活性酸素

活性酸素』は酸素が科学的に活性化した、とても不安定な物質で、強い酸化力をもっており、 そのパワーが細胞や組織を変化させ、さまざまな病気や老化を引き起こします。 増えすぎた活性酸素は細胞を酸化させ、細胞の正常な機能を失わせて、老化を早めたり、 老化とともに進行する白内障・関節炎・膝痛・腰痛など、さまざまな病気の引き金になります。 しかも、血液中の活性酸素はコレステロールや中性脂肪と結びついて過酸化脂質という毒性の強い物質に変化し、 血液をドロドロにして動脈硬化を進行させます。その結果、高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、 心筋梗塞、脳内出血、認知症(ボケ)、癌などの原因にもなります。


■「活性酸素」とは?

よい面もある活性酸素がなぜ問題なのか?

健康長寿を実現させるために、近年、最も重要視されているのが「活性酸素対策」です。 活性酸素とは、私たちが呼吸で体内に取り入れた酸素の一部が変化したもので、 本来はホルモンの生産に関与したり、外部から侵入してきた細菌、カビ、ウィルスなどの病原菌を撃退し、 体を守る役割を果たします。このように、活性酸素は本来、私たちが生きていくために必要不可欠なものです。

ところが、活性酸素が増えすぎると、今度は一転して攻撃の矛先が健康な細胞や組織に向けられてしまうのです。 活性酸素は酸素が科学的に活性化した、とても不安定な物質で、強い酸化力を持っています。 そして、増えすぎた活性酸素は細胞を酸化させ、細胞の正常な機能を失わせて、老化を早めたり、 老化とともに進行する白内障・関節炎・膝痛・腰痛など、さまざまな病気の引き金になります。 しかも、血液中の活性酸素はコレステロールや中性脂肪と結びついて過酸化脂質という毒性の強い物質に変化し、 血液をドロドロにして動脈硬化を進行させます。その結果、高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、 心筋梗塞、脳内出血、認知症(ボケ)、癌などの原因にもなります。

活性酸素は、まさに老化や万病を引き起こす元凶なのです。 したがって、健康維持のためには、日常生活での「活性酸素対策」が必要となります。

活性酸素は、紫外線や環境汚染、喫煙、添加物の多い食品、そして精神的ストレスなどによって大量に増えてしまいます。 現代人を取り巻く環境は、活性酸素を大量に発生させる危険に満ち溢れているといえるでしょう。


●活性酸素が細胞をサビ付かせる

体内に入った酸素は、他の物質と結びつくときに電子を1個余分に受け取ることがあり、 そのとき「スーパーオキシド」という大変に不安定で反応しやすい酸素に変わります。 これが活性酸素のもととなり、次々に他の物質と反応して、「過酸化水素水」や「ヒドロキシラジカル」 などの活性酸素を産生させます。そして、この活性酸素は脂質やたんぱく質などと反応することで、 「過酸化脂質」や各種酸化物質を作り出し、DNA、細胞、体をサビ付かせます。 また、活性酸素は、細胞内でエネルギーを作り出すときだけ発生するのではなく、 化学物質や大気、水の汚染物質などを通じて、細胞の外からも侵入するといわれています。
代表的な活性酸素には3種類あります。

▼スーパーオキシド
酸素がわずかに変化してもできるため、大量に発生。しかし、反応は低く、体に与える影響も少ない。
▼ヒドロキシラジカル
活性酸素の中でも反応性・酸化力が強く、脂質や糖質などのあらゆる化合物と反応する。
▼過酸化水素
細胞内に入り込み、ヒドロキシラジカルに変化した場合、酸化力が強くなる。

●活性酸素と生活習慣病

活性酸素を体内に過剰に作ってしまうと、「生活習慣病」の発症の一因になります。 特にその関連性が深いと思われるのが、「動脈硬化」と「糖尿病」で、他にも「肝機能障害」や「リウマチ性関節炎」 など、活性酸素が関係すると思われる病気は多岐にわたります。 糖尿病においては、活性酸素は発病から合併症の進展まで関わるといわれています。 また、癌の発生にも活性酸素が大きく関わっており、遺伝情報を伝えるDNAが、 活性酸素により傷つくことで癌細胞が生まれるといわれています。 ただし、このDNAの傷は、癌抑制遺伝子やDNA修復遺伝子がサポートするため、 すぐには癌の発生に結びつくものではないとも考えられています。


●活性酸素対策

活性酸素の発生を抑え、その害を打ち消すにはどうしたらいいのでしょうか?
それには、生活習慣を改善したり、活性酸素を除去する抗酸化作用の強い食品を摂ったり、 SODを含む、または活性化させる健康飲料やサプリメントなどを活用することなども効果的です。

◆活性酸素対策 @生活習慣の改善

一般に、活性酸素はストレスや紫外線、タバコ、酒などにより、強力に発生させられるといいます。 私たちの生活習慣を変えれば、活性酸素を減少させることができると考えられます。 健康維持のために、日常生活の中でできる、必要以上に活性酸素を増やさないための方法をいくつかを挙げると次のようになります。

禁煙
肺にタールが入ると体内の免疫システムが働き、活性酸素を吹きかけて対処しようとし、 肺の組織を壊す恐れがあるといわれています。
軽い運動
ウォーキングなどの軽い運動を長時間行うのであれば、活性酸素は発生しにくいといわれています。
ストレス解消
強いストレスは、活性酸素発生の一因になるといわれています。 また、強いストレスはそれ自体が生活習慣病の原因にもなります。
▼紫外線対策
紫外線は、有害な活性酸素のヒドロキシラジカルを大量に発生させます。 しわの原因となるだけでなく、皮膚がんの原因にもなるといわれています。
▼加工食品を控える
加工食品に含まれる食品添加物は、肝臓で解毒されますが、その過程で活性酸素が発生し、 肝機能障害などの一因になるといわれています。

