高尿酸血症・痛風危険度チェック

人間の体内にある尿酸の約80%は、細胞の新陳代謝や、「プリン体」からエネルギーを作り出す際に生じたものです。
そして、残りの約20%は、食品中のプリン体が分解されてできたものです。
尿酸値が上がる背景には、もともとの体質と、食生活などの生活習慣の両方がありますが、
生活習慣は自分で改善することができます。まずは、自分の危険度をチェックしてみましょう。

健康21高尿酸血症(痛風) > 危険度チェック

■高尿酸血症・痛風危険度チェック

1.動物の内臓や魚の卵などが好き
動物の内臓や魚の卵は、他の部位に比べて細胞の数が多く、それだけプリン体も たくさん含んでいます。白子やあん肝、レバー、たらこなどが好きで、 頻繁に食べるような人は、注意が必要です。

2.お酒が好き
ビールの酵母には、プリン体が多く含まれています。そのため、ビールのプリン体 含有量は、他のアルコール飲料に比べて多くなっています。 しかし、お酒はその種類に関係なく、尿酸を増やします。アルコールが肝臓で 分解される際に、プリン体が分解されて尿酸が生じるためです。 また、アルコールの分解の過程でできる「乳酸」は、腎臓から尿酸が排出されるのを 妨げます。

3.日々ストレスを感じている
痛風発作を起こしたことがある人には、仕事熱心で競争心が強く、神経質な人が多い といわれています。また、性格にかかわらず、緊張を強いられる環境にいると、 尿酸値が上がりやすくなります。

4.時々激しい運動をする
息が切れるような激しい運動や筋力トレーニングなどの無酸素運動を行うと、 多くのエネルギーが必要になり、その分、老廃物である尿酸もたくさん生じます。 特に、ふだん余り運動しない人が急に無酸素運動を行うと、 痛風発作を招きやすいので要注意です。

5.太っている(BMI値25以上)
BMI別に、尿酸値が7mg/dl以上の人の割合を調べると、BMIが高い人ほど 高尿酸血症である割合が増えています。肥満と高尿酸血症には、 食べすぎやお酒の飲みすぎ、運動不足などの共通の要因があります。 また、体内の脂肪組織は、尿酸の産生を増やしたり、腎臓からの尿酸の排出を 抑えてしまいます。

6.親兄弟に痛風になった人がいる
血縁の近親者に痛風患者がいると、本人も尿酸値が上がりやすい傾向があります。 尿酸値が上がりやすい体質や、尿酸値を上げるような生活習慣を共有していることが 多いためです。

7.男性である
女性ホルモンには、腎臓からの尿酸の排出を促す働きがあります。 痛風を持つ人の95%以上は男性といわれています。

上記の7つの項目のうち、2つ以上に当てはまる場合は、尿酸値が高くなっている可能性があります。 医療機関で血液検査を受け、尿酸値を調べておきましょう。



●尿のph値を調べて危険度チェック

健康な人の尿は弱酸性ですが、尿の酸性度が高くなると、尿酸が溶けにくくなり、尿酸の排出が妨げられます。 尿酸値が気になる人は市販のph試験紙を使って、自分の尿の酸性度を測ってみるとよいでしょう。 ph値とは、液体などの酸性・アルカリ性の度合いを示すものです。 少量の尿を紙コップなどに採ってph試験紙を浸し、紙の色の変化を見本と比べます。 phの数値は6〜7くらいが理想で、小さくなるほど、酸性度も高くなります。 1日1回調べるときは、起床後すぐの尿を使います。毎食後など、1日に何回か測ると、 変化のパターンがわかり、生活習慣改善の手がかりになります。







 治療T「生活療法」
 治療U「薬物療法」
 合併症
 危険度チェック
 プリン体
 高尿酸血症(痛風)対策
 -
 -
 -
 健康21
 高尿酸血症(痛風)
 -
 -