夜間頻尿

加齢に伴い、夜間に何度もトイレに起きるようになる『夜間頻尿』に悩む人が増えています。 夜間頻尿が続くと、慢性的な睡眠不足になり、生活に支障をきたすことも少なくありません。 原因に合った治療を行って、改善していくことが大切です。


■「夜間頻尿」とは?

就寝中に、排尿のために3回以上起きる状態

夜中に何回もトイレに行きたくなって目が覚める夜間頻尿に悩む人は、加齢に伴って増えてきます。 以前は「前立腺肥大症」の初期の症状として、男性に多いと考えられていました。しかし、 最近は女性にもよく見られることから、男女を問わず、高齢者に多いことがわかりました。

実際には、夜中に3回以上尿意を感じて起きる場合に、夜間頻尿だとされます。 夜間頻尿が続くと、慢性的な睡眠不足となります。すると、日中にぼんやりして、集中力が低下するなど、 日常生活に支障をきたすことも少なくありません。 夜間頻尿に悩んでいる場合は、早めに泌尿器科やかかりつけ医などを受診しましょう。 原因に対して適切な治療を受けることが、生活の質の改善につながります。


■夜間頻尿の原因

「夜間多尿」「膀胱容量の減少」の2タイプに分けられる

夜間頻尿の原因は、「夜間多尿」と「膀胱容量の減少」の2タイプに分けられます。 2つのタイプが同時に起こる場合もあります。

●夜間多尿

夜間に作られる尿量が多くなるのが、夜間多尿です。尿は本来、夜間よりも日中に多く作られます。 しかし、加齢に伴って、排尿を妨げる「抗利尿ホルモン」の分泌が低下すると、 夜間に作られる尿の量が増えるようになります。 他にも背景に「糖尿病」や「尿崩症(抗利尿ホルモンの分泌低下や機能低下によって、 尿量が増える病気)」など、他の病気が隠れている場合もあります。 また、日中の水分摂取量が多すぎることが原因のケースも見られます。

●膀胱容量の減少

膀胱は、個人差はありますが、通常250〜300ml程度の尿をためることができます。 しかし、何らかの原因で膀胱の容量が減少すると、少し尿がたまっただけで尿意を感じるようになるため、 頻尿になります。夜間多尿の場合は夜だけ頻尿になるのに対し、膀胱容量の減少が原因の場合は、 昼も夜も頻尿になるのが特徴です。膀胱容量が減る原因としては、主に2つあげられます。

1つは、「前立腺肥大症」などの病気によって 尿道が閉塞し、膀胱からの尿の排出がうまくいかなくなるタイプです。 膀胱内に尿が残るため、膀胱容量が減少します。 もう1つのタイプは、膀胱の筋肉が何らかの原因で過剰に収縮し、少ししか膀胱に尿がたまっていないのに 尿意を催す「過活動膀胱」です。頻尿になるほか、突然尿意を感じて、トイレに間に合わない感覚 (尿意切迫感)があったり、尿漏れの原因にもなります。 稀にですが、膀胱の腫瘍によって膀胱容量が減少していることもあります。

●その他

ほかにも、眠りが浅いために夜中に何度も目覚め、何となくトイレに行ってしまうという人もいます。 このように、夜間頻尿の原因はさまざまで、原因によって治療法も異なります。 気になる症状があるときには、泌尿器科やかかりつけ医などを受診して、原因を調べ、 適切な治療を受けることが大切です。


■夜間頻尿の原因を調べるには

排尿の状態を記録する「排尿日誌」が役立つ

●検査

医療機関では次のような検査が行われます。

▼画像検査
超音波検査、エックス線検査、内視鏡検査などで、膀胱や尿道の形や状態、腫瘍の有無 などを調べます。エックス線検査は、通常、尿道から造影剤を注入して行われます。 内視鏡検査では、「膀胱鏡」という内視鏡を尿道から膀胱内に送り込み、 膀胱や尿道の状態を見ます。

▼尿検査
尿を採取して、白血球や赤血球、細菌、がん細胞などの有無を調べます。

▼尿流測定
測定装置の付いた便器に向かって排尿し、尿量や勢い、排尿にかかった時間などを測定します

●排尿日誌

検査に加えて大切なのが、患者自身が排尿の状態を記録する「排尿日誌」です。 排尿日誌をつけて、毎日の排尿の状態を客観的に見ることで、医師が夜間頻尿のタイプを見極める のに役立ちます。排尿日誌には、トイレに行った時刻、排尿量、尿漏れや尿意切迫感、 排尿時の不快感の有無、食事や飲み物で摂取した水分などを記録します。

●夜間頻尿のタイプの判定

夜間頻尿のタイプは、夜間の尿量と、1回の尿量から推測されます。 睡眠中の尿量と朝起きてすぐの尿量を足した夜間の尿量が、1日の尿量の35%以上の場合は夜間多尿が、 1回の尿量が常に200ml未満の場合は膀胱容量の減少が疑われます。


■夜間頻尿の治療