非変性U型コラーゲン(進化型コラーゲン)

非変性U型コラーゲン進化型コラーゲン)』は、 グルコサミンやコンドロイチン硫酸といった
従来のサプリメントとは全く違う仕組みで、膝痛などの関節痛を根本から改善に導いてくれる画期的な栄養です。
従来のサプリメントが軟骨を作る材料の補給を主眼としていたのに対し、非変性U型コラーゲン(進化型コラーゲン)は、
軟骨を破壊する白血球の暴走を食い止めようとするものです。
その結果、膝の炎症が速やかに治まって痛みや腫れが和らぐと同時に、
破壊される一方だった軟骨が自然治癒力によって修復されることが期待できます。


健康21サプリメントサプリメント1タンパク質コラーゲン > 非変性U型コラーゲン(進化型コラーゲン)

■コラーゲン

グルコサミンよりコラーゲンが大事

中高年の多くが悩む膝痛の大半を占めている「変形膝関節症」は、膝関節でクッションの役目を果たす 軟骨が年とともに磨り減って衰えることが原因で起こります。軟骨が磨り減って衰えると、 クッションの働きが弱まったり、軟骨の破片によって関節内の組織が傷ついたりする結果、 軟骨の破壊が一段と進み、膝に痛みや腫れが生じ、膝の動きが悪くなるのです。 したがって、膝痛を改善に導くためには、太ももの筋力を強化するとともに、 磨り減った軟骨を修復して強化することもきわめて重要です。 それには、当然、軟骨を修復する栄養の積極的な補給が欠かせません。 膝痛に悩む皆さんの中にも、グルコサミンやコンドロイチン硫酸の栄養補助食品を利用している人が多いでしょう。 これらは、軟骨を構成するプロテオグリカン(ムコ多糖類)の重要な成分で、軟骨の強度や弾力性、 滑らかさを保つ役目を担っています。

しかし、磨り減った膝の軟骨は、これらの栄養を補うだけではなかなか思うように修復されません。 というのも、軟骨には、グルコサミンやコンドロイチン硫酸より、はるかに多い量の『コラーゲン』 が含まれているからです。コラーゲンとは、皮膚や腱、骨や軟骨、血管や内臓などに比較的多く含まれている たんぱく質の一種で、体内のたんぱく質の実に約1/3を占めています。 その最大の特徴は、繊維や膜などの構造体として体内に存在し、皮膚や骨、血管や内臓を形作ることにあります。 軟骨を形作っているのもやはりコラーゲンで、軟骨の全成分のうち60〜75%を水分が占め、 その次に多いのが15〜20%を占めるコラーゲンです。 グルコサミンやコンドロイチン硫酸などからなるプロテオグリカンは、3〜5%とわずかな量しか含まれていないのです。 グルコサミンやコンドロイチン硫酸の栄養補助食品をいくら補っても、膝痛がよくならないと嘆く人が少なくないのは、 もしかしたらこのあたりに理由があるのかもしれません。



●U型コラーゲン

軟骨に多いU型コラーゲンを補うのが肝心

コラーゲンを補わなければならないからといって、手羽先やゼラチンなどコラーゲンを闇雲に補えばいいのかといえば、 話はそれほど単純ではありません。なぜなら、コラーゲンには20種類以上に及ぶタイプがあるからです。 皮膚や骨、軟骨に含まれているコラーゲンは、それぞれの部位で、構成成分であるアミノ酸の組成が異なるのです。 私たちの体に最も多く含まれるT型コラーゲンは、主として皮膚や骨に含まれています。 肝心の軟骨に含まれているのは、『U型コラーゲン』です。 つまり、軟骨の修復を目的とするなら、U型コラーゲンを補わなければ大きな効果は望めないのです。

U型コラーゲンは、人間の軟骨だけでなく、例えば鶏や豚の軟骨にも含まれています。 しかし、ここでも問題が一つあります。天然のU型コラーゲンは、過熱や加工の過程でまったく違う構造に変性してしまいます。 そのため、鶏や豚の軟骨を料理などで食べても、従来からあるU型コラーゲンのサプリメントを補っても、 免疫の最前線にある小腸では異物として認識されてしまうのです。 これでは、膝の軟骨の破壊を止められません。

