禁煙補助製品(禁煙グッズ)

タバコやその煙には、ニコチン、タール、ベンツピレン、ニトロソアミン、 一酸化炭素等、人体に悪影響を及ぼす多数の有害物質が含まれています。 肺癌や「食道癌」などは喫煙者の方が非喫煙者に比べて数倍高くなっています。

また、癌に限らず生活習慣病の進行も促進します。 喫煙が肺癌などの原因となることはすでに多くの人が承知していることですが、タバコを吸うと、ニコチンの作用によって血管が収縮して血流が悪くなり、 心臓に大きな負担がかかるため、心拍数が高くなって血圧が上昇、高血圧の原因にもなります。 さらに、高血圧に中性脂肪や悪玉コレステロールの増加が加わると、血管内に血栓ができ血流が滞り、動脈硬化が進行して血管がつまったり破れたりして、 心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすこともあります。

タバコはは中枢神経や自律神経に害を及ぼすとともに依存性があり、少しの量でも中毒を起こします。 『タバコは生活習慣病の主要な原因の一つ』ですから、一日も早く禁煙するのが望ましいでしょう。


■禁煙

タバコは、心血管疾患の大きな危険因子です。LDLコレステロール値の高い人や高血圧、糖尿病などの生活習慣病がある人は、 危険性がより高いため、すぐにでも禁煙が必要です。 とはいえ、”一服しないと落ち着かない”という人も多く、ストレスが過剰にかかっている状態では、 なかなか禁煙成功とはいかないものです。しかし、一度禁煙に挑戦してみて、たとえ挫折しても、 ”やっぱり駄目だ”と諦めないことが大切です。 一度でも禁煙を経験していると、次回は成功する確率が高くなります。 何度でも、禁煙に挑戦すればよいのです。”やめたいんだけど・・・・・”と少しでも考えているのなら、一度禁煙に挑戦してみてください。


●禁煙補助薬

安全と信頼を求めるなら、禁煙補助薬がおススメです。

禁煙補助薬(経口剤)
『禁煙補助薬(経口剤)』は、知名度の高い製薬会社が販売している医薬品ですので、安心・安全です。 バレニクリンは、ニコチン性アセチルコリン受容体の部分作動薬です。 ニコチン受容体は、ニコチンが結合するとドーパミンが放出され、強い快感や報酬感をもたらし、 これがニコチン依存の原因とされます。バレニクリンは、ニコチンに代わってニコチン受容体に結合することで、 禁煙に伴う離脱症状やタバコに対する切望感を軽減します。 またそれと同時に、ニコチンに先んじてニコチン受容体を占有することで、再喫煙した場合にも満足感が得られにくくなり、 禁煙を持続しやすくなる効果が期待できます。

禁煙パッチ(ニコチンパッチ)
『禁煙パッチ(ニコチンパッチ)』は、徐々に禁煙するるための「ニコチン製剤」の一種で、 ニコチンをある程度体内に吸収させて、禁煙後の離脱症状をを和らげる薬です。 禁煙パッチ(ニコチンパッチ)を皮膚に貼ってニコチンを体内に吸収させます。 ニコチンが体内に入りますが、タバコのようにほかの有害物質は含まれていません。 禁煙パッチ(ニコチンパッチ)を使うと禁煙成功率が約2倍になるというデータがあります。

ニコチンガム
『ニコチンガム』とは、禁煙治療で使用される禁煙ガムのことで、ニコチン含有の禁煙補助薬です。 ニコチンガムは、血液中に、タバコより低いニコチンを送ることによって、少しずつ、ニコチンへの欲求を下げていきます。 禁煙すると、1日目〜2日目に、ニコチンの離脱症状が始まりますが、 それを軽くするためには、タバコからのニコチンが無くなった分、他の方法で、体内にニコチンを入れるのです。 そしてそれを 少しずつ少なくして、離脱症状を和らげることで、禁煙が失敗する大きな原因である、 ニコチンの離脱症状や禁煙の離脱症状といった、禁煙の禁断症状から来る、禁煙特有の辛さを和らげます。 ニコチンガム(禁煙補助薬)には、、薬局やドラックストアなどで購入できる一般医薬品と、 医師の処方箋が必要な、医薬品指定のニコチンガムの2種類があります。

電子タバコ

電子タバコ(模造タバコ)は、 見た目も吸った感覚も本物に近い超リアルな模造タバコです。 人体に有害なニコチンやタールなどの発癌性物質は含まれていませんので、身体に優しく、 煙は副流煙ではないので、周りの人にも優しい禁煙補助製品です。 誰にも気付かれるこくとなく禁煙に挑戦でき、嫌煙運動や条例とタバコ税増税で揺れ動く、 喫煙者に贈る最高の癒し・節煙・禁煙商品です。

電子タバコ
いつでもどこでも場所を選ばず吸える、本物のような吸い心地の電子タバコは、 あなたを喫煙ルームから解き放つ今迄にない新しい禁煙補助製品。

だんだんタバコがまずくなり、やがて止めたくなる製品

タバコがだんだんまずくなり、吸いたくなくなる魔法のような禁煙補助製品!
努力も苦労も根性も・・・・・必要ありません。
初めてタバコを吸った時のようにタバコをマズく感じる⇒タバコを吸いたくなくなる。 という流れで、無理なく禁煙に成功できるのです。

