コンドロイチンのサプリメント【膝痛・肘痛・関節痛に】

コンドロイチン』はふしぶしの弾力のある所に存在するムコ多糖です。 高い保水力をもち、グルコサミンと一緒にふしぶしの健康をサポートする成分として注目を集めています。 歩く、座る、立ち上がる、しゃがむ・・・。毎日の暮らしに欠かせないスムーズな動きのための3大栄養素の1つです。 コンドロイチンは若い頃には体内で生成されるのですが、年齢を重ねるにつれて生成されにくくなり減少してしまいます。 コンドロイチンはグルコサミンと一緒に、積極的に補いたい成分です。


■コンドロイチンの機能

『コンドロイチン硫酸』のほとんどは、プロテオグリカンとして細胞外マトリックスや細胞表面に 存在しています。その機能で代表的なものは、軟骨のコンドロイチン硫酸です。軟骨のコンドロイチン硫酸の多くは、 アグリカンというプロテオグリカンとして存在し、ヒアルロン酸、リンクタンパク質とともに超高分子複合体を形成しています。 この複合体は、軟骨特有なII型コラーゲンとともに、軟骨の細胞外マトリックスを形成し、軟骨の持つクッション作用に 重要な役割をしています。皮膚に多く存在するデコリンは、コラーゲン繊維に結合し細胞外マトリックス形成の調節を行います。 その他の組織のコンドロイチン硫酸もプロテオグリカンとして、多くは細胞外マトリックスの形成に関与し、 細胞接着、移動、分化、増殖など細胞形質の制御を行っていると考えられていています。 脳においては、神経線維の再生を阻害する因子のひとつとして知られるほか、神経細胞の回りを取り巻く構造である perineuronal netの主要成分として脳機能の可塑性に関与するとされます。やや特殊な機能をするコンドロイチン硫酸としては、 マスト細胞やナチュラルキラー細胞の細胞内顆粒に存在するものなどもあります。


●医薬品・健康食品として

医療用医薬品としてはコンドロイチン硫酸ナトリウムが以下のように用いられます。
▼注射液で腰痛症、関節痛、肩関節周囲炎(五十肩)などの治療
▼点眼液で角膜表層の保護

一般用医薬品としてはコンドロイチン硫酸ナトリウムが以下のように用いられます。
▼経口薬で関節痛、神経痛
▼点眼薬で角膜表層の保護

また、健康食品に配合されることもあります。 但し経口で摂取した場合は、関節疾患改善作用は無いものと医学的には考えられています。 これは関節軟骨には血管が存在せず、消化管から吸収された成分が関節内に移行することが原理的に不可能なためです。


■関連製品販売店(通販)

▼日本では買えない4000種以上の米国サプリメント&コスメ【サプリンクス・ビタミン・ストア】
●コンドロイチン

▼株式会社プロモーションラボ『イカ軟骨E型コンドロイチン「ありがとうイカのコンドロイチン 定期商品」』

イカ軟骨E型コンドロイチン「ありがとうイカのコンドロイチン 定期商品」

●イカ軟骨のE型コンドロイチンがお試し980円

【販売店からのコメント】
「ありがとうイカのコンドロイチン」は、イカ軟骨の新型コンドロイチンである E型コンドロイチンを使用しており、 膝の関節などに悩みのある方に人気のコンドロイチンです。 30キロのイカから6グラムしかとれない希少なコンドロイチンを使用! 本物の商品だから、今まで満足できなかったアナタにおすすめします。 また、プレゼントとしてもオススメです。


ありがとうイカのコンドロイチン 定期商品
商品名 ありがとうイカのコンドロイチン 定期商品お試し
価格 [通常価格]3,980円 ⇒ 980円(税込)[初回限定][送料無料]
内容量 90粒
1日分価格 133円[通常価格の場合]
原材料 澱粉、イカ軟骨抽出物(コンドロイチンE含有)、デキストリン、鶏軟骨抽出物(非変性U型コラーゲン含有)、 ゼラチン(被包材)、セルロース、ステアリン酸カルシウム
販売店 株式会社プロモーションラボ

【製品特徴・お店からのコメント】

  • E型新コンドロイチン+非変性U型コラーゲン。
  • 30kgもあるペルー産赤イカからわずか6gしか採れない、すごい高含有量のコンドロイチンです。
  • 健康生活食品研究所所長・理学博士:佐藤紀朗先生も絶賛。
  • 健康雑誌で何度も特集されています。

  コンドロイチンは型によってかなり違ってくるのですが、現状では、各原料メーカーではこの型を特定していない 場合がほとんどのようで、サメ由来と称して豚や牛に多く存在するA型が多く含有されている場合もあるようです。 また、コンドロイチンの含有量も主に使われている硫酸バリウム法では正しく測定できないため、 実際の含有量よりも大きな値が計測され、これが製品の表記に使われていることもあるようです。 正しい測定法(電気泳動法)で測ると、正確な含有量、型の分類もできるようになります。 その測定法で測定した含有量の比較を見ると、一目瞭然、いかにこのイカのコンドロイチンが優れているかがわかります。