ギャバが豊富な食材『発芽玄米』

発芽玄米』 は40種類以上もの栄養素が凝縮されている、最も栄養バランスの良い食品ですが、 その栄養価の高さには驚くばかりで、中でも特に注目したいのが、「ガンマアミノ酪酸」というアミノ酸の一種の「ギャバ(GABA)」です。 ギャバ(GABA)は、動・植物界に広く分布しており、高血圧はもとより、高血圧に併発しやすい高血糖、高脂血症、肥満などの生活習慣病に対しても、 その予防と改善に有利に働きます。また、現代人に増えている精神不安や認知症を退けるうえでも、 ギャバ(GABA)が大きな助けになることが明らかになっています。



■「発芽玄米」とは?

高血圧などの生活習慣病予防に有効

今、健康食品の中で最も注目されている『発芽玄米』は、玄米 (もみ殻を取っただけの米) を ある一定の温度に保ったお湯(またはお水)に浸して0.5 〜 1mm 程度発芽させた状態の米のことです。 玄米を発芽させることによって、玄米に含まれている有効成分が増えたり、玄米にはない新しい成分が生まれたりします。 なぜ、このようなことが起こるのかというと、 それは、玄米が発芽するときに、玄米の中で眠っていた酵素が目覚めて働きが活発になり、 新芽の成長に必要な栄養をどんどん作り出すからです。

「発芽玄米」は40種類以上もの栄養素が凝縮されている、最も栄養バランスの良い食品ですが、 その栄養価の高さには驚くばかりで、中でも特に注目したいのが、 「ギャバ(GABA)」です。 このギャバ(GABA)は「ガンマアミノ酪酸」というアミノ酸の一種で、動・植物界に広く分布しており、 高血圧はもとより、高血圧に併発しやすい高血糖、高脂血症、肥満などの生活習慣病に対しても、 その予防と改善に有利に働きます。また、現代人に増えている精神不安や認知症を退けるうえでも、 ギャバ(GABA)が大きな助けになることが明らかになっています。 ギャバ(GABA)は、玄米にも含まれていますが、発芽させることにより一層増加し、 白米の数十倍にもなると言われています。

また、発芽玄米には、ギャバ(GABA)以外にも、便秘の改善に有効とされる「食物繊維」や、 ビタミンB1・B2をはじめとする「ビタミンB群」が含まれており、 それらは、発芽することによって量がぐんと増えます。 食物繊維は、発芽玄米のほうが、玄米に比べて10〜15%多くなっています。 ビタミンB群には、余分な糖や脂肪を効率よくエネルギーに変える働きがあるので、高血糖や高中性脂肪を防ぎます。 さらに、玄米が発芽すると、ビタミンB群の仲間の「イノシトール」という成分も増えてきます。 イノシトールは、脂肪の代謝を促す成分で、脂肪肝や動脈硬化を防ぐことがわかっています。 他にも、発芽玄米には、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラルや、 最近では、活性酸素を取り除くのに役立つと期待される「フェルラ酸」、 「ガンマ・オリザノールマグネシウム」「トコフェロール」などの栄養素が豊富に含まれています。

発芽玄米は、発芽するときの酵素の働きで、玄米に比べると甘く、 玄米の欠点である硬さまでも解消され柔らかく消化しやすくなるという特徴があります。 しかも、発芽玄米は、玄米を水につければ簡単にできるので、手作りも簡単です。


●白飯と発芽玄米の違い

「玄米」は、果皮(ぬか層)・種皮・糊粉層・胚乳・胚芽の5つの部分から出来ています。 つまり、刈り取った稲籾の一番外側の籾殻だけを取り除いたものが玄米です。 玄米の構造は、胚芽3%、種皮と果皮で5%、糊粉層と胚乳で92%となっています。 しかし、栄養の比率で見ると胚芽66%、種皮と果皮・糊粉層に29%も含まれていて、胚乳にはたったの5%しかありません。 ということは、白米だけを食べている人は、95%の栄養分をみすみす捨てていることになります。 もったいない話です。

毎日のように食べている白米のカロリーは、100gあたり約350kcal程。 三大栄養素的には「炭水化物が約80%」「タンパク質が約7%」「脂質が約1%」で、 PFC熱量比もバランスがとれていますが、発芽玄米に比べると比較的「食物繊維」 「ミネラル分」が少なく、美肌などにも効果バツグンの「ビタミンE」などは、 発芽玄米の方がはるかにが多く含まれています。 (PFC熱量比とは、タンパク質(P)・脂肪(F)・炭水化物(C)のバランスをいい、 タンパク質12〜13%、脂肪20〜30%、炭水化物57〜68%が理想比率と言われています。)