メタボリックシンドローム予防・対策サプリメント

メタボリックシンドローム』の原因となる内臓脂肪型肥満は、 動脈硬化の三大危険因子「糖尿病・脂質異常症・高血圧」などの生活習慣病と密接に関連しており、 生命に関わる病気につながる、非常に危険な状態です。
(*本文は下の方にあります)


メタボリックシンドローム予防・対策サプリメント

下記の成分は、あらゆる生活習慣病の原因となる「メタボリックシンドローム」を対象としたサプリメントです。

▼総合的に
アディポネクチングリスリンフィブロイン

▼肥満対策
【脂肪燃焼作用】 L-カルニチン α-リポ酸
【運動療法補助作用】 BCAA、 クエン酸
【食欲抑制作用】 ガルシニア
【交感神経賦活作用】 シトラス・アンチウム(ダイダイ)、マテ
【その他】 コレウス・フォルスコリ、テアニン、 「ダイエットサプリメント」

▼高脂血症対策
紅麹キトサンレシチン、 トコトリエノール、 植物ステロール、
「高LDLコレステロール・高中性脂肪対策サプリメント」

▼高血圧対策
オメガ3系脂肪酸(DHA・EPAなど)コエンザイムQ10ニンニク、オリーブの葉
「高血圧対策サプリメント」

▼高血糖対策
ニガウリ(ゴーヤー)桑の葉サラシア、 ギムネマ、コロハ、白いんげん豆抽出物、バナバ
「高血糖対策サプリメント」

いずれのサプリメントを摂取する場合でも、医薬品との併用には注意が必要です。 また、サプリメントは、薬を使用するほどではない程度の人が摂取するものです。