◆軟骨への白血球の攻撃を阻止

どういうことかというと、変性膝関節症に悩む人の膝関節では、磨り減った軟骨の破片によって関節内の組織が傷つけられ、 絶えず炎症が起こっています。この炎症のせいで、膝に痛みや腫れが生じたり、水がたまったりするわけです。 このとき、関節内で炎症を起こしているのは、免疫の主役を担う白血球です。 白血球は、磨り減った軟骨の破片を異物と見なして、軟骨を標的とした攻撃(免疫反応)を開始します。 これが炎症の正体であり、膝痛の本当の姿だといえます。 軟骨は構成要素の大半がU型コラーゲンなので、白血球はU型コラーゲンを異物として認識し、 これを攻撃していることになります。

となれば、膝痛を改善に導く方法も明らかでしょう。磨り減った軟骨の破片が異物でなく味方であることを 白血球に認めさせればいいのです。そうすれば、白血球は攻撃を中止して軟骨の破壊を止めるはずです。 その結果、痛んだ軟骨の修復が進むというわけです。 そのための最良の方法が、変性していない天然の形(構造)をしたU型コラーゲンを小腸に送り届けることです。 何故それがいいのかというと、その理由は次のようになります。



●経口免疫寛容

膝痛を根本から改善へと導く

変形性膝関節症による膝痛を改善に導くには、膝の関節で炎症を起こして軟骨を破壊している白血球の攻撃を 食い止めることが肝心です。そのための最良の方法が、変性していない天然の形(構造)をしたU型コラーゲンを、 小腸に送り届けることです。その理由を説明しましょう。
免疫には、口から摂取した栄養に対して、それを攻撃して排除する白血球の働きが寛容になる、という大原則があります。 さもないと私たちの体は栄養失調に陥ってしまうからです。これを専門的には「経口免疫寛容」といいます。 この経口免疫寛容をうまく利用すれば、膝の軟骨の破壊を食い止めることができます。 変性していない天然の形をしたU型コラーゲンを摂取して、これを小腸に送り届けられれば、 U型コラーゲンに対して経口免疫寛容が発動されます。つまり、U型コラーゲンを攻撃する白血球の働きが抑えられるのです。

するとどうなるでしょう。経口免疫寛容が発動されたという信号は全身にすばやく届き、膝の軟骨を破壊していた 白血球までもが、U型コラーゲンを異物ではなく味方と認識するようになり、攻撃を止めるのです。 そうなれば、膝の炎症が速やかに治まり、痛みや腫れなどの症状が和らぐだけでなく、 白血球によって破壊されるいっぽうだった軟骨が自然治癒力によって修復されるようになります。 その結果、膝痛が根本から改善に導かれるわけです。





●非変性U型コラーゲン(進化型コラーゲン)

米国・欧州・アジア各国で注目の的

しかし、天然の形のままU型コラーゲンを抽出する技術の開発は、困難を極めました。 というのも、U型コラーゲンは三重構造を持つ線維性のコラーゲンで、エピトープという目印が付いた 複雑かつ繊細な構造をしているからです。 それを可能にしたのが、ハーバード大学医学部のトレンタム博士らの研究でした。 やがて、鶏の胸部軟骨から、U型コラーゲンを変性せずに、ほぼ天然のまま抽出し、 小腸に送り届ける画期的な技術が開発され、こうして抽出されたコラーゲンは「非変性U型コラーゲン」 と名づけられたのです。「進化型コラーゲン」とも呼ぶべき非変性U型コラーゲンは、 膝痛をはじめとする関節痛を根治に導く可能性を秘めた夢の新栄養として、 米国のみならずヨーロッパやアジア各国でも、一躍、大注目を集めています。 特に米国では、非変性U型コラーゲンを配合したサプリメント補給が、中高年の間でブームを巻き起こしています。 そして、膝痛で悩む多くの人たちが、この非変性U型コラーゲンの恩恵を受けているのです。

