心臓弁膜症

心臓の「弁」がうまく働かなくなる心臓弁膜症。 手術のほかに、近年、カテーテルを使った新しい治療法が登場しました。


■高齢者や動脈硬化が進行している人に多い

心臓の内部は4つの部屋に分かれていて、血液の逆流を防ぐために4つの「弁」があります(下図参照)。 この弁が、開きにくくなったり、閉じにくくなったりする病気が「弁膜症(心臓弁膜症)」です。 高齢者や動脈硬化が進行している人に多く見られます。 弁膜症はゆっくり進行するため、自覚症状のない状態が長く続き、やがて息切れや動悸、胸痛などの症状が徐々に現れてきます。 自覚症状が出にくいのは、弁の働きが多少悪くなっても、心筋が厚くなったり、心臓が大きくなったりすることで、血液循環が何とか保たれるためです。 しかし、それでも補いきれず、十分な血液循環が行えないようになると、症状が現れます。 高齢者は活発に体を動かさないことが多かったり、無意識のうちに心臓にあまり負担をかけない生活になっていて、症状になかなか気づかないこともあります。 自覚症状がなくても、聴診器による診察で、弁の異常による雑音から弁膜症が発見されることがあります。 また、他の病気でエコー(超音波)検査を受けた時に偶然、弁の異常が見つかることもあります。 弁膜症は4つの弁のいずれにも起こりえますが、実際に起こるのはほとんどが「大動脈弁」「僧帽弁」です。 この2つの弁は、全身に血液を送り出す左心室の出口と入り口にあるため、かかる負担が大きいのです。 弁膜症には、弁が開きにくくなる「狭窄症」と、閉じにくくなる「閉鎖不全症」があります。 高齢化に伴って増えているのは、大動脈弁の狭窄症と僧帽弁の閉鎖不全症です。

心臓の弁の働き


■”弁が開きにくい”大動脈弁狭窄症

大動脈弁は左心室から全身へ血液が出ていく出口の部分にあり、この弁が開きにくくなる病気が「大動脈弁狭窄症」です。 大動脈弁が開きにくくなるのは、多くは加齢が関係して弁が硬くなっているためです。 動脈硬化が進んでいる場合は、弁に石灰が沈着して動きが悪くなっています。 症状がなく、心臓の働きも大きく低下していなければ、経過観察となります。 そして、症状が出てきたり、弁の狭窄が進行した場合に治療を行います。 治療の基本は手術です。大動脈を切開して、異常のある大動脈弁を人工弁に置き換える「大動脈弁置換術」が行われます(下図参照)。 人工弁には機械弁と生体弁があります(下図参照)。この手術は体への負担が大きいため、高齢者や肝臓病などの合併症のある人などには勧められません。 手術が行えない場合には、症状を抑えるために薬による治療が行われます。 また、カテーテルを使って行われる「経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)」という治療法が、2013年に登場しました(下図参照)。

大動脈弁狭窄症の治療

機械弁と生体弁の特徴

経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)


■”弁が閉じにくい”僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁は左心房と左心室の間にあり、左心室が収縮して血液を全身に送り出すときには、ぴったりと閉じて血液が左心房に逆流しないようにしています。 この弁がぴったりと閉じなくなるのが「僧帽弁閉鎖不全症」です。 血流が左心房に逆流するため、全身に十分な血液を送り出せなくなります。 僧帽弁は腱索というひも状の組織で左心室の筋肉に繋がっています。 ところが、この腱索が長い場合や切れたりした場合、心筋梗塞などによって 心筋の働きが低下し、心臓が拡大した場合には、僧帽弁がぴったりと閉じなくなってしまうのです。 症状や血液の逆流の程度が軽ければ、経過観察となり、薬で進行を遅らせます。 そして、息切れや動悸などの症状が出てきたり、心臓の働きが大きく低下してきた場合には、手術が検討されます。 よく行われているのは、僧帽弁を縫い縮めて修復する手術です(僧帽弁形成術)。 僧帽弁の病変が大きい場合には、人工弁に置き換える手術が行われます。 ただ、これらの手術は体への負担が大きいため、高齢者や合併症のある人には行えないことがあります。 そのような場合に行える「経皮的僧帽弁形成術」というカテーテルを使った治療法が、2018年に登場しました(下図参照)。

僧帽弁形成術