花粉症対策

花粉症』に悩む人は年々増加しています。 しかし、一方で上手に改善して症状が軽くなっている人もいます。 花粉の飛散前に対処すれば予防も可能なので、ぜひ早めに対策を立てましょう。 また、スギ・ヒノキ・ブタクサなど複数の花粉に反応する人も増えているので今や通年の花粉対策が必要かもしれません。


■花粉症対策

早めの対策で花粉症を軽減

止まらない鼻水やくしゃみ、目のかゆみ等々、『花粉症』のつらい症状が現れるとき、体の中では次のようなことが起こっています。

1.花粉が体内に入る
2.抗原提示細胞が花粉の成分を異物と認識する
3.リンパ球T細胞が刺激され、サイトカインを分泌する
4.リンパ球B細胞がサイトカインに反応してIg抗体をを生産する
5.IgEが肥満細胞(マスト細胞)に結合する
6.新たに体内に入ってきた抗原(花粉)とIgE抗体が反応する
7.肥満細胞からヒスタミンなどの刺激物質が遊離し、鼻水などの症状を引き起こす

そこでまずできる対策は、1の段階で花粉の侵入を防ぐこと。 マスクの着用や、家に入る前に衣服に付いた花粉を払うなど、面倒くさがらずに徹底して行いましょう。

花粉症の治療薬としては、6の段階で作用するヒスタミンの力を弱める「抗ヒスタミン薬」や、 「ヒスタミンの遊離を抑える遊離抑制薬」、3で分泌する「サイトカインを抑える薬」などがありますが、 特に「舌下免疫療法」が有効で、7〜8割の人に効果があるとされています。 花粉が飛散する前から服用すると予防効果があるものも多いので、早めに医師に相談するとよいでしょう。

薬は苦手で、できるだけ自然に近いものを利用したいという人もいるでしょう。 たとえばドイツなどでは、ハーブのネトルが花粉症などのアレルギー症状によく利用されています。 ある種の植物・樹木の成分には花粉症の症状を緩和するといわれるものがあり、 最近ではサイトカインの生産を抑えるといわれる成分も注目されています。 この仕組みはまだ明確には確認されていませんが、今後、こうした植物の力を利用する研究はさらに進められていくでしょう。


■花粉症対策によい食品・関連製品

▼乳酸菌
現代人に花粉症が急増しているのは、「免疫力の低下」特に「腸の衰え」が関係しているとされています。 口から入った細菌やウィルスといった異物の多くは、小腸や大腸などの腸内から体内に侵入します。 そのため、免疫力の主役である白血球(免疫細胞)は腸に集中しており、 腸の働きを高めることが免疫力を高めることにつながるのです。 腸の働きを高めるには、腸内細菌の善玉菌をを増やすことが有効で、 善玉菌を増やして免疫力を高めるためには、善玉菌の代表格である 「乳酸菌」を摂ることが最も効果的です。
【関連項目】: 『免疫力低下とアレルギー』 /   『花粉症対策に「乳酸菌」』

▼トマトジュース
トマトには、アレルギー反応に関わる抗体の産出を抑える 「リコピン」という 「カロテノイド」(植物の色素を構成する成分)が多く含まれています。 実際に、花粉症患者にリコピンを含むトマトジュースを1日1本、14週間飲んでもらう試験を行ったところ、 花粉症による鼻水やくしゃみ、花のかゆみが改善されたという研究報告がなされています。

レンコン
レンコンポリフェノールで花粉症のアレルギー反応が抑えられるとされています。 レンコンに豊富に含まれるポリフェノールは、ごぼうの約4倍。 抗アレルギー作用や抗炎症作用があり、花粉症のほかにも アトピー性皮膚炎気管支喘息、食物アレルギー、 アレルギー性鼻炎など、さまざまなアレルギー症状を抑える働きが報告されています。 最近の研究では、ウィルス感染などに抵抗する「細胞免疫力」を高める作用が注目されています。 さらに、「脂肪肝の予防・改善への期待も高まっています。

▼シソジュース
シソに含まれるロズマリン酸(色素の成分の一つ)には、花粉症を引き起こすヒスタミンなどの炎症物質の働きを抑える作用があります。 青ジソは、1日に8〜10枚摂れば効果が期待できるので、湯で煮出したものを飲むか、葉をそのままサラダなどの料理に合わせて食べるとよいでしょう。

▼ツクシ
日本大学文理学部長の島方博士は3年間ツクシを食べ続けた結果、長年悩んだ花粉症の症状が全くでなくなったそうです。 島方博士が、ツクシの効果について日本大学薬学部に研究を依頼したところ、 ツクシには抗アレルギー物質が豊富に含まれていることがわかりました。 ツクシは、佃煮などで1口ほおばる程度の量を2、3日に1度食べれば効果が期待できるといいます。

▼青ミカンの皮
青ミカンの皮に多いヘスペリジンという色素成分には、アレルギーを引き起こすヒスタミンなどの炎症物質の産出を防ぐ働きが認められています。 近畿大学が中心となって行った試験によると、花粉症の患者に青ミカンの皮の粉末を摂ってもらったら、 鼻の症状は8割の人で、目の症状は5〜7割の人で、改善したそうです。 ヘスペリジンは、ミカンの実だけでなく袋や筋を食べたり、焼きミカンを皮ごと食べたりすることで補えます。

▼紅富貴(べにふうき)茶
紅富貴(べにふうき)茶とは、アッサム系の紅茶品種である「べにほまれ」と、緑茶品種である「枕Cd86」を交配することで作られた新種のお茶です。 紅富貴(べにふうき)茶には、優れた抗アレルギー作用を持つ「メチル化カテキン」が大量に含まれています。
【関連製品】:『花粉症対策に紅富貴(べにふうき)茶』

▼甜茶
甜茶はテレビ番組でも放送されて花粉の季節には定番になってきている健康茶です。 手軽に飲めるので毎日続けられます。
【関連製品】:『花粉症対策に「甜茶」』

▼ワサビチオヘキシル
わさびの香り成分が花粉症の不快感を緩和します。

▼その他
大豆イソフラボン
日本茶ウーロン茶、シジュウム茶
花粉エキス、黒焼花粉、ネトル
ビタミンC
アレルギーの郵送検査