非変性U型コラーゲンが米国で話題を集めた背景には、一人の女性の存在がありました。 米国の著名な科学者であるムアー博士には、原因不明の若年性関節リウマチを9歳で発症し、 膝などの関節痛のためにソファから身を起こすこともままならなかった愛娘がいました。 ムアー博士は愛娘を助ける方法を模索し、とうとうハーバード大学医学部のトレンタム博士が書いた 非変性U型コラーゲンの研究成果を、文献から見つけ出し希望を持ちました。 そして、実際に、非変性U型コラーゲンのサプリメントを愛娘に摂らせたところ、 驚くような劇的な改善ぶりを示したというのです。 現在、ムアー博士の愛娘は20代になり、自分で車を運転して教会に出かけたり、映画を見に行ったりと、 普通の生活が楽しめるようになっています。彼女に起こった劇的な変化は米国で大々的に報じられ、 非変性U型コラーゲンは一躍大ブームを起こしたわけです。



●非変性U型コラーゲンが効く仕組み

炎症が治まって、痛みや腫れも鎮まる

上の例からもわかるように、非変性U型コラーゲンは、変形性膝関節症だけでなく、関節リウマチが原因の膝痛にも 優れた改善作用のあることがわかっています。 関節リウマチは自己免疫疾患の一つで、免疫が過剰に働いて自らの一部を誤って攻撃することで起こる病気です。 関節リウマチの場合は、ウィルスなどの感染をきっかけに免疫の主役を担う白血球が活発に働きます。 しかし、ウィルスを撃退した後も軟骨に対する白血球の攻撃が止まらないため、炎症が広がってしまうのです。 軟骨には、天然のU型コラーゲンがたくさん含まれているので、白血球はU型コラーゲンを標的にして 執拗に攻撃を仕掛けているわけです。

さて、ここからが非変性U型コラーゲンの真骨頂ですが、摂取した非変性U型コラーゲンの大部分は消化液に分解されずに 小腸に届きます。非変性U型コラーゲンは、体内にあるU型コラーゲンとそっくりな形(構造)をしているので、 そこで、前述の「経口免疫寛容」が発動されます。つまり、白血球が攻撃している膝軟骨のU型コラーゲンは 異物ではない、という信号が全身に行き渡るのです。 すると、U型コラーゲンを標的にしていた白血球の攻撃に中止命令が下され、炎症による軟骨の破壊が速やかに治まり、 痛みや腫れも鎮まるわけです。

◆軟骨を破壊する酵素の分泌や作用を抑える

さらに、非変性U型コラーゲンには、もう一つの見逃せない働きがあることもわかっています。 軟骨の組織では、絶えず破壊と再生が繰り返されており、膝の関節が傷むのは、遺伝や生活習慣などの影響で 破壊が再生を上回ってしまうためです。その点、非変性U型コラーゲンには、軟骨のU型コラーゲンを破壊する コラゲナーゼなどのタンパク質分解酵素の分泌や作用を抑え、軟骨の再生を促す働きも認められているのです。 つまり、@炎症を抑え、A軟骨の破壊を止めることで軟骨の修復を促すという一石二鳥の役割を、 非変性U型コラーゲンは果たしてくれるのです。

このように軟骨を修復して膝痛を改善に導く非変性U型コラーゲンの効果は、関節痛の患者さんを対象にした 複数の臨床試験で確認されています。そして、膝などの関節痛を和らげる非変性U型コラーゲンの効果は、 グルコサミンやコンドロイチン硫酸に勝るという研究結果も報告されています。



