高感度CRP

従来の「CRP」検査では普通、0.3mg/dlまでを異常なしとしてきました。 それが血液中のCRPを従来の100倍〜1000倍の高い精度で検査する方法が開発され、 体の中の微小な炎症も検出できるようになりました。それが『高感度CRP』です。
(*本文は下の方にあります)


■高感度CRP

心筋梗塞や脳梗塞の新たなる脅威

動脈硬化を引き起こす原因には、コレステロールや高血圧、ホモシステインなどがあります。 なかでも、総コレステロールが高いことが一番の指標とされてきましたが、総コレステロール が低くても、心筋梗塞を発症する人が2人に1人の割合でいました。 そこへ、新しい指標が生まれてきました。 それが、「高感度CRP」で、コレステロールに優先して、あるいは、 コレステロールと同等に、心筋梗塞や脳卒中の危険因子として重視されています。

「高感度CRP」は、たんぱく質の一種で、肝臓でつくられます。 肺炎や風邪にかかると、血液中で通常の1000倍程度まで増殖します。 従来の「CRP」検査では普通、0.3mg/dlまでを異常なしとしてきました。 それが血液中のCRPを従来の100倍〜1000倍の高い精度で検査する方法が開発され、 体の中の微小な炎症も検出できるようになりました。それが「高感度CRP」で、 従来のCRPと区別するため、「高感度」と言う言葉を頭に付けています。

この検査が取り入れられるようになって、従来のCRP検査では異常なしに分類された人の中に、 慢性的に微小な炎症が発生しているケースがあることがわかってきました。 そして、高感度CRPの数値が高い人ほど、心筋梗塞や脳卒中などの循環器系の重大な病気を 引き起こす確率が高いことが、アメリカで行われた高感度CRPとLDL(悪玉コレステロール) の追跡調査によって明らかになりました。 その調査によると、高感度CRPとLDLがともに高い人たちに、心筋梗塞や脳卒中が多発し、 LDLが低くてもCRPが高い場合は、心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクが高いことが 明らかになっています。

高感度CRPと糖尿病の関係では、日本大学医学部総合健診センターの調査で、 高感度CRPが高い人ほど、空腹時の血糖値も高いという相関関係がみられたと 報告されています。 また、高感度CRPが高くなるにつれ、体重も多く、血圧、総コレステロール、中性脂肪、 尿酸値などの動脈硬化危険因子も高く、これらの因子と高感度CRPには相関関係がある ことがわかりました。一方、HDL(善玉コレステロール)については、 高感度CRPが低い人ほどHDLが高いという逆の関係がみられたと報告されています。