アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎』は、皮膚炎を起こしやすい体質を持っている人に、 ダニやほこり、ストレスなどの悪化要素が加わることで発症します。 アトピー性皮膚炎は、皮膚に強いかゆみを伴う湿疹ができ、”良くなったり、悪くなったり”を繰り返す慢性疾患です。 子供に多く見られ、思春期を過ぎると軽快する傾向があります。 大人の患者さんも少なくありませんが、そのほとんどは、子供のころに発症し、症状が続いているか、一度治まったものが再発したものです。 アトピー性皮膚炎は、医師の指導に基づく「治療」と、自分で行う「セルフケア」を同時に行うことで、日常生活に差支えのない状態を維持することができます。


■主な症状

症状は多様で個人差がありますが、強いかゆみ伴う、赤くブツブツとした湿疹ができるのが主な症状です。 急性期の湿疹では赤く腫れ、盛り上がりのある丘疹ができたり、ジクジクしたり、皮が剥けてかさぶたになったりします。 湿疹が長く続くと、皮膚が厚くごわごわになる苔癬化が起きたり、硬いしこりができたりします。多くの患者さんが強いかゆみに悩まされます。 湿疹ができる部位にも個人差がありますが、顔、耳や首回り、わきの下、肘の内側や外側、太ももの付け根、膝の表側や裏側などに多く見られます。 症状の現れやすい部位は、年代によって異なります。 乳児では主に顔や首、頭に湿疹が現れ、ひどくなると胸、背中、手足に広がります。 子供は、首の周り、肘関節の内側、膝関節の裏側などに多くみられます。 成人では、顔、首、背中など、主に上半身に現れ、症状が重くなる傾向があります。 いずれの場合も湿疹は体の左右対称に現れます。 アトピー性皮膚炎は、乳児では2ヶ月以上、その他の年代では6ヶ月以上、症状が続きます。


■病気の仕組みと悪化因子

アトピー性皮膚炎は多因子性の疾患です。多くは、本人または家族がアレルギーになりやすい体質であるか、 または、アレルギーと関係がある免疫物質IgE抗体を作りやすい体質であるというアトピー素因を背景に発症しますが、 アトピー素因がなくても発症することがあります。 発症のきっかけは、1つの因子によるものではなく、アトピー素因や皮膚のバリア機能低下などの体質的な素因と、 アレルギー症状を引き起こす物質(アレルゲン)や皮膚への刺激などの環境的な要因がいくつか絡み合って、 アトピー性皮膚炎の症状が現れると考えられます。そのため、悪化因子も患者さんごとに異なります。

発症や悪化に影響する因子には、食事、ダニ、ほこり、ペットの毛やフケ、洗剤や化粧品、大気汚染,細菌などの環境アレルゲンの関与などがあります。 また、皮膚を”掻く”ことによる刺激や汗なども悪化の要因となるほか、ストレスが悪化の要因になることがわかっています。 他に気候も影響するといわれており、夏に悪化する人もいれば、冬に悪化する人もいます。

【関連項目】:『アトピー性皮膚炎の原因』


■皮膚の状態

皮膚は、細菌などの外敵が体内に入って来ないように守ると同時に、体の内側から水分が蒸発しないように守る機能(バリア機能)を担っています。 皮膚の外側には表皮があり、その下に真皮があります。バリア機能を担っているのは表皮の最も外側にある角層です。 アトピー性皮膚炎の皮膚では、細胞と細胞の間を埋めている角質細胞間脂質(セラミド)や、水分を捉えて放さない天然保湿因子が減少し、 バリア機能が低下しています。すると、外側からの刺激やアレルゲンが侵入しやすくなるとともに、体の内側から水分が蒸発しやすくなります。 アレルゲンが皮膚から侵入すると、体の外へ追い出そうとする免疫細胞と結び付き、ヒスタミンという物質が作り出されるために炎症が起こります。 さらにかゆみを感じる知覚神経が表皮まで伸びて、かゆみを感じやすくなります。 そこで掻いてしまうと、バリアの状態がいっそう悪化して、かゆみの悪循環に陥りやすくなります。


■アトピー性皮膚炎の経過

▼乳幼児発症・短期間治癒
最も多いタイプです。乳幼児期(早い人で生後2ヶ月ころ)に症状が現れ、 1歳〜1歳半ころまでに自然に治ります。ただし、再発することもあります。

▼乳幼児発症・ゆっくり治癒
乳幼児期に発症して、ゆっくりと症状が治まっていきます。 なかには、成人まで続く人もいます。長引けば長引くほど症状は重くなります。

▼いったん治癒・思春期以降再発
このタイプの人の数は多く、短期間で治癒しても、5年程度で再発することがよくあります。

▼5歳児以降発症
アトピー性皮膚炎患者の8割は5歳までに症状が現れますが、5歳以降に発症する場合もあります。 ただし、40歳以降に発症するのはごく稀です。

いずれのタイプも一進一退を繰り返すのが特徴です。乳児期では、短期間で症状が治まることも多いので、 スキンケアを中心とした治療で対処します。それ以外の年代で発症、あるいは再発した場合は、 症状が悪化することがあるので、薬物療法を積極的に行い、症状をコントロールしていきます。