プリン体

プリン体』は、細胞内のDNAやRNAなどの「核酸」を構成する物質です。
体内の細胞が壊れると、核酸も分解されて、「プリン体」ができ、最終的には「尿酸」にまで分解されます。

健康21高尿酸血症(痛風) > プリン体

■プリン体

『プリン体』とは、炭素、窒素、水素で構成された「プリン骨格」 と呼ばれる化学構造を持つ物質を総称したもので、いくつもの種類があります。 「プリン体」は、細胞内のDNAやRNAなどの「核酸」を構成する物質です。 体内の細胞が壊れると、核酸も分解されて、「プリン体」ができ、 最終的には「尿酸」にまで分解されます。

一方、肉や野菜などにも細胞があり、その中には「核酸」があります。 食品のうまみ成分にもプリン体が含まれています。 そのため、食事をすれば、外からプリン体が体内に入ってきて、尿酸に分解されます。

こうして多くの尿酸ができるのですが、体内の尿酸の総量は、通常約1200mg程度で一定に保たれています。 しかし、この量を超える尿酸ができると、血液中の尿酸の濃度が高くなります。 つまり、「尿酸値」が上がるのです。 人間の体内には、尿酸を老廃物として尿中に排泄する仕組みがありますが、 排泄が間に合わないほど尿酸が多くなったり、排泄が悪くなると、尿酸値が上がるわけです。



●体を動かすエネルギー「ATP」

「プリン体」は尿酸の元になるだけに、一見悪者のように見えますが、 「核酸」の構成要素であり、新しい細胞を作るときには、必要不可欠です。 また、プリン体の1つに「ATP(アデノシン3リン酸)」というものがあります。 ATPはリン酸が3つくっついた構造をしており、リン酸が1つ離れるときに、 大きなエネルギーを放出します。これが、体を動かすエネルギーとなります。 ATPは、アルコールを分解する過程でも活躍します。
このように、プリン体は人間の活動に欠かせない物質で、そのため、すべてを尿酸にまで分解してしまうわけではなく、 一部がリサイクルされる仕組みになっています。 そして、余分なものだけが分解され、「尿酸」として排泄されるのです。



●プリン体の多い食品

人間の体全体の「プリン体」の8〜9割は、体内で合成されたものだと考えられています。 食べ物から摂取されるプリン体はそれほど多くはないので、通常の食事なら、 それほど神経質になる必要はありませんが、プリン体が極めて多い食品の食べ過ぎには注意が必要です。 「プリン体」は細胞の核に含まれています。したがって、細胞の数が多いレバーなどの内臓には、 そのぶん、プリン体が多く含まれています。また、白子には大量の核酸が含まれているため、 プリン体が多いのです。プリン体はイノシン酸などのうまみ成分に含まれているので、 「おいしく、こくのある」食品は、それだけプリン体が多いといえます。 一方、プリン体が少ないのは、果物や野菜などです。野菜にも細胞はありますが、 割合としては水分が多く、プリン体が少ないのです。 食品に含まれるプリン体の量は、焼いたり炒めたりしてもあまり変わりません。 しかし、プリン体は水溶性なので、ゆでたり煮たりすると水に溶け出して、2〜3割は減るようです。


☆☆☆ 100g中に含まれるプリン体の多い食品 ☆☆☆
 極めて多い(300mg〜)   鶏レバー、真いわし干物、いさき白子、あんこう肝酒蒸し、 かつおぶし、煮干、干ししいたけ
 多い(200〜300mg)  豚レバー、牛レバー、かつお、真いわし、大正えび、真あじ干物、さんま干物
☆☆☆ 主なアルコールのプリン体含有量 ☆☆☆
ビール 5.12mg
ウィスキー 0.12mg
焼酎 0.03mg
日本酒 1.12mg
ワイン 0,39mg







 治療T「生活療法」
 治療U「薬物療法」
 合併症
 危険度チェック
 プリン体
 高尿酸血症(痛風)対策
 -
 -
 -
 健康21
 高尿酸血症(痛風)
 -
 -