心筋梗塞

日本では、『心筋梗塞』によって毎年15〜20万人もの命が失われています。 その予防のための「4つのカギ」と「8つのサイン」4つのカギについて説明しましょう。


■心筋梗塞

心筋梗塞は動脈硬化が引き起こす”死の病”

『心筋梗塞』とは、かつては心臓麻痺や急性心不全などとも呼ばれた、突然心臓が止まって死に至る病の一つです。 発症の主な要因は、動脈硬化であることがわかっています。

●生活習慣の改善で、心筋梗塞を予防

心筋梗塞とは、動脈硬化などによって狭められた冠動脈に血栓などが詰まって、心臓の筋肉に血液が行き渡らなくなってしまう病気です。 血液が届かなくなってしまった部分の細胞は壊死。心臓全体が大きなダメージを受け、発症者の30〜40%が死に至るという恐ろしい病気です。 近年、発症メカニズムの解明が進み、動脈硬化と深い関わりがあることがわかりました。 心筋梗塞の発症を防ぐには、動脈硬化の進行を遅らせることが最善の策といわれています。

動脈硬化は、血管(動脈)が加齢によって硬くなり、弾力性が失われたり、 血管の壁にコレステロールなどの脂質が沈着して、 血液が通るスペースが狭くなったりすることで、血液がスムーズに流れにくくなる病気です。 誰もがかかる疾患ですが、タバコを吸っている人は禁煙を、 脂っこい料理よりはあっさりとした料理を食べ、適度に運動し、 十分睡眠をとるなど、日常の生活習慣を改善することで進行を抑制することはできます。 まず、下のMedical Checkであなたの動脈硬化度をチェックして、心配な数値に達していたら、特に注意が必要です。 12〜2月にかけての寒い季節は心筋梗塞の危険シーズン。いつ襲ってくるかわからない死の病は、日常生活のちょっとした心掛けや工夫で遠ざけることができます。 次ページ以降に述べる「4つのカギ」「8つのサイン」が、動脈硬化が進んだあなたを心筋梗塞から守ってくれるはずです。


●Medical Check:動脈硬化度チェック

生活習慣に関する項目(各1点)

01.ラーメンなどの麺類は汁も全部飲み干す
02.魚より肉をよく食べる
03.天ぷらや唐揚げなど、揚げ物が好きでよく食べる
04.ほぼ毎日アルコールを飲む
05.夜遅く食事をして、すぐに寝てしまうことも多い
06.食事をするスピードが他人よりも早いと思う
07.階段よりエレベーターを利用しがち
08.運動不足で太っている
09.睡眠時間が6時間未満
10.行列に並んだり、人に待たされたりすることが苦手
11.物事を完璧にしないと気が済まない
12.家族に心筋梗塞など、心臓病の人がいる

より危険度の高い項目項目(各3点)

13.タバコを吸っている
14.血圧の上が140mmHg、下が90mmHg以上
15.血糖値が126mg/dL以上
16.LDLコレステロールが140mg/dL以上、またはHDLコレステロールが40mg/dL以下

01〜12の生活習慣に関する項目にチェックが入った場合は各1点、13〜16のより危険度の高い項目に該当する場合は各3点で カウントし、合計点が10点を超えた人は「レッドカルテ」。 特に13〜16は一つでも当てはまれば、心筋梗塞発症の危険性が高い状態にあると認識しましょう。