◆活性酸素対策 A抗酸化食品を摂る

知らぬ間に増えてしまう活性酸素に対抗するには、食事が一つの鍵になり、毎日の食事で 抗酸化食品食品を積極的に摂ることが大切です。 具体的には、ビタミンC含有量の多いもの(ライチ、ミカン、オレンジなどの柑橘類等)、 ビタミンAを多く含むもの(マンゴー、レンコン、ゴボウ、魚、大豆製品、ニンニク、わさび、ハーブ等)、 ポリフェノールを含むものを多く摂るようにします。 ほかに、トマトやニンジンが持っている色素のリコピンも抗酸化物質です。

◆活性酸素対策 BSOD酵素を摂る

体内には活性酸素を除去する 「SOD酵素」などの酵素がありますが、 体内にあるSOD酵素は、40歳頃を過ぎるとその力も衰えてしまうので、 酸化から体を守るには、体内のSOD酵素だけでは十分とはいえません。 その不足するSOD酵素を食事で摂りきれない場合は、体外からSOD酵素を取り込む必要があるのですが、 SOD酵素を、外から体内に取り込もうとしても、高分子であることや、熱に弱いこと、 胃液で溶かされてしまうことなどによって、そのままでは体内に取り込むことができません。 そこで、特殊製法で製造されたサプリメントなどで補うことが有効になります。

体内には、活性酸素の有害性を最低限に抑えるためのシステムが備わっています。 その代表といわれているものが「酵素」です。多量に発生するといわれている「スーパーオキシド」 に対抗する「スーパーオキシドディスムターゼ=SOD酵素」は体内のたんぱく質やミネラルをもとに細胞内で作られ、 活性酸素を消すといわれています。 ただし、最も有害な性質のヒドロキシラジカルを消すものはまだ見つかっていません。

◆活性酸素対策 C健康飲料を摂る

栄養素以外の抗酸化物質では、活性酸素を還元するとされる下記のような健康飲料もあります。


●活性酸素対策関連項目・製品

ルイボスティー
ルイボスティー」の特徴は、なんと言ってもSOD様物質の含有量がズバ抜けて高いことです。 なんと緑茶の50倍、ウーロン茶の30倍も含有しています。 このSOD様物質は、体のサビである活性酸素(体内の不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質という悪玉になる) を消す働きがあり、酸化から身を守ります。

ナタマメ茶
「なた豆(ナタマメ、刀豆)」には、「コンカナバリンA」という成分が含有されています。 コンカナバリンAは、血液毒素である尿素を減少させ腎臓の機能を健全にするようです。 また、コンカナバリンAは抗腫瘍作用、免疫力増強作用が認められています。 さらに、なた豆は、SOD(活性化酸素除去酵素)が高いことから、 老化防止や、生活習慣病予防等も期待されています。

大麦若葉の青汁
「大麦若葉の青汁」は食物繊維たっぷりで、SOD酵素活性など多種多様な栄養素に富んでいるので、 その相互作用と相乗効果により多大な健康効果が期待できます。

活性水素水(水素豊富水)
活性水素水(水素豊富水)は、 人間の身体を酸化して老化を早めたりさまざまな生活習慣病を招く活性酸素を撃退し、 高血圧・糖尿病・脳梗塞・心筋梗塞・アトピー性皮膚炎・リウマチなど200以上の生活習慣病を防ぐといわれています。

チキンエッセンス
チキンエッセンスは、脂肪分・糖分・コレステロールを除去し、生活習慣病を予防するとされています。 また、チキンエッセンスは、すべて自然素材から作られ、保存料や香味料は一切使用していません。

ジュアールティー
抗酸化食品として最近、中央アフリカ原産の「ジュアールティー(アフリカつばき紅茶)」が大きな注目を集めています。 ジュアールティーとは、他の紅茶や緑茶と同じようにツバキ科の植物からできた紅色のお茶です。 中央アフリカでは「聖なる太陽と大地の恵みを受けた最高のお茶」といわれ珍重されており、 昔から、病気を治すお茶として用いられてきました。 強い日差しの下で育つジュアールティーの茶葉は、紫外線から身を守るために抗酸化力の強いポリフェノールを大量に作って、 身を守っています。そのため、ジュアールティーを数年間放置しても鮮度や品質がほとんど劣化せず、 カビ一つ生えません。抗酸化力が強くて有名な飲み物としては、緑茶が広く知られています。 しかし、ある報告によるとジュアールティーは、緑茶の約50倍、ウーロン茶の約30倍という極めて強力な抗酸化作用を示す ことが明らかになっています。

抗酸化力強化サプリメント
多種多様な食品に、さまざまな形で含まれている抗酸化物質は、活性酸素を撃退し、 結果的に病気の原因をもとから絶ち、老化にストップをかけることから、「第七の栄養素」ともいわれています。

SOD酵素
「SOD酵素」とは、体内に発生した活性酸素を消去する活性酸素消去酵素のことです。 癌細胞では活性酸素が高頻度に産生されており、SODの阻害に感受性を示す場合があるため、 抗癌剤の標的としてSODが研究されています。

食べる水素
『食べる水素』は、活性酸素を無害化して炎症を抑え、リウマチや喘息、全身の疲労を強力に改善します。

水素入浴
肌や筋肉への酸化ストレスを減らす『水素入浴』は、まさに”若返りの湯”