糖質制限

私たちが生きていくためのエネルギーを生成するエンジンは2種類あります。 1つは『解糖エンジン』、もう1つは『ミトコンドリアエンジン』です。 そして、若いときと中高年では、メインのエンジンが異なり、 若いときには糖質を燃料とする解糖エンジンがメインエンジンですが、 50歳頃からは、酸素を燃やすミトコンドリアエンジンに入れ替わります。 ミトコンドリアは長時間継続してエネルギーを作り出す持続力があるので、効率的にエネルギーを作り出せます。

50歳からは、体のメインエンジンが、解糖エンジンからミトコンドリアエンジンに切り替わるので、 必要以上の糖質は摂る必要がありません。50歳を過ぎても糖質を多く摂っていると、解糖エンジンも活発に働いてしまうので、 ミトコンドリアエンジンの働きが悪くなります。酸素を燃料とするミトコンドリアエンジンが支障を来すと、 取り込んだ大量の酸素から活性酸素が作り出されます。この活性酸素が老化を加速させるのです。 また、余った糖質が、たんぱく質とくっつく 「糖化」という現象が起こり、糖化もまた老化を促進させる大きな原因の1つです。

癌になる人の数は、50歳頃から急激に増加し、高齢になるほど罹患率が上がっていきます。 この原因は、ミトコンドリアエンジンがメインになったのに、解糖エンジンを動かし続ける食生活にあると考えられます。 また、ミトコンドリアエンジンが37℃ぐらいの温度でよく働くのに対し、 解糖エンジンは35℃ぐらいの低体温かつ低酸素の環境でよく作動します。 さらに解糖エンジンは糖質を燃料としますから、高糖質、低体温、低酸素の3拍子が揃うと、癌細胞が活発化するのです。 したがって、50歳からの癌予防は、まず糖質を控え、解糖エンジンの働きを抑えることです。
(*本文は下の方にあります)


■2つのエンジン

若いときと中高年では、メインのエンジンが異なる

私たちが生きていくためには、エネルギーが必要です。そのエネルギーを生成するエンジンは2種類あります。 1つは「解糖エンジン」で、もう一つは「ミトコンドリアエンジン」です。 解糖エンジンは砂糖だけでなく、ご飯やパン、麺類など、体内で糖に変わる炭水化物(糖質)も含まれます。 解糖エンジンは瞬発力のある動きをしたり、皮膚や粘膜、筋肉などの材料を作り出します。 一方、ミトコンドリアエンジンは、酸素を燃やしてエネルギーを作り出します。 このエンジンは持続力に優れています。心臓や脳の神経細胞は持続して働き続けなければならないので、 ミトコンドリアエンジンからエネルギーが供給されます。
2種類のエンジンは同時に働いていますが、メインとサブに分かれています。 若い頃は解糖エンジンがメインで働きますが、50歳前後になると、ミトコンドリアエンジンがメインに入れ替わります。 50歳というのは生殖年齢が終わるころです。鮭が卵を産んだら死ぬように、生物は子孫を残す能力失うと、死を迎えます。 生殖年齢が終わってから、数十年も生き続けるのは人間だけです。

◆ミトコンドリアは効率的にエネルギーを作り出せる

若く活動的な時は、瞬発力に対応できる解糖エンジンがよく働きます。したがって、ご飯やパン、イモ類などの 糖質が豊富な食べ物をきちんと食べる必要があります。最近、糖質制限ダイエットがブームですが、 若い人がやると全体のエネルギー量が減り、活力を保てなくなります。 一方、50歳以上からメインエンジンになるミトコンドリアは、人体に60兆個あるといわれる細胞の中にある小さな器官です。 1つの細胞の中には、数個から数千個のミトコンドリアが存在します。 ミトコンドリアは体内に酸素を取り入れて、エネルギーを作り出します。長時間継続してエネルギーを作り出す持続力があるので、 ミトコンドリアエンジンは、解糖エンジンより効率的にエネルギーを生み出せるのです。 生殖年齢を終えた50歳以降は、若者のように糖質を必要としません。 逆に酸素をしっかり取り入れて、ミトコンドリアエンジンを動かす必要があります。
ちなみに、ミトコンドリアエンジンは、37℃くらいでよく働くので、50歳以上の人は体を冷やさないようにして、 酸素をたくさん吸いこむような体の動かし方が勧められます。高齢者に太極拳やヨガがよいといわれるのも、 こうしたからだの仕組みを知れ蕃っ得できます。