カルシウム吸収促進・骨再生促進に『ビタミンD』

ビタミンD』には、小腸でカルシウムが吸収されるのを促進したり、 休止している骨の細胞を活性化させ、骨の再生を促進する働きがあります。


■ビタミンD

『ビタミンD』は、骨の健康に欠かせないビタミンで、 小腸でカルシウムが吸収されるのを促進したり、 休止している骨の細胞を活性化させ、骨の再生を促進する働きがあります。 またこのビタミンDに、筋力を増強する効果や骨折を予防する効果もあることが、 さまざまな研究によって報告されています。

例えば、複数の大規模な研究の成果をまとめた報告では、薬を使うことで転倒の危険性が 約20%減少するといわれています。また、「活性型ビタミンD3製剤」 を6ヶ月間使用することで脚力が大幅に向上することが報告されています。 また、骨折の発生頻度を比較すると、ビタミンDが足りているグループでは少なく、 不足するグループでは高いことが報告されています。 ただし、薬などでビタミンDを摂取する場合は、「高カルシウム血症」に注意が必要です。 薬による治療は医師に相談し、正しく薬を使うことが必須です。

ビタミンDは、食べ物から取り入れられるほか、日光に当たることで体内で作られます。 また、肝臓や腎臓で活性化されてから働きます。