片頭痛

慢性頭痛の約25%が片頭痛ともいわれますが、痛みが強く、生活に支障を来しやすいため、頭痛を訴えて医療機関を受診する人には最も多いものです。 片頭痛でつらい痛みを我慢している人は少なくありませんが、日常生活に支障がある場合は医療機関を受診しましょう。 適切に薬を使うことで、症状をコントロールすることが可能になってきています。

■主な頭痛のタイプ

慢性頭痛に加え、病気による二次性頭痛がある
脈打つような痛み

原因となる病気がなく、繰り返す頭痛を慢性頭痛といいます。 15歳以上の日本人の約40%に当たるおよそ4000万人が、慢性頭痛に悩まされているとされています。 慢性頭痛には、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、薬の使い過ぎによる頭痛などがあります。
慢性頭痛とは別に、何らかの症状の1つとして頭痛が起こる二次性頭痛があります。 特に、50歳以上で初めて強い頭痛が起こった場合、二次性頭痛が疑われることがあります。 二次性頭痛を起こす病気の中には、くも膜下出血髄膜炎脳腫瘍など、命に関わる危険なものがあります。 今までに経験したことがないような頭痛が起きた場合や、痛みが強くなった場合は、これらの病気の可能性もあるので、直ちに医療機関を受診しましょう。


■片頭痛とは?

脳の血管の周囲の炎症や血管の拡張が神経を刺激する

片頭痛がある人は、日本では約840万人と推計され、男性より女性に多く見られます。 片頭痛は、脈を打つようにズキンズキンと痛み、動くと悪化します。 痛む場所は、頭の片側が痛む人が約6割、両側が痛む人が約4割とされています。
片頭痛が起こる原因は、については、さまざまな説がありますが、最近は、様々な要因によって脳の視床下部が刺激を受け、 脳の周囲の「血管」とその周囲を取り巻く「三叉神経」の周囲に炎症が起こったり、 脳の血管が拡張したりすることで痛みが起こるという考え方が主流です。 三叉神経が過敏になると、さまざまな神経伝達物質が放出され、血管やその周囲に炎症が起こったり、血管が拡張したりします。 それらの刺激で三叉神経の過敏性が増し、さらに炎症や血管の拡張が広がります。 拡張した血管が三叉神経を圧迫し、三叉神経がこれを痛みの信号として脳に送るので、脈打つような痛みが起こると考えられています。 また、このとき、血管の拡張や収縮に関係する神経伝達物質(セロトニン)の分泌に、乱れが生じることもわかっています。
視床下部は、女性ホルモンの分泌や睡眠、食欲などを司っているため、月経排卵、出産、更年期、寝不足や寝過ぎ、空腹 などが誘因になると考えられています。また、視床下部は、自律神経も司っているため、ストレスやストレスからの解放、まぶしい光、強いにおい、 人混みや騒音、天候の変化、温度の変化や高い湿度、アルコールなども、片頭痛を起こす誘因になると考えられます。


●痛みが起こりやすいとき

いつ起こるのかは人によって異なります。仕事から解放された週末に起こる人もいれば、たばこや香水などの においをかいだときに起こる人もいます。女性の場合には、月経の前後に起こることもよくあります。


■片頭痛の症状

我慢できないほどの頭痛で、仕事や家事に支障を来す

片頭痛は、次のような症状から診断されます。

  • ▼痛みが4〜72時間(3日間)続きます。
  • ▼脳の血管が異常に拡張して、強い頭痛が発作的に起こります。 典型的には頭の片側がズキンズキンと脈打つように痛みますが、両側が痛む場合も少なくありません。
  • ▼仕事や家事に支障を来す。または我慢できないくらいの強い痛みがある。
  • ▼動くと痛みが悪化する。
  • ▼痛みが強く、寝込んでしまうこともあります。「動くと痛みが悪化する」「吐き気がある」 「光や音に敏感になる」などの症状が起こりやすいという特徴もあります。
  • ▼起こる頻度はさまざまですが、”ときどき起こる強い頭痛”は片頭痛の可能性が高いといえます。

片頭痛の予兆として空腹感や生あくび、イライラ、手足のむくみなどが起こることもあります。 また、片頭痛では1〜2割の人に前兆が見られます。その代表的なものが閃輝暗点です。 視野の中央にギザギザした光が現れ、5〜60分間ほど続き、閃輝暗点に伴って、あるいは閃輝暗点が消えてから60分以内に頭痛が起こります。


