生理活性物質(アディポサイトカイン)

脂肪細胞はさまざまな働きを持つ『生理活性物質』を作り出すという、重要な役割も担っています。 主な生理活性物質には「アディポネクチン」「アンジオテンシノーゲン」「PAI - 1」「TNF - α」などがあり、 内臓脂肪が増えすぎると、血糖や血中脂質、血圧などに悪影響を及ぼして、生活習慣病を引き起こします。


■生理活性物質(アディポサイトカイン)

脂肪細胞から分泌される物質

体内には、成人で約300億個もの脂肪細胞があります。 ここには、主に中性脂肪が蓄えられており、脂肪細胞は過剰エネルギーの貯蔵庫としての働きをしています。 また、脂肪細胞はさまざまな働きを持つ『生理活性物質』 をを分泌する内分泌細胞としての重要な役割も担っています。 この脂肪細胞から分泌される生理活性物質を総称して「アディポサイトカイン」といいます。 主な生理活性物質(アディポサイトカイン)には「アディポネクチン」「アンジオテンシノーゲン」 「PAI - 1」「TNF - α」などがあります。

これらのアディポサイトカインは、動脈硬化を予防する「善玉アディポサイトカイン」と、 動脈硬化を促進させる「悪玉アディポサイトカイン」とに分けることができます。 正常な状態では、これら善玉・悪玉アディポサイトカインの分泌バランスはよく保たれますが、 内臓脂肪が過剰に蓄積した状態では、不思議なことに善玉アディポサイトカインの分泌量が減り、 悪玉アディポサイトカインが過剰に分泌されます。この分泌の乱れが血糖や血中脂質、血圧などに 悪影響を及ぼして、生活習慣病を招き、動脈硬化や糖尿病を進展させるのです。

これらのアディポサイトカインは、皮下脂肪でもつくられていますが、内臓脂肪でつくられる方が、 体内の代謝により強く影響することがわかっています。


■代表的な生理活性物質(アディポサイトカイン)

▼アディポネクチン
「アディポネクチン」

▼PAI - 1
血液を固まりやすくして、出血を止めます。 一方で、増えすぎると血栓ができやすくなり、「脳梗塞」や「心筋梗塞」の引き金となる 「悪玉」の物質です。

▼TNF - α
腫瘍を壊死させる因子として発見された物質ですが、増えすぎると 「インスリン」の働きを低下させます。その結果、ブドウ糖がエネルギーとして使われ にくくなり、高血糖を引き起こす「悪玉」の物質です。

▼アンジオテノシノーゲン
血管を収縮させて血圧を上げる働きがあります。 低血圧を防ぐ一方、高血圧の原因にもなる「悪玉」の物質です。

▼レプチン
十分に分泌されていると脳は”栄養は十分にある”と判断し、 基礎代謝を高めて消費エネルギー量を増やしたり、満腹感を覚え食欲を抑制するよう 働きかけます。 分泌量が少なくなると脳は、”栄養が不足している”と判断し、食欲を増進させたり、 基礎代謝を下げたりして、エネルギーを体に蓄えるように働きかけます。

■関連項目