肝機能障害

B型肝炎C型肝炎だけでなく脂肪肝も肝臓癌を引き起こすが幹細胞強化で進行を阻止。


■肝臓

肝臓は傷ついても正常な部位が補うため症状が現れにくく、沈黙の臓器といわれる

人間ドックを受けた際、異常が最も多く見つかるのはどの項目だと思いますか。日本人間ドック協会の調査によると、 生活習慣病に関する検査項目で最も多く異常が見つかったのは、肝機能障害(32.7%)でした。 肝臓は人間の体の中で最も大きく、重さは体重の50分の1にもなります。 そして、肝臓は「再生能力」「予備能力」という他の臓器にはない特殊な力を持っています。 肝臓の再生能力とは、肝細胞が炎症などによって壊れても、全体の4分の1が残っていれば数ヶ月で再生する力のこと。 予備能力とは、肝細胞が傷ついても他の正常な部分が働きを補う能力のことです。 肝臓は、障害がかなり進まないと症状が現れにくいため、沈黙の臓器とも呼ばれます。

肝臓は、人間の体にとって重要かつ複雑な働きを持っています。

▼有害物質の解毒・代謝
体内にあるアンモニアなどの老廃物や、体外から入ってきた有害物質などを解毒・分解して排出する。

▼栄養素の合成・貯蔵
たんぱく質、糖質、脂質を化学反応によって体に必要な物質に分解し合成して貯蔵する。

▼胆汁の合成・分泌
胆汁は、肝臓から分泌される消化液。脂肪の消化に欠かせない胆汁を十二指腸に分泌する。

上記の3つの働き以外にも、古くなった血液中の赤血球や不要になったホルモンを分解するなど、200以上の働きがある といわれています。そのため、肝臓には再生能力と予備能力が備わっており、少しくらい傷ついても私たちの体を維持するために、 頑張って働いているのです。とはいえ、肝臓の再生能力や予備能力が追いつかないくらい肝機能が悪化すると、 自覚症状が現れるようになります。ホルモンバランスが崩れ、細い血管が広がって掌が赤くなったり、男性の胸が膨らんだりします。 肝臓病が起こる三大原因は、次のようなものです。

@ウィルスによるもの
肝臓病の中でも最も多いのが、ウィルス性肝炎。肝臓癌の原因の97%はB型・C型のウィルス性肝炎です。 日本時のC型肝炎の患者数は約200万人。病気を自覚しないで治療を受けずに肝炎が進行している患者さんが少なくありません。 C型肝炎では約8割が急性肝炎を発症し、そのうちの約7割は慢性肝炎に進みます。 適切な治療を受けないと半数が肝硬変になり、そのうちの6割が肝臓癌を発症します。

A不規則な食生活や運動不足
過食や無理なダイエット、運動不足などによって肝臓に中性脂肪やコレステロールがたまると、肝臓の肥満ともいえる 「脂肪肝」になります。脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が30%以上たまった状態のことです。 以前、脂肪肝はお酒を飲む人に起こりやすい病気といわれていましたが、飲酒とは関係のない 「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」という病気があることがわかってきました。 そして、NASHと呼ばれる非アルコール性脂肪性肝炎に進み、約10年で肝硬変になるリスクが高いといわれています。 さらには、心筋梗塞や脳卒中などの危険も高まることがわかっています。

B過度の飲酒
過食による脂肪肝と同じように、アルコールを摂り過ぎると肝臓に中性脂肪がたまりやすくなります。 お酒を飲むときは、つまみも一緒に食べるので、さらに中性脂肪がたまりやすい状態といえるでしょう。 過度の飲酒が肝臓にはよくないといわれてから、アルコール性の肝硬変はかなり減っていますが、 アルコール性の脂肪肝はそれほど減っていません。

肝機能を調べるうえで欠かせないのが、血液検査です。なかでも注目してほしいのが、ALT、ASTの数値。 ALTもASTも肝細胞に含まれる酵素で、肝臓に異常が起こるとこれらの酵素が血液中に多く流れ出るようになります。 肝硬変になるとASTがALTより高くなり、数値の差が大きいほど肝硬変は進行していると考えられます。 肝炎ウィルスの有無に関係なく、ALTが高いと肝臓癌の危険度が高まります。 ウィルス性肝炎ではなくても脂肪肝炎が肝硬変や肝臓癌へ移行することがあるので、肝機能の検査値は非常に重要です。 肝機能値の改善は、肝臓の炎症を抑えて肝細胞が強化されていることを意味するからです。


代表的な肝機能の基準値
ALT(GPT) 35以下 肝細胞に含まれる酵素。肝臓に炎症が起こると、血液中にALTのあふれ出る量が増える。肝炎など肝臓病で最も重視される数値
AST(GOT) 40以下 肝細胞に含まれる酵素。心臓の筋肉に多く含まれているため、ASTの数値が高い場合は肝臓の病気のほか、 心筋梗塞などの心臓病も疑われる
γ-GTP 50以下 胆管で作られ、解毒作用に関わる酵素。単独で高い人はアルコールの飲み過ぎが原因と考えられるが、 ALTやASTも高ければ脂肪肝も疑われる
ALP
(アルカリホスファターゼ)
2.8〜8.4 胆管で作られる酵素。ALT、AST、γ-GTPも同時に上昇している場合は要注意
総ビリルビン 0.2〜1.2 ビリルビンとは、ヘモグロビン(血液の赤い色素成分)が分解されてできる黄色い物質。 肝細胞の破壊が進むと血液中に出てきて、黄疸を引き起こす
血小板数 15万以上 ウィルス性肝炎の場合、血小板の数値が下がると病気が進行しているサインとなる