●片頭痛と緊張型頭痛の違い

次の症状のうち1つでもあれば、片頭痛の可能性があり、2つ以上あれば片頭痛の可能性が高いと考えられます。

  • ▼痛みで寝込んでしまうことがある
  • ▼動くと痛みが悪化する
  • ▼吐き気を催す
  • ▼光や音に敏感になる


■片頭痛の対処法と治療

頭痛が起きたらすぐにトリプタンを使う

●対処法

片頭痛が起きた時に自分でできる対処法としては、まず痛む部位を冷たいタオルなどで冷やすことです。 患部を温めたり、揉んだりすると、逆効果になることが多くあります。頭痛のある時は、入浴は控えてください。 静かな暗い場所で安静にし、可能なら少しでも睡眠をとると症状が落ち着きます。 痛みがそれほど強くない場合は、市販の頭痛薬で症状を抑えることも可能です。
日常生活に支障がある場合は、まずかかりつけ医を受診しましょう。 症状の改善が不十分な場合は、専門医がいる頭痛外来や神経内科などを受診することをお勧めします。


●薬物療法

治療の中心は薬物療法です。急性期には、「トリプタン系製剤」が主に用いられます。 片頭痛の治療薬であるトリプタンには、三叉神経の周囲の炎症を抑える作用と、脳の血管を収縮させる作用があります。 トリプタンは、片頭痛の痛みが起きたら、すぐに使用すると最も効果を発揮します。 片頭痛の始まりがわかりにくい場合は、頭痛を感じた時に、お辞儀をしたり、頭を左右に軽く振ったりしてみて、痛みが強くなるようであれば、 薬を使用するタイミングと考えられます。 トリプタンには、効果の現れ方によっていくつかタイプがあるので、医師に相談してください。 痛み始めてから痛みが強くなるまでが速い人は効果が早く出るタイプ、頭痛の持続時間が長い人は効果が長く続くタイプが有効です。

トリプタンには、飲み薬の他に水なしで口の中で溶ける口腔内崩壊錠・口腔内速溶錠、 吐き気で飲み薬を使えない人には、液体状の点鼻薬があります。 また、太ももなどに自分で注射する皮下注射薬は、即効性があり、吐いたり頭痛がひどくなってからでも効果があります。 トリプタンは血管を収縮させる作用があるため、脳梗塞狭心症・心筋梗塞などがある人は、病気を悪化させる可能性があるので使用できません。 また、重症の高血圧重い肝臓病などのある人も使用を控えます。 トリプタンを使用できない場合は、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)を用いて痛みを抑えます。 なお、妊娠中や授乳中の場合は、薬の使用については専門医に相談してください。 頭痛の薬は適切に使用すれば効果を発揮しますが、自己判断で使いすぎると、薬の使い過ぎによる頭痛を起こす恐れがあるので注意してください。

また、軽い発作なら「鎮痛薬・消炎鎮痛薬」が有効な場合もあります。吐き気を伴う場合は、「制吐薬」も併用されます。


●片頭痛の治療

頭痛発作の頻度が高い場合などには、発作を起こりにくくし、治療薬を効きやすくする目的で予防療法を検討します。 片頭痛の予防療法には、「カルシウム拮抗剤」「β遮断薬」などが用いられています。


◆予防療法

片頭痛の頭痛発作の頻度が高い場合などには、発作を起こりにくくし、治療薬を効きやすくする目的で予防薬を検討します。 予防薬の使用が検討されるのは、頭痛が1ヵ月に2〜3回以上あるなど回数が多い、1ヵ月に1回程度でも頭痛の持続時間が長く日常生活に支障がある、 トリプタンやNSAIDsなどの治療薬が効かない、片頭痛を起こすことに対する不安が強い場合などです。 これらの条件に当てはまり、本人が希望する場合に使用します。 予防薬として使われるのは、主に「カルシウム拮抗薬、抗てんかん薬、β-遮断薬、抗うつ薬」などの飲み薬です。 予防薬を2ヵ月以上続け、頭痛の回数の減少や痛みの程度の軽減が3〜6ヵ月続いたら、徐々に予防薬の量を減らしていき、中止します。


■予防に役立つ頭痛ダイアリー

頭痛が起こるときの傾向を把握して対策を立てる

片頭痛の予防に役立つのが、頭痛ダイアリーです。痛みの程度や持続時間、日常生活への影響、薬の使用状況、吐き気など頭痛に伴う症状の他、 女性の場合は月経、ストレス、寝不足や寝過ぎ、悪天候など、片頭痛の誘因と思われる出来事を記録します。 1ヵ月ほど記録すると、片頭痛の起こるときの傾向がわかってくるので、自分なりに予防策を立てやすくなります。 また、受診する際に持参すると、スムーズな診断や治療に繋がります。


■関連製品・販売店(通販)