【質問】

健康に悪いと思っていてもタバコをやめられないのはなぜですか?


【答】

タバコがやめられないのは、たばこの煙に含まれているニコチンが原因でニコチン依存症という病気にかかっているからです。 やめたくてもやめられないのは、意志が弱いからではなく、ニコチンに支配されているからです。 ニコチンは、脳の中でドパミン、セロトニン、アセチルコリンなど、心地よさを感じさせる神経伝達物質を出す作用を持っています。 そのため、喫煙者は「タバコを吸うとスッキリする」と感じます。 ニコチンが切れてくるとイライラして、ニコチンを補充するためにたばこを吸わずにはいられないのです。 ニコチンの依存症は、麻薬と同じレベルで、いったん依存が生じると、 ヘロインと同じくらい、あるいはヘロイン以上にやめるのが難しいといわれています。 また、長年喫煙を続けていると、生活の中に喫煙が組み込まれ、習慣的に吸ってしまう心理的な依存が生まれており、 これも禁煙を困難なものにしています。自分の状態を知りたい場合は、下記のスクリーニングテストでチェックしてみましょう。

スクリーニングテスト