月経痛が楽になる食品『ニラ』

ニラには、殺菌作用・ビタミンB1の吸収促進・疲労回復・神経鎮静作用・糖尿病予防・高血圧予防・動脈硬化予防のある「硫化アリル」、 抗がん作用・老化予防作用のある「セレン」が含まれています。
(*本文は下の方にあります)


■「刺激のある野菜」の意味から「美辣」の別名も

仏教では臭気の強い野菜のことを「葷(くん)」といいますが、ニラは五葷の一つに数えられています。 これらの野菜は刺激があるため「辣(ら)」と呼ばれていますが、食べておいしいので美という文字を付け美辣(みら)といいます。 ニラは小さいので小美辣と称され、転じてニラになったといわれています。


■子宮の機能そのものを高め、血液の流れを促進する

月経中に下腹部や腰に痛みを訴えたり、ひどくなると子宮内膜症や子宮筋腫などに悩む女性は少なくありません。 しかし、いつも鎮痛剤に頼るのは感心しません。根本的に痛みを和らげるには、血液の流れを促進し、体を温める食品を摂ること。 そして何より、日ごろから、腰や腹部を冷やさないように工夫することが大切です。
ニラには、胃腸を温め、その機能を整える働きがあるほか、内臓全体を活性化させる働きが備わっているのです。 特筆すべきは、ニラの精力増進作用です。これは、男女を問わず生殖器の働きに活力を与え、その機能を活発にします。 ニラ1束(100g)には、1日に必要なビタミンA(β-カロテン)が含まれています。 ニラ特有の臭みは、硫化アリル類に属する数種の物質によるもの。 自律神経を効果的に刺激すると同時に、血液の循環を促し、血栓やうっ血を取り除きます。


■子宮の機能を高める、ニラの食べ方

▼月経痛に
ニラの搾り汁さかずき1杯にザラメ少々を加え、白湯で割り、1日3回飲む。

▼月経痛に
紅花(干したベニバナ)5gと短く切ったニラ50gを、水3カップで半量になるまで煮詰める。1日1〜2回に分けて飲む。

▼不正性出血に
ニラ150gは甘酒2カップで煮て、汁ごと食べる。

▼おりものに
よく洗ったニラの根50g、卵1個、黒砂糖適宜に水3カップを加えて半量になるまで煮詰め、1日3回に分けて飲む。

▼おりものに
ガラス製か陶製のなべに、、ニラの種100g、酢1.5カップを入れ、弱火で煮詰める。 これを乾燥させて粉末にし、ハチミツ適宜を加えて丸薬にする(約300粒)。1日30粒ほどを日本酒さかずき1杯に混ぜ、空腹時に日本酒ごと飲む(1日60粒まで)

▼閉経時の不調に
よく洗ったニラ50gをミキサーにかけ、ジュースにしたものを温めて1日1回飲む。


■優れた健胃、整腸、精力増進効果もある

ニラは根さえ残しておけば、そこからさらに新しい目がどんどん成長していきます。 つい最近まで、ニンニクと同様に臭気が敬遠され、食卓に上る機会が少なかった野菜でしたが、現在は健康野菜の上位にランクされ、常食する人も増えています。 特に中国料理に欠かせない食材として、さまざまなメニューに登場し、人気のある野菜になりました。
ニラの薬効は驚くほど多岐にわたりますが、代表的なのが健胃、整腸、補腎、活血作用です。 胃腸の機能を増進し、血液の循環を促して、体の諸機能に活力を与えます。 また、足腰の衰えやだるさ、インポテンツ、慢性便秘、冷え性にも優れた効果があることが知られています。

▼足腰の衰えに
ニラ200gはざく切りにし、クルミ80gとともにごま油大さじ1で炒め、醤油少々で味を調え(4人分)、1ヵ月ほど毎日食べる。 または、ニラの種9gと米100g、水3カップでおかゆを作り(3回分)、1日1〜2回、週2〜3回食べる。

▼足腰のだるさ、インポテンツに
ニラの種を粉末にしたものを、朝晩10gずつ、熱湯に溶かして飲む。または、ニラの種、補骨脂(オランダヒユの果実)を各30gを粉末にし、 1日3回、9gずつ飲む。または、ニラの種6g、クルミ1個を水2カップで半量になるまで煮詰め、日本酒さかずき1杯を飲んだ後に飲む。

▼慢性便秘に
ニラ150g(またはニラの根50g)を搾り、日本酒少々と熱湯を加えて飲む。

▼冷え性に
ニラ150〜250gをざく切りにして、サラダ油小さじ2で炒める。または、同量のニラに水3カップ、固形スープの素1個と塩少々を加えてスープにする。 卵2個を入れ、卵とじにしても(4人分)。