●非変性U型コラーゲンの効果試験

リウマチの権威がいち早く注目

非変性U型コラーゲンが、変形性膝関節症や関節リウマチに効く仕組みは上記の通りですが、 非変性U型コラーゲンのすごいところは、実際の臨床試験でもその効果の大きさが確認されていることです。 非変性U型コラーゲンにいち早く注目し、臨床試験を世界で始めて実施したのは、関節リウマチの世界的権威である、 ハーバード大学のトレンタム博士でした。 トレンタム博士は、まず、10名の関節リウマチの患者さんを対象に、90日間にわたって非変性U型コラーゲンを飲んでもらい、 痛みや運動能力の変化について調べました。その結果、10名中6名に著効が現れ、その中の1人はリウマチが治っていたのです。 次に、重篤な関節リウマチの患者さん60名を30名ずつの2つのグループに分け、一方には非変性U型コラーゲンを、 もう一方にはプラセボ群として偽薬を90日間にわたって飲んでもらう試験を行いました。 その結果、非変性U型コラーゲンを摂ったグループでは、30名中28名に、関節の腫れが引く、痛みが軽くなるなどの効果が現れ、 そのうちの4名はリウマチが完治。一方のプラセボ群では症状が悪化しました。 さらに、早期の関節リウマチの患者さん10名に90日間、非変性U型コラーゲンを飲んでもらった試験でも、 10名中8名で関節の痛みや腫れの改善したことが報告されました。

◆変形性膝関節症の痛みにも著効

トレンタム博士の臨床試験が話題となり、ドイツなどでも非変性U型コラーゲンの臨床試験が行われるようになると、 関節リウマチだけではなく、変形性関節症にも効果のあることが明らかになってきました。 そこで、安静時にも関節に痛みのある生犬20匹を用いた動物実験も行われました。 実験では犬を4つのグループに分け、第一群は偽薬を用いたプラセボ群とし、 第二群にはグルコサミンとコンドロイチン硫酸を、第三群には非変性U型コラーゲンを、 そして第四群にはグルコサミンとコンドロイチン硫酸に加えて非変性U型コラーゲンを与えました。 そして120日後に、獣医の判定のもとに、痛みの度合いの変化を調べたところ、 非変性U型コラーゲンを摂っている第三群と第四群では、全期間を通じて痛みの軽減が認められました。 それに対して、グルコサミンとコンドロイチン硫酸だけの第二群は、30日までは痛みが軽減しましたが、 それ以降は痛みの軽減がありませんでした。

◆非変性U型コラーゲンは少量摂れば効果大

さらに、人間の変形性関節症の痛みに対するグルコサミンとコンドロイチン硫酸、非変性U型コラーゲンの効果を 調べる試験も行われました。変形性関節症の患者さん52名を26名ずつの2つのグループに分け、 一方には非変性U型コラーゲン10mgを、もう一方のグループの患者さんにはグルコサミン1500mgと コンドロイチン硫酸1200mgを、毎日飲んでもらい、痛みの程度を30日、60日、90日後に調べました。 その結果、どちらのグループも途中までは有意に効果がありましたが、90日後にも痛み軽減がはっきり認められたのは、 非変性U型コラーゲンを飲んだグループのみでした。このような臨床試験の結果を見ても、 変形性膝関節症や関節リウマチに対する非変性U型コラーゲンの有用性がわかると思います。

さらに、注目すべきなのは、試験中の摂取量です。グルコサミンやコンドロイチン硫酸に対し、 非変性U型コラーゲンの量は、ごくわずかです。つまり、非変性U型コラーゲンであれば、 グルコサミンやコンドロイチン硫酸のように多量に飲む必要がないため、らくに継続できるという利点もあるのです。 少ない摂取量で大きな効果が得られる非変性U型コラーゲンは、最近、ドラッグストアや通信販売で 数種類が広く市販され始めています。慢性的な関節痛に悩む中高年の人は、ぜひ、試して欲しいと思います。



●関連項目



★★★ 関連製品・販売店(通販) ★★★







 膝痛・関節痛対策に
 腰痛対策に
 肩関節痛に【体験談1】
 関連製品・販売店(通販)
 『駿楽』
 低分子コラーゲンと高分子コラーゲン
 非変性U型コラーゲン
  高血圧とコラーゲン
 人気定番製品・販売店(通販)
 コラーゲンゼリー
 「プルオイ一期一会」
 「カイセイコラーゲン」
 その他のコラーゲン
 健康21
 サプリメント
 サプリメント1
 タンパク質
 コラーゲン