オルニチン

オルニチンは、アミノ酸の1種で、有害なアンモニアを尿素に変換する尿素回路を構成する物質の1つであり、アルギニンの分解によって生成します。 オルニチンは成長ホルモン誘導体であり、同じアミノ酸の一種のアルギニンとともに、サプリメントに配合されていることがあります。 サプリメントとしてのオルニチンは糖蜜を原料とした発酵法によって工業的に生産されています 特に副作用は認められていないとする文献が多い一方で、高オルニチン血症と関係する遺伝病において 血漿中オルニチン濃度が長期にわたり継続的かつ高濃度で推移すると網膜への影響が認められることから、 健常者であっても同様の高い血漿濃度条件では同じ危険性があると指摘し注意を促す文献もあります。


■オルニチンの効果

『L−オルニチン』には3つの効果があるといわれ、まず一番に、成長ホルモンの分泌を促進、運動前や就寝前に摂れば、 体脂肪の分解を助け、効率的に筋肉を増やして基礎代謝を上げて、脂肪を燃焼してくれる働きを持ちます。 また、インシュリンの分泌を刺激、そして筋肉を増強させるホルモンとして働くように促す作用もあるといわれています。 2つ目が肝機能強化。遊離アミノ酸である、オルニチンは、肝臓でのアンモニアの分解にも一役買っています。 飲みすぎや食べすぎ、二日酔いの予防に期待ができます。 そしてもう1つが美容効果。お肌だけでなく、つめや、髪の毛の質も改善され、内臓系の免疫も強化され体の内、外ともに健康的に若々しくなります。

●アミノ酸ダイエット

オルニチンは体内で合成生産が可能な非必須アミノ酸です。 L−オルニチンは、肝臓への効果が有名ですが、そのほかにも、ダイエット効果や美肌効果も期待されており、 ボディービルダーやアスリート達に人気のあるアミノ酸として有名です。 その理由は成長ホルモン促進で有名なL−アルギニンの120倍の効力が発見されたからです。 「オルニチンダイエット」とは、「カロリー摂取の抑制(第1世代)」「油分カット(第2世代)」「脂肪燃焼(第3世代)」 と移行してきたダイエット法の第四世代ダイエット法で、「成長ホルモン」に注目した【成長ホルモンダイエット法】です。 オルニチンダイエットは、美容のためだけのダイエット法ではなく、「健康」を考慮したダイエット法といえます。