花粉症

体内に侵入した花粉に対して、体が過剰な反応を示す

『花粉症』は、人間の体内に吸収された異物である植物の花粉によて起こる アレルギー反応(免疫反応)の一つで、 毎年、花粉が飛散する季節になると、症状が現れます。 原因となる植物には杉、檜、ブタクサなどさまざまなものがありますが、スギ花粉によるものが最も多く、患者さん全体の約7割をを占めています。 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、涙、のどの異常感、咳、喘息などを引き起こし、日常生活にも支障をきたす厄介な病気です。 毎日の「花粉情報」に注意して、マスク・メガネの着用や掃除の励行などこまめな自助努力が大切です。