禁煙ガム
禁煙ガムの種類は、大きく分けて2種類です。二種類の禁煙ガムの違いは、ニコチンが含まれているかいないかです。 一般的には、ニコチンが含まれるているものを『ニコチンガム』と呼び、 ニコチンが含まれていないものを『禁煙ガム』または『嫌煙ガム』と呼んでいます。 ニコチンが含まれていないタイプの禁煙ガムには、松葉エキスや松脂エキスなどの成分で体内からニコチンを排出するむものと、 ニコチンがとても不味く感じる働きを持つ成分を使っているものがあります。 タバコがまずくなるタイプの禁煙ガムは、噛んでいるうちにだんだんタバコがまずく感じるようになり、 最終的にはタバコが嫌いになるというものです。 どちらのタイプも使用方法も普通に味が無くなるまで噛むだけと、非常に簡単です。

禁煙飴/禁煙キャンディー
ニコチン依存症を解決する方法の一つとして「排毒・解毒」があります。 体内に蓄積されたニコチンを徐々に体外に排出することによって、ニコチンに対する依存性を断ち切り、 「嫌煙」を実現する、という方法です。

禁煙チュアブル
タバコを止めたいけど止められない! そんな方のための禁煙チュアブル。 だんだんタバコがまずくなり、やがて止めたくなります。


ニコチン、タールをカットする製品

ニコチン・タールをカット
ニコチン・タールをカットする禁煙補助製品は、 どうしてもタバコが止められない人の最終手段!! タバコを吸いながら徐々に禁煙しようという方法です。

『ビタクール』
タバコを吸いながら減煙する、取って置きのアイテム!!


タバコを吸いたい気持ちを抑制する製品

禁煙するに当たって問題なのは、吸いたくなる衝動との戦いに勝てるかどうかですが、 ニコチン依存症の人は、いきなりニコチン0の生活に戻すことができません。 そこで、ニコチンやタールを減らし、徐々にニチコンが無くても平気な身体に戻していくことが必要になります。 そんな方にお勧めなのが、タバコを吸いたい気持ちを抑制する製品です。

匂いで禁煙
特殊配合成分がタバコを吸いたいという喫煙煙欲を抑え、 匂いをかぐだけでタバコが吸いたくなくなる禁煙補助製品です。

禁煙パイプ
『禁煙パイプ』は、パイプのフィルターに香料が仕込まれており、 これを吸うことで喫煙衝動を紛らわせ、 ストレスなく禁煙を成功させるという禁煙補助製品です。 また、パイプを咥えることで口寂しさを解消し、再びタバコを咥える衝動を抑えるという意味合いもあります。

禁煙フィルター
『禁煙フィルター』はタバコにニコチンをカットするフィルターを装着することでニコチンやタールを減らし、 徐々にニチコンが無くても平気な身体に戻していきます。 そして、ニコチンの減少量を徐々に増やしていくことで最終的に禁煙をするという禁煙補助製品です。 フィルターの種類も様々あり、段階によって使い分けて禁煙を成功させる禁煙補助製品となっています。

ニコチン、タールを体外排出する製品

禁煙したくでもできない!そんな方にお勧めなのが、ニコチン・タールを体外に排出するサプリメント。

禁煙サプリメント
禁煙成功者続出!禁煙サプリメント。 あなたの禁煙を手助けする禁煙補助製品です。 禁煙サプリメントは、主に体内に入ったニコチンやタールを体外に排出させる作用をもちます。 禁煙でお悩みの方は是非 一度お試しください。


●その他

その他の禁煙補助製品
禁煙CD,耳つぼ禁煙,禁煙ダイエットコーヒーなど、その他の禁煙補助製品です。

『肺癌の郵送検査』
近年『肺癌』は、胃癌を抜いて、日本の癌死亡率の第1位となりました。 肺癌は脳や骨に転移しやすく、発見が遅れると予後の悪い病気です。 年齢にかかわらず、定期的に『郵送検査』を受けられることをお勧めします。


■喫煙と関係する病気

『COPD(慢性閉塞性肺疾患)』
喫煙歴があって、咳や痰が多かったり、息切れしやすい場合は、『COPD』が疑われます。 COPDは、呼吸機能が低下するだけでなく、肺癌や心筋梗塞、骨粗鬆症など、 全身の病気と並存することが多いので、全身状態にも注意が必要です。

『肺癌』
『肺癌』は、現在日本で最も死亡者数の多い癌です。 最近では、早期のうちに治療を始めれば、治すことが可能になってきています。 ただし、早期の段階では自覚症状がほとんどないため、定期的に検査を受けることが大切です。

■禁煙対策

『ニコチン置換療法』
「ニコチン置換療法」とは、ニコチンに替わる代替物で少量のニコチンを体内に取り込みながら、 徐々に取り込むニコチンの量を減らしていき、最終的に禁煙に導く方法です。 離脱症状(禁断症状)を緩和し、禁煙を容易にする効果があります。

『断煙』
禁煙を成功させるためには、本数を徐々に減らしていく「節煙」よりも、 1本も吸わないようにする「断煙」の方が効果的です。 「禁煙補助薬」なども利用して禁断症状とうまく付き合いながら、断煙による禁煙に取り組みましょう。

『禁煙を長続きさせるコツ』
禁煙中に”1本くらいなら大丈夫”とタバコを吸ってしまうと、たとえ1本であっても、ニコチン依存の状態に戻ってしまいます。
その結果、禁煙が長続きしない人も少なくありません。 禁煙を長続きさせ、成功させるためには、いくつかのコツがあります。