受診するようにしてください。 早期の症状としては、朝の関節のこわばりが代表的です。 夜、寝ている間に関節液が溜まって関節がむくみ、動かしにくくなり、起きてからしばらく活動していると、ふだん通りに動くようになります。 関節液が溜まると、関節を触った時に軟らかくブヨブヨします。 また関節の腫れ、関節が熱っぽいというのも炎症が疑われる症状です。 関節リウマチでは、手指や手首、足指など、比較的小さい関節が最初に痛みだすことが多いようです。 病気が進行するにつれて、肩や首、股関節、膝、肘、足首など、全身の関節に痛みが現れてきます。

関節リウマチの発症は、30〜50歳代で最も多く、女性に圧倒的に多いのが特徴です。 特に、妊娠や更年期をきっかけに発症することが多いので、女性ホルモンが関わっていると考えられています。 また、家族や親戚に関節リウマチや膠原病(自己免疫疾患の一種)のある人がいる場合、関節リウマチを発症しやすいことがわかっています。 さらに、喫煙歯周病なども、関節リウマチの発症の危険性を高めることがわかっています。 自分でコントロールできるものは改善していきましょう。

●関節リウマチの自己チェック

朝起きると、関節が強張っている
30分〜1時間で普段通りに動くようになる
左右両方の関節が動かしにくい
痛む関節が腫れている
触ると関節が熱っぽい
軟らかくブヨブヨしている

複数当てはまったら医療機関を受診する。この中でも、特に「朝、関節が強張る」「関節が腫れる」「関節が熱っぽい」というのが、 早期に多く見られる症状。ブヨブヨした感触にも注意。


■関節リウマチは複数の検査から診断される

関節リウマチが疑われる場合、まずは問診で症状や家族歴が確認されます。 また、触診で、関節の腫れや熱っぽさがないかどうかが調べられます。 続いて行われるのが、血液検査です。CRPや赤沈(血沈)などから、体内の炎症の有無やその程度がチェックされます。 また、関節リウマチの発症時に多く現れるリウマトイド因子(RF)の有無も調べられます。

●注目されている新しい検査

関節リウマチの早期診断に役立つとして注目されているのが、血液検査でわかる抗CCP抗体と、関節超音波検査です。

▼抗CCP抗体
免疫細胞が誤作動を起こし、自分の体の成分を攻撃するために作り出した抗体(自己抗体)です。 抗CCP抗体が陽性の場合は、関節リウマチの可能性がかなり高いと考えられます。 比較的早期の段階で陽性を示すのも特徴です。

▼関節超音波検査
骨の破壊や関節の変形を調べるには、エックス線検査が有効ですが、早期には異常が見つからないことがあります。 そこで有効なのが関節超音波検査です。画像で滑膜の炎症の状態を直接調べることができ、早期診断に役立ちます。 抗CCP抗体は血液検査なので、どの医療機関でも受けられます。一方、関節超音波検査は、リウマチ専門医のいる医療機関など、 受けられる医療機関はまだ限られていますが、その数は増えつつあります。 日本リウマチ学会日本リウマチ財団のホームページで専門医を検索できます。