カルシウム不足が招く中高年の骨粗鬆症

カルシウム不足が招く中高年の骨粗鬆症について述べます。


■不足しがちなカルシウム

丈夫な骨や歯は、高齢期を健康に過ごすのに欠かせない条件。ところが、日本人には骨や歯の主成分であるカルシウムが不足している人が多いといわれています。 体内のカルシウムの99%は骨と歯に存在しています。残り1%については血液や筋肉にあり、神経の情報伝達を助けたり、 筋肉を動かすなど大変重要な働きを担っています。だから、血液や筋肉中のカルシウム不足は、体にとって緊急事態。 もし不足してしまったら、血液中のカルシウム量を一定に保つために、骨からカルシウムが溶け出して不足分を補おうとします。 こうした状態が続くと、骨に蓄えられているカルシウムが減ってしまい、骨がスカスカになる骨粗鬆症のリスクにつながってしまうのです。 カルシウムは、成人女性では650mgが1日推奨量とされています。しかし、厚生労働省によると日本人全般、特に女性のカルシウム摂取量は推奨量より下回っています。 カルシウムはどの食品にも含まれているわけではなく、また腸管から吸収されにくい成分ですから、たくさん摂っているつもりでも不足しがち。 意識してカルシウムを摂ることが大切です。


■ビタミンDとマグネシウムがポイント

骨に含まれるカルシウムの量を「骨量」といいます。骨量のピークは20歳頃で、その後徐々に減少していきます。 このころまでにしっかり骨量を増やしておくこと、つまり、カルシウム貯金が、将来の骨粗鬆症を防ぐことに繋がるのです。 年齢を重ねて、立ち上がるときに腰や背中が痛い、背中や腰が曲がった気がするなどの症状があったら、カルシウム貯金が不足していたのかもしれません。 特に女性は閉経後に骨量が急激に減少するので、カルシウムを摂取する毎日の習慣が大事です。
しらす、ひじき、ワカメ、牛乳などのカルシウムたっぷりの食品を摂ると同時に、カルシウムの吸収を高めるビタミンDやカルシウム量を調整する マグネシウムの摂取も重要です。食事の管理がなかなか難しい方は、これらが配合されているカルシウム剤を摂るのも便利。 最近では服用する錠数も少ないうえ、食品であるサプリメントではなく効能・効果のある「OTC医薬品」もあります。