プロポリス

プロポリス』は、セイヨウミツバチが巣を守るために植物の新芽や樹脂から作る物質で、人工的に合成することはできません。 古代ローマでは「天然の抗生物質」として用いられ、東ヨーロッパでも伝統的に薬用に用いられてきた歴史があります。 湿度の高い南米のミツバチは雑菌の繁殖を抑えるために抗菌作用の高い成分を含んだプロポリスを多く生産します。 プロポリスには、アルテピリンCを始め、アミノ酸、ミネラル、酵素、ビタミン類、フラボノイドなど 三百種類以上の豊富な栄養成分が含まれており、特にフラボノイドは、40種以上含まれています。 プロポリスの働きには、・免疫機能の活性化 ・抗菌・抗ウイルス作用・ 抗アレルギー作用・炎症の軽減作用 ・ 細胞賦活作用 ・鎮痛作用・食欲増進 ・生活習慣病・高血圧の予防 ・ピロリ菌対策などがあります。
(*本文は下の方にあります)


プロポリス

■「プロポリス」とは?

ミツバチが雑菌を除去するために作る物質

『プロポリス』はミツバチが巣穴の中を清潔&無菌に保つために、薬草・ハーブの芽や香油、若葉や新芽、 花粉、樹液などを材料に、他の物質、主として蜂ろう及びミツバチの出す唾液分泌物(酵素)と混ぜ合わせて作る暗茶褐色の天然物質で、 アミノ酸、ミネラル、酵素、ビタミン類などの各種ミネラルやフラボノイドなど三百種類以上の豊富な栄養成分が含まれています。 なかでも「フラボノイド」は、40種以上が含まれています。 フラボノイドには、血管を丈夫にする「ビタミンP」を多く含むものがあり、 ビタミンPは、癌等の細胞の異常増殖を抑える働きがあるといわれる「ケルセチン」を多く含みます。

ミツバチはこのプロポリスという物質を巣の内壁に塗りこむことにより、巣の補強とともに強力な殺菌力によって単房を消毒し、 外部から帰巣したおりに自分たちの体に付いた雑菌を除去してきたのです。 それにより、一つの巣の中で6万匹もの蜂が伝染病にかかることなく共同生活をすることができました。 人類はミツバチの生態の中からこの貴重な物質を発見し、健康維持・医薬品として利用してきました。 古代エジプトではミイラを腐敗させない為に使われていたと云われています。

このようなことから近年、プロポリスの「酸化抑制(活性酸素除去)作用や抗菌作用」が研究されるようになり、 今日、欧米諸国では医薬品、化粧品など幅広く利用されていますが、日本においても、健康補助食品として一躍注目を浴びるようになってきました。


■プロポリスの働き

予防医学が注目されている今日、病院、薬に頼りすぎる余り、 私達のなかに自然に備わった体の「免疫力」をなくしてしまうことになれば意味がありません。 現代のストレス社会の中で、プロポリスは、西洋医学と共存する健康維持、栄養補給に最適な健康食品です。 プロポリスで、免疫力を高めて本来私達の中にある自然治癒力を目覚めさせましょう。

▼プロポリスの働きといわれるもの
・免疫機能の活性化 ・抗菌・抗ウイルス作用・ 抗アレルギー作用
・炎症の軽減作用・細胞賦活作用 ・鎮痛作用
・食欲増進 ・生活習慣病・高血圧の予防・ピロリ菌対策


▼プロポリスを飲み始めたきっかけ
・大病をして手術をした
・最近疲れやすい
・風邪を引きやすい
・口内炎にかかりやすい
・薬だけに頼りたくない
・朝なかなか起きることができない
・子供からのプレゼント
・病気の予防に飲んでみようと思って
・プロポリスを飲んでいる人から良いと聞いたから

■良いプロポリスの選び方

1.濃度
高濃度であるほど、飲用した場合良さを体感できます。一般的には10〜20%の商品が多いようです。

2.純度
水に垂らした時、
不純物の少ない高品質のもの = 黄色味を帯びて白濁
不純物の多いもの = 白濁が少なく、水に溶けやすい

3.植物の樹液の種類
ブラジル産のユーカリ樹液を含むプロポリスは最も優れています。 その理由は高温多湿地帯でバクテリアや細菌に侵されやすいため、 より強力なプロポリスを蜂自身が必要とし、特に殺菌力の強いユーカリがそれを可能にするからです。

4.容器
ガラス瓶であること。プロポリスは他の物質を溶解する強い力があるため、処理しないポリ容器の場合、有害物質が溶け出す心配があります。