バレリアン【ストレス解消・気分改善によいハーブ】

バレリアン』(ハーブ、日本名:カノコソウ)は心と体を落ち着かせたりグッスリ眠らせたりする効果があり、 不安障害に有効な抗不安薬などに匹敵する効果があるとも言われています。 バレリアンは、ドイツのコミッションE(薬用植物の評価委員会)では不眠症、 精神不安などに対する使用を承認しており、精神的ストレスを緩和し、寝つきが悪い方によいとされています。 バレリアンは、高い鎮静作用があるためヨーロッパでは、不安神経症の治療にも用いられています。 その中心成分として、セスキテルペンカルボン酸類が働き、神経症、不安、ストレス、不眠症だけでなく、 その鎮静作用により、筋肉疲労、胃痛にも大変効果があり、副作用の心配もなくご利用いただけるハーブです。
(*本文は下の方にあります)


バレリアン

■「バレリアン」とは?

バレリアンとは「健康になる、強くなる」という意味

バレリアン 『バレリアン』はヨーロッパからアジアにかけての原産ですが、 現在は北米各地に帰化している植物で、成長すると1.5mほどの丈になります。 バレリアンの名前の由来はラテン語のValereで「健康になる」、「強くなる」の意味で、 乾燥した根は、マタタビのようにネコ が好む強い香り(吉草酸、線香の香りと同じ) を発します。バレリアンには特有の匂いがあって、人によっては不快を感じさせます。 ところがこの匂いは鼠や猫を引きつけるといわれ、ドイツの民話としてよく知られたハーメルンの笛吹きは、 バレリアンをポケットに忍ばせていて、この匂いに引きつけられた鼠が笛吹きのあとを追ったという民話の解釈を J.BrittonとT.Kricherが"The complete Book of Home Herbal Remedies"(1998)で紹介しています。



■バレリアンの効果

不安障害に有効な抗不安薬などに匹敵

「バレリアン」は何世紀にも渡り、坑不安薬として用いられてきました。 標準化された、自然で安全な鎮静剤として利用されているバレリアンは心と体を落ち着かせる効果があります。 臨床実験において、不安による不眠に対してバレリアンの効果が証明されており、 不安障害に有効な抗不安薬などに匹敵する効果があるとも言われています。 他の薬と違い指定どおりに服用している限り、バレリアンには中毒性や依存性はありません。

「バレリアン」は何世紀にも渡り、坑不安薬として用いられ、臨床的にも不安による不眠を改善する力を証明されています。 バレリアンは、脳が興奮を抑えたり過度な刺激を緩和させたりするのに使うアデノシンという神経伝達物質に作用することにより、不安を軽減させます。 最新の研究で、バレリアンの成分が脳のアデノシン受容体と結合し、活性化することがわかりました。アデノシンには鎮静効果があり、 睡眠障害を改善する力があります。バレリアンは、アデノシンの量を増やすことで同じリラックス効果をもたらします。 (カフェインはアデノシン受容体を阻害してしまうため、コーヒーを飲みすぎたりすると落ち着きがなくなったりイライラしたりすることがあります。)


■バレリアンはこんな方にお勧め

ヨーロッパで古くから愛用されてきたバレリアンは、

  • 仕事や車の運転の後などで軽い興奮から寝付けない方
  • 日頃から眠りの浅い方
  • 旅行や仕事、特に交代勤務などで睡眠リズムを崩している方

などに、お勧めします。 バレリアンは、脳の覚醒システムを抑制する神経伝達物質のγ−アミノ酪酸(GABA)の受容体の働きを強めて、 リラックス、眠りを誘います。