睡眠薬の選び方

さまざまな理由から、よく眠れなくてで困っている人は少なくありません。 不眠症があると、『睡眠薬』を使った治療が必要になる場合があります。 睡眠薬というと、副作用を心配する人もいますが、 不眠症のタイプや年齢などに合わせて適切に使用すれば、安全に治療することが可能です。 睡眠薬にはいろいろ種類があり、「不眠症のタイプ」「不眠に対する不安感の程度」などを考慮して薬が選ばれます。


■不眠症のタイプ

不眠が続いて生活に支障があれば、睡眠薬が用いられる

不眠の原因はさまざまで、眠りを妨げるような原因があったり、ストレスで眠れなくなったりすることが誰にでもあります。 しかし、不眠が続き、そのために心身の不調が生じて日中の生活の質が低下したり、支障が生じている場合は、 『不眠症』という病気として、治療が行われます。 最近では不眠は高血圧や糖尿病脂質異常症などのさまざまな病気や、社会生活に悪影響を及ぼすと考えられており、 積極的に治療すべきであると考えられています。

不眠には「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」「熟眠障害」の4つがあります。

▼入眠障害
床に入ってから眠るまでの時間が長く、寝つきが悪い。
▼中途覚醒
寝ている間に何度も目が覚めて、再び寝付けない。
▼早朝覚醒
朝早くに目が覚めてしまい、再び寝付けない。
▼熟眠障害
睡眠時間は十分なのに、ぐっすり眠った気がしない。

治療では、睡眠を妨げている原因をできるだけ取り除き、不眠につながりやすい生活習慣の改善を図りながら、 睡眠薬が用いられます。従来、主に用いられてきた「ベンゾジアゼピン受容体作動薬」に加え、 近年は「メラトニン受容体作動薬」も用いられるようになっています。

不眠の背景に「むずむず脚症候群」や「睡眠時無呼吸症候群」などの病気がある場合は、それらに対する治療が必要になる 睡眠・覚醒のリズムが乱れた「概日リズム障害」では、体に強い光を当てて体内時計の修正を図る 「高照度光療法」が行われることもあります。


■睡眠薬の種類と特徴

現在、治療に使われている主な睡眠薬は、「ベンゾジアゼピン系」「非ベンゾジアゼピン系」「メラトニン受容体作動薬」 の3種類です。

▼ベンゾジアゼピン系の薬
不安やストレスで眠れない場合に有効です。

▼非ベンゾジアゼピン系の薬
主に寝つきが悪い場合に有効で、薬をやめるときに、やめやすいという特徴があります。

▼メラトニン受容体作動薬
「メラトニン受容体作動薬」は体内時計機構に作用する薬で、昼から夜へのスイッチを切り替えるように働きます。 不規則な生活や昼夜のメリハリがないために体内時計が乱れているタイプの不眠では、 リズムの調整を助ける効果が期待できます。 一般に比較的軽症の不眠症に適し、特に高齢者など、ベンゾジアゼピン受容体作動薬で副作用が問題になるやすかった人にも 使いやすい薬です。ただし、抗不安作用がないため、不眠が長く続いて、眠ることに対する不安やこだわりが 強くなっている人には、あまり、効果が期待できません。また、ラメルテオンは1週間以上使い続けないと効果が現れないので、 眠れない時に使う頓服には適しません。

他に、「オレキシン受容体拮抗薬」と呼ばれる新しい薬が開発され、現在新薬の審査中です。 これは脳の睡眠と覚醒を制御する部分に直接作用するタイプの薬で、メラトニン受容体作動薬と同様に、 もともと体に備わっている機能に作用するため、自然な睡眠を促す効果が期待されています。