【質問】

禁煙外来ではどのような治療を行うのですか?


【答】

ニコチン依存が低い場合は、自力でも比較的簡単に禁煙できます。 自力での禁煙が難しい場合は、禁煙外来などを受診して禁煙治療を受けるとよいでしょう。 「わかっているけどやめられない」「何度も禁煙に失敗した」という人は、医師のアドバイスや禁煙補助薬の処方によって、禁煙の成功率が高まります。 禁煙治療は4つの条件を満たせば、健康保険が適用され、12週間で計5回の診察を受けられます。 初期の診察では、「ニコチン依存症かどうかのチェック」「呼気中の一酸化炭素濃度の測定」「禁煙開始日の決定」「禁煙経験の確認とアドバイス」 「禁煙補助薬の選択」などが行われます。喫煙者は、呼気中ではなく尿中にもニコチンが含まれているため、 「尿中ニコチン代謝産物濃度測定」を行うこともあります。 禁煙補助薬には、ニコチンガムニコチンパッチなどのニコチン製剤と、 飲み薬の「バレニクリン」があります。ニコチンガムとニコチンパッチは、薬局などで市販されています。 医師が処方するのは、市販品より高容量のニコチンパッチとバレニクリンです。 ニコチンガムとニコチンパッチは、少量のニコチンを体内に入れて、離脱症状を和らげます。 バレニクリンは、ニコチンを含んでおらず、脳内のニコチン受容体に結合して、ニコチンが受容体に結合するのを邪魔するため、喫煙しても満足感が得えられません。 また同時にドパミンを放出させ、離脱症状を和らげるもので、現在最も効果が高いといわれています。