むずむず脚症候群

むずむず脚症候群』は、太ももやふくらはぎなどに、虫が這うような不快感が起こる症状で、 不快感は、皮膚ではなく、脚の内部に感じられるのが特徴です。 この病気は日本人の2〜3%に起こるとされ、中高年の女性に多いといわれています。 むずむず脚症候群で起こる不眠は、睡眠薬を服用しても解消されません。 治療では、症状を抑えて不眠を改善することが基本になります。 軽症の場合、多くは日常生活の改善で解消されます。症状が強い場合は、薬による治療を行います。


このページは「むずむず脚症候群」へ移動しました。