メニエール病

内耳のむくみは回転性のめまい・低音の難聴を引き起こし、中年女性は要注意。


■メニエール病

蝸牛の中にあるリンパ液が増えると、脳が平衡感覚を認識できなくなる

耳の役割は音を聞くだけではありません。平衡感覚を保つことも、耳の重要な働きです。 人間の耳は外耳・中耳・内耳の3つの部位に分かれています。最も脳に近い位置にある内耳は、かたつむりのような形をした 「蝸牛」と、耳石器や三半規管などの「前庭迷路」から構成されています。 内耳の働きのうち、音を感じる働きは蝸牛が担当し、平衡感覚については前庭迷路が受け持っています。 蝸牛と三半規管にはリンパ液と呼ばれる液体が蓄えられています。リンパ液は細胞から排出された水分や老廃物を運ぶ 透明な液体ですが、平衡感覚を司っている三半規管に含まれるリンパ液には、もう一つの重要な役割があります。 三半規管の半分はリンパ液で満たされています。体が傾くことでリンパ液の流れが変わると、 脳は体の動きの変化を感じ取って、バランスを取るように全身に指令を出すのです。


一方、蝸牛の中も音を電気信号に変えるためにリンパ液で満たされています。 ところが何らかの原因によってリンパ液が増えて、内耳がむくんでしまうことがあります。 『内リンパ水腫』と呼ばれる蝸牛の水ぶくれは、同じ内耳の器官である三半規管にも影響を与えます。 蝸牛で増えたリンパ液が三半規管に流れ込むと器官内の内圧が高くなり、脳が平衡感覚を正しく認識できなくなってしまうのです。 脳が混乱して体の傾きを正しく認識できなくなると、「平衡感覚を失った」状態になります。 内耳のむくみによって平衡感覚が失われるこの症状は、発見者であるフランスの医師プロスパー・メニエールの名を取って、 『メニエール病』と呼ばれています。一般にメニエール病は40代以降の女性に多く見られる病気ですが、 最近では若年層や中高年の男性の患者さんも増えてきています。 内耳のむくみによって平衡感覚が失われると、「回転性めまい」が起こるようになりますが、回転性のめまいとは、 頭の中が揺れるという程度のものではなく、文字通り目の前がぐるぐると回転するほどの症状です。 メニエール病に伴う回転性のめまいは、寝返りを打ったときに起こることもありますが、何のきっかけもなく起こる場合もあります。 いずれにしても、突然襲ってくることが特徴です。メニエール病によるめまいは30分程度で治まる人もいれば、 数時間も続く人がいるなど、個人差があります。次の日はケロッとしていて、めまいやふらつきなどが全くないのが特徴です。 メニエール病は生命に危険を及ぼす病気ではありませんが、めまいに伴って吐き気や頭痛、肩こりなどの症状が出ることがあります。 もし翌日にふらつきが残っていたりする場合は、メニエール病ではないこともあります。


●早期の治療

メニエール病は早期の治療で慢性化を防ぐことができ、耳鳴りや難聴の前触れには注意

先ほど、「メニエール病に伴う回転性のめまいは突然起こる」と述べましたが、めまいが起こる前触れとして耳の閉塞感や耳鳴り、 難聴が起こっていることが少なくありません。それらの症状を放置しておくと、めまいだけでなく耳鳴りや難聴が慢性化する ことがあります。ちなみに、メニエール病に伴う回転性のめまいが起こったら、とにかく安静にしてめまいが落ち着くのを 待つしかありません。医療機関から抗めまい薬などを処方されている場合は、正しく服用することで症状の安定が見られます。 めまいが落ち着いた後は、早めに医療機関にかかりましょう。メニエール病の初期は、めまいが起こる活動期と、 症状が落ち着く時期が繰り返されます。症状が慢性化していない早期のうちに治療を受ければ、メニエール病の慢性化は 防ぐことができ、治すことも十分に可能です。早期治療を怠って慢性的に症状が起こるようになると、めまいや耳鳴り、 難聴に一生悩まされることになりかねません。「メニエール病は治らない」と言われることもありますが、 これはメニエール病を治療できる機関がまだ少ないからです。めまい外来を始め、専門医による適切な治療を受ければ、 メニエール病は十分治せる病気です。