メリッサ葉エキス(レモンバーム)
【神経性不眠症、消化器系疾患に】

メリッサ(レモンバーム)』は、ヨーロッパ原産のシソ科の多年草ハーブで、 日本では『レモンバーム』>として知られ、アロマオイルとしても重宝されています。 葉はシトラールを含みレモンに似たさわやかな香りを持つのが特徴でハーブティとして飲用されます。 レモンバームは、リラックスと鎮静効果、そして不安定な気分を解消するハーブとして知られており、 眠れないときにはバレリアンと組み合わせて飲用するのがお勧めです。 その他にも、古代ギリシャ・ローマ時代から、お腹のガス・ハリの解消、気管支の炎症鎮静など、 多岐にわたって使用されて来たハーブです。 ドイツのコミッションE(薬用植物の評価委員会)では、神経性不眠症、消化器系に対する使用を承認しており、 睡眠改善、アルツハイマー病に対しての有効性が示唆されています。 また、最近の研究では、春先のムズムズにも一役買うということです。
(*本文は下の方にあります)


メリッサ葉エキス(レモンバーム)
【神経性不眠症、消化器系疾患に】

メリッサ葉エキス(レモンバーム)



「メリッサ葉エキス(レモンバーム)」関連製品・販売店

▼日本では買えない米国サプリメント【サプリンクス・ビタミン・ストア】

『メリッサ葉エキス(レモンバーム)』





【送料無料】ネムナール【これこれ倶楽部】
商品名 ネムナール
価格 8,700円(税抜)[送料無料]
内容量 330粒(約1ヵ月分)
1日分価格 303円[税込の場合]
主原料 金針菜エキス、ネムノキの花エキス、ウコンエキス、レモンバームエキス
販売店 これこれ倶楽部

【製品特徴/お店からのコメント】

金針菜はユリ科の「シナ萱草(かんぞう)」の花のつぼみです。 中国では「忘憂菜」とも呼ばれ、健康に役立つ中華食材として古くから利用されてきました。 インドでは、故ガンジー首相が愛用したとも言われています。
ネムノキはマメ科の植物で、初夏には繊細で美しい花を咲かせます。 葉は夜になると閉じて眠っているように見えることから、「ネムノキ」と呼ばれるようになったと言われています。 花言葉は「夢想」「歓喜」「想像力」「安らぎ」などで、咲いた花の様子を表しているかのようです。 また、役立つ成分として、ビタミン類やアミノ酸類が含まれています。
更に香辛料としてもよく知られるウコン、アロマでもよく利用されるレモンバーム(別名メリッサ)を配合しています。 人間にとってリラックスタイムは必要です。ぜひ、皆様の健康にお役立てください。

【こんな方におススメ】

■ ゆったりした夜を過ごしたい方
■ いつも気持ちに余裕を持ちたい方
■ すがすがしい朝を迎えたい方