有胞子性乳酸菌【免疫力アップに腸まで届く乳酸菌】

有胞子性乳酸菌』は耐熱性,耐酸性に優れた性質をもち、 胃や十二指腸で死滅せず十分な菌量を腸にまで容易に到達させることができます。


■「有胞子性乳酸菌」とは?

「乳酸菌」は、腸内常在細菌の1つで、有用微生物として、人の健康維持に重要な役割を果たしています。   しかし、一般の乳酸菌は、乾燥、熱、酸に弱く、腸に到達する前に大半が死滅してしまいます。 特に腸内細菌の代表といわれている、「ビフィズス菌」は嫌気状態でないと死滅するため、 食品に利用することは非常に困難です。 一方、『有胞子性乳酸菌』は、胞子を形成するため安定性が高く、 耐熱性,耐酸性に優れた性質をもち、胃や十二指腸で死滅せず十分な菌量を作用部位に容易に到達させることができます。 それにより、腸内で野菜の食物繊維とオリゴ糖を餌にしてお腹の調子を整えます。