肝炎対策

肝臓癌の原因はB型肝炎C型肝炎で約8割を占めています。 新しい抗ウィルス薬の登場など、治療法は大きく進歩しているので、肝炎ウィルス検査で早期発見し、きちんと治療を受けましょう。


■ウィルス性肝炎

肝臓がんのもっとも大きな原因。検査で発見してぜひ治療を。

ウィルス性肝炎B型肝炎ウィルスC型肝炎ウィルスの感染が原因で起こり、肝臓がんに進むことがあります。 肝炎ウィルスに感染している人は、B型が110~140万人、C型が190~230万人と推定されています。 一方、治療を受けているのは、B型とC型を併せて約80万人と推測されています。 肝炎ウィルスに感染しているのに、気付いていない人や治療を受けていない人が、非常に多いことがわかります。 ウィルス性肝炎は、急性肝炎を起こしたり、慢性肝炎を起こしてそれを放置していると、肝硬変、そして肝臓がんへと進む可能性が高まります。 B型肝炎の場合は、慢性肝炎から肝硬変を経ずに、直接肝臓がんになるケースがあります。 肝臓は”沈黙の臓器”ともいわれ、病気があっても症状が現れないことが多く、 急性肝炎では、黄疸、倦怠感、食欲不振、吐き気、嘔吐などの症状が現れることもありますが、風邪などと間違えたり、 症状が軽く済んでしまったりして気が付かない場合が多いのです。 そのため、ウィルス性肝炎に気付かないうちに、慢性肝炎や肝硬変、肝臓がんに進んでしまう人がいます。 B型肝炎もC型肝炎も現在は治療法が進歩してコントロールできる病気になっているので、1人でも多くの人が肝炎ウィルス検査を受けて、 治療につなげていくことが重要です。

●B型肝炎を起こす原因

血液や体液を介して感染するため、かつては母子感染が主な感染源でしたが、1986年にワクチンなどによる母子感染対策がとられてからは、 出産時の感染はほぼ防げるようになりました。1986年より前に生まれた人は、ぜひ一度は検査を受けてください。 現在は性交渉による感染などが多くを占めています。感染すると急性肝炎を起こしますが、ほとんどの場合は自然治癒します。 しかし、ウィルスのタイプによっては、慢性肝炎になることがあります。

●C型肝炎を起こす原因

原因の1つに、輸血による感染があります。輸血用の血液を高い精度で検査できるようになったのは1992年なので、 それ以前に輸血を受けたことがある人は検査を受けるとよいでしょう。 不衛生な状態でのタトゥー・入れ墨・ピアスの穴開け、剃刀の共用などが原因となる場合もあります。


■ウィルス性肝炎の検査

血液検査で、ウィルスの有無がわかる

国が力を入れて実施している肝炎ウィルス検査を一生に一度は受けることをお勧めします。 肝炎ウィルス検査は、全国の保健所指定医療機関で受けられます。 無料で受けられる自治体もあれば、一部自己負担が必要な自治体もあるので、各自治体の保健所に問い合わせてください。 肝炎ウィルス検査は、血液検査で行われます。B型肝炎ウィルス検査は、HBs抗原の、 C型肝炎ウィルス検査HCV抗体の有無を調べます。結果が出るまでに1~2週間かかります。 検査の結果が陽性の場合は、肝炎ウィルスに感染している可能性があるので、必ず肝臓の専門医を受診してください。


■B型肝炎の治療

核酸アナログやインターフェロンによる治療が行われる

B型肝炎は、ウィルスを完全に排除するのが難しい場合が多いため、肝硬変や肝臓がんに進むことを抑えることが治療の目的になります。 主な治療法には、核酸アナログという飲み薬とインターフェロンの注射があります。

▼核酸アナログ
B型肝炎ウィルスの増殖を抑える抗ウィルス薬です。約90%の患者さんに効果があります。 核酸アナログを使い始めると、ウィルスが減少して肝機能が改善します。 ただし、ウィルスがなくなったわけではないので、核酸アナログは数年~十数年にわたって飲み続けます。 自己判断で薬をやめると、ウィルスが再び活動し始めるので注意してください。 副作用はほとんどありません。ただし、胎児への薬の影響が懸念されます。妊娠を希望する場合は、担当医に相談してください。 また、適切に服用を続けないと、核酸アナログが効かなくなる耐性ウィルスができてしまう場合があります。

▼インターフェロン
インターフェロンはウィルスに感染したときに体内で作られるたんぱく質の一種で、ウィルスを排除したり、ウィルスの増殖を抑える働きがあります。 人工的に作ったインターフェロンを注射で補う治療で、週1回の注射を48時間、通院して受けます。 20~40%の患者さんに効果があります。有効率は核酸アナログより低いものの、インターフェロン治療で改善できた場合は、 30~40%の患者さんは薬をやめることができます。ただし、ウィルスを完全に排除できたわけではないので、半年に1回程度の定期的な検査が必要です。 副作用は強く、治療の初期には頭痛や発熱などのインフルエンザのような症状、かゆみや発疹のような皮膚症状が現れたり、 中期には吐き気などの消化器症状、後期には脱毛が起こることがあります。


■C型肝炎の治療

新しい抗ウィルス薬による治療で完治も期待できるように

C型肝炎は、インターフェロンによる治療が中心でしたが、副作用が強いなどの問題がありました。 しかし、新しい抗ウィルス薬の登場で、95%以上の患者さんに完治が期待できるようになっています。 抗ウィルス薬の種類によっては、肝機能障害や、まれに不整脈が出るとの報告がありますが、 薬を中止しなければならないような重い副作用が現れることは、あまり多くありません。 患者さんへの体の負担が少ない治療法ではありますが、注意点もあります。 決められた服用方法を守らず抗ウィルス薬を使うと、その薬が効かなくなる耐性ウィルスが出現することがあります。 また、もともと体内に耐性ウィルスを持っている人がおり、その場合は、抗ウィルス薬が原因でより強力な耐性ウィルスができてしまうことがあります。 治療を始める前に、ウィルスの遺伝子型を調べる検査を受けるようにしましょう。 また、C型肝炎の抗ウィルス薬と一緒に使うと、重い副作用が出たり、効果が薄れてしまう薬が少なくありません。 他に持病の薬などを飲んでいる場合は、事前に医師に伝えてください。


■治療費の問題

抗ウィルス薬による治療は非常に有効で、患者さんの体への負担も少なく、期待されています。 しかし一方で、B型肝炎では薬による治療が長期に及ぶこと、C型肝炎では薬の価格が非常に高価であることなどから、経済的な負担が大きく、 治療を受けるのをためらう原因の1つにもなっています。 これらの経済的負担を減らす制度として、医療費助成制度があります。 B型肝炎やC型肝炎で、内服の抗ウィルス薬による治療だけでなく、インターフェロンによる治療も対象になります。 各自治体の保健所に確認するとよいでしょう。