膀胱癌

■症状と特徴

発熱や腹痛などの症状を伴わない血尿が多く見られます。 膀胱癌は、癌が膀胱内の粘膜下層にとどまり、転移のみられない表在性癌と、粘膜下層よりも下の筋層へ広がっている浸潤性癌の2種類に分けられます。 表在性癌は膀胱内で再発しやすく、浸潤性癌は膀胱の奥まで広がって転移しやすいという特徴があります。 高齢の男性に多く、発生率は女性の4倍です。


■原因

化学物質や喫煙、尿路感染症との関係が指摘されています。


■治療

癌の状態によって治療法は異なります。 表在性癌では、尿道から内視鏡を入れて癌を切除する手術の後、再発予防のために抗癌剤かBCGを膀胱内に注入する膀胱内注入療法が行われるのが一般的です。 何度も再発を繰り返す場合や浸潤性癌への進行が心配される際には、膀胱をすべて摘出する、根治的膀胱摘出術を行う場合もあります。 浸潤性癌の場合も根治的膀胱摘出術を行うのが一般的です。これは、膀胱から尿路、骨盤内のリンパ節、男性の場合には精嚢と前立腺も含めて切除するものです。 尿を体外に出す尿路を変更する必要があるため、尿管摘出術も同時に行います。 なお、癌の広がりが狭い場合には、例外ではありますが、膀胱部分切除術が行われる場合もありますが、転移しやすいので注意が必要です。 このほか、放射線療法や全身化学療法が用いられることもあります。放射線療法は、合併症があって手術できない場合や高齢者などを対象に行われます。 数種類の抗癌剤を組み合わせて用いる全身化学療法は、根治的膀胱摘出術の前後に行われたり、転移性の癌などに適用されます。