温熱治療器【血行促進・肩こり・腰痛・筋肉痛・疲労回復に】

温熱療法』とは古くから医療現場などで用いられてきた治療法で、 細胞組織の新陳代謝と血液循環能力を助け、筋肉の収縮、緊張をほぐして痛みを軽減させる治療法です。 仕事や勉強中、スポーツ後などに、疲れやコリ・痛みを感じたら患部に「温熱治療器」を当てると 心地よい温かさが、まるでお湯に浸かっているようなリラックス感を与えます。 『温熱治療器』によって、身体に適度な温熱を加えると血行がよくなります。 このことで筋肉の疲れが取れ、コリをほぐし、肩こり・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛などの痛みを緩和、疲労が回復し、 リラックス感が得られます。 また、腹部を温めると、胃腸の働きが活発になり、腸の運動や胃液の分泌が調整されるので、消化器系の改善にも有効です。
(*本文は下の方にあります)


温熱治療器【血行促進・肩こり・腰痛・筋肉痛・疲労回復に】

■血流改善のために「温熱治療器」をおすすめする理由

血流と言うのは大きな血管の血流だけではなく、体の隅々にある毛細血管血流を良くする事がとても重要なのです。 ところが改善の方法となると日常生活の中では、なかなか実行することが難しいのが現実です。 からだが冷えるのは季節に関係なく、年中付きまといます。 「私は冷えていない」と思っていても体温が低い、「知らないうちに体が冷えること」を抱えている人もたくさんいます。
例えば・・・
毎日、体が温まると言われる食べ物を食べ続ける。
毎日、長時間のお風呂で体を温める。
毎日、ジョギング、ウォーキング、運動、体操を して体を温める。
どうでしょうか?毎日きっちり続けられそうな改善策はありますか?!

では…
「毎日、寝る」
「毎日、座って巻く」
ならどうでしょうか?

どんなに素晴らしい方法も、治療も、継続しなければ効果は出ません。
医療機器の温熱療法なら、
「寝るだけ」
「巻くだけ」
「座るだけ」
で血流改善の効果があります。