不眠症とは?

日本では今、不眠症に悩む人が急増しています。 ある製薬会社が行った調査によると、国民の5人に1人は不眠症に悩んでいるとのこと。 不眠は今や、国民病といっても過言ではないでしょう。 これまで行われてきた研究によると、健康を維持するための理想的な睡眠時間は7時間ともいわれます。 睡眠時間が7時間よりも多くても少なくても、死亡率が高くなるという調査結果が出ています。 もちろん、理想的な睡眠時間は人によって違いますが、7時間睡眠が健康を保つ上で重要な目安になることは間違いないでしょう。 一方、日本人の睡眠時間は、40年前に比べると約1時間も減っているそうです。

心配事などで一時的に眠れないのは誰にでもあることで、多くの場合は数日~数週間でよくなります。 しかし、不眠(不眠症状)が慢性化して日常生活に支障が出る場合は治療が必要となります。 不眠は慢性化すると、 「鬱病」などの精神疾患や、 「糖尿病」「高血圧」などの生活習慣病のリスクを高めます。 不眠症状がある場合は、治療が必要かどうかを確認してください。 不眠症の症状や原因はさまざまなので、それぞれの症状や原因に合った対処が必要です。


■不眠症の定義

夜眠れないことで昼も調子が悪くて苦しむ状態

『不眠症』とは、「夜眠れないために、昼間も調子が悪くて苦しむ状態」のことをいいます。 治療が必要な不眠であるかどうかを確かめるには、不眠症状の有無と日中の生活に支障があるかどうかをチェックします。 不眠の問題というと、夜の睡眠だけに目が行きがちですが、日中の生活に支障があるかどうかが、治療が必要かどうかを判断する最大のポイントです。 もし不眠症状があっても、日中の生活に支障がないようであれば、あまり心配することはありません。 これらの症状が長く続いているかどうかも重要です。 不眠症と診断される症状は次のようなものです。

▼下記のような不眠症状が週3日以上ある。
・床についてもなかなか眠れない。入眠するまでに30分~1時間以上かかり、それを苦痛に感じる。 (入眠障害)
・夜中に何回も目が覚める。(中途覚醒)
・朝早く目が覚めて、それ以降眠れない。(早朝覚醒)
・十分寝ているのに熟睡感がない。(熟眠障害)

▼眠れないため、何となく心身が不調である。
眠れないため、気持ちや身体の面で調子が悪く、日常生活に支障があるような状態である。
【日常生活への支障】
眠気、疲労感・倦怠感、注意力・記憶力の低下、能率の低下、運転事故、抑うつ、イライラ感、 活動性・積極性の減退、頭痛、胃腸障害、睡眠の心配・悩み

上記のような状態が週に3日以上、かつ3か月以上続く場合は「不眠症」と考えられ、治療が必要です。 ただし、悩み事などによる一過性の不眠は、通常問題ありません。 不眠症が続くと、 「高血圧」や「糖尿病」「鬱病」を発症しやすくなったり、その悪化につながるという報告もあります。 不眠が続く場合は、精神科などの医療機関を受診してきちんと治療を受けることが大切です。


■不眠の原因

●原因となる病気の有無

医療機関では、まず不眠の背景に、何らかの病気がないかどうかを調べます。 眠気に関わる病気(睡眠障害)は約70種類ありますが、その多くは不眠症状を伴います。 慢性的な不眠の原因の約40%は、 「睡眠時無呼吸症候群」「むずむず脚症候群」などの病気、痛みやかゆみ、薬の副作用などです。 さらに、 「不安障害」「鬱病」などの精神疾患が原因で起こる不眠が約40%あります。
これらの明確な原因となる病気などがなく、自然に不眠症状が起こるものが『原発性不眠症』で、 これが一般に「不眠症」と呼ばれるものです。不眠全体の約20%を占めます。 不眠症状がある場合、それが不眠症なのか、他の睡眠障害によるものなのか、正確に診断する必要があります。 睡眠障害の種類に応じて、適切な治療が必要になるからです。


●不眠の原因①

不眠の主な原因としては、夜型生活、 過剰なストレス運動不足が挙げられます。 まず、夜型生活ですが、昼夜逆転の生活を続けていると、生活リズムが狂ってしまい、熟睡できなくなります。 次に、ストレスと不眠には深い関係があり、ストレスを溜め込みがちな人は不眠になりやすいといえます。 そして運動不足になると、体温の変化に悪影響を及ぼすため、就寝・覚醒のリズムが乱れて、深い睡眠が得られなくなります。


●不眠の原因②

睡眠をコントロールする3つの要素が乱れて起こる

「睡眠」とは、脳と体が休息している状態です。 私たちが、夜になると自然に眠くなるのは、主に次の要素が睡眠をコントロールしているためです。

▼体内時計のリズム
私たちの体には”昼間活動して夜眠る”というリズムがあり、体温や血圧、ホルモンによって、ほぼ1日周期に調節されています。 これが「体内時計」です。 体内時計のリズムがずれると、寝つきが悪くなったり早朝に目が覚めることがあります。

▼睡眠の欲求
脳と体が睡眠を欲する強さです。睡眠が不足していたり体が疲れていると、脳と体が休息を必要として睡眠の欲求が強くなります。

▼リラックス度
睡眠時にどれくらい脳と体がリラックスしているかです。緊張などでリラックスできていないと、睡眠の質が悪くなります。

安定した睡眠をとるためには、これらの3つの要素が整っていることが大切です。 これらの乱れが「不眠症」の原因になります。 不眠症には主に「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」の4つタイプがあり、それぞれ対処法が違います。 なお、熟睡感がない熟眠障害は、他のタイプに伴って起こることが多く、その対処をすることで改善が期待できます。


■不眠のタイプ

不眠のタイプには、4つのタイプがあります。 不眠を解消するには、まず自分の不眠のタイプを知ることが必要です。

▼入眠障害(入眠困難)
不眠の中で最も多いタイプで、床についても30分以上寝つけないタイプです。 中には、明け方になるまで入眠できない人もいます。

▼中途覚醒
寝つきはいいのですが、夜中に3回以上、目が覚めてしまうタイプです。 夜間頻尿や自分のイビキで目が覚める場合も、このタイプに該当します。
【関連項目】:『排尿障害対策』 / 『いびき防止』

▼早朝覚醒
朝、異常に早く目が覚めて、そのまま眠れずに朝を迎えてしまうタイプです。 特に中高年や欝の人に多いといわれます。
【関連項目】:『早朝覚醒・熟眠障害などの不眠症状の対処法』 / 『海馬の衰えが原因の不眠症の改善』

▼熟眠障害
熟睡感が得られず、目覚めが悪いタイプです。睡眠時間は十分なのに、昼間に眠くなるという人もいます。
【関連項目】:『早朝覚醒・熟眠障害などの不眠症状の対処法』 / 『睡眠時無呼吸症候群による隠れ不眠の改善』

入眠困難に悩む人の数は、年代による差はあまりありませんが、中途覚醒と早朝覚醒は高齢になるにつれて多くなっていきます。 人によっては、複数のタイプが重複して起こっている場合もあります。 不眠の解消には、自分の不眠のタイプをまず知ることが肝心で、タイプ別に適した対策を講じるようにしましょう。