更年期障害

更年期」になると、体にさまざまな不調をきたすだけでなく、
気持ちが落ち込んだり、やる気が出なくなることもあります。
つらいと感じる場合には、我慢しすぎず、更年期外来や女性外来、婦人科などを受診することが大切です。

健康21 > 更年期障害

■更年期障害

女性は、40〜50歳代になると卵巣の機能が衰え始め、やがて閉経を迎えます。 『更年期』とは、卵巣の機能が低下して、女性ホルモンの分泌が急激に減少していく時期のことです。 日本人女性の場合、平均的にはだいたい50歳前後で閉経するため、 その前後5年づつ、45〜55歳の10年間が更年期とされます。しかし、閉経の時期には個人差があり、 更年期が始まる時期も人によって異なります。 一般的に更年期には、心身にさまざまな症状が起こりますが、現れる症状の種類や程度は人によって異なります。 非常に軽くて気にならない人もいますが、複数の症状や重い症状によって、つらい思いをしている人も少なくありません。



●更年期障害の女性特有の煩わしい症状

体の不調や気持ちの落ち込みなどで生活に支障が生じることも

▼身体症状
更年期に特徴的な症状が「のぼせ、発汗」です。 気温に関係なく、急に顔や上半身が熱くなったり汗が出たりしますが、しばらくすると 治まります。他にも、「冷え、動悸、肩こり、腰痛、頭痛、めまい、関節痛、吐き気、 疲れやすい、だるい、体調が悪い」など、人によってさまざまな症状が 現れることがあります。

▼精神症状
「落ち込み、憂鬱、イライラ、やる気が出ない」などの症状があります。 他にも、「不安、集中力・思考力の低下、不眠」などを訴える人もいます。

身体症状が強く現れ、日常生活に支障が生じる場合もあります。 また、精神症状が強く現れ、以前はできていた家事や仕事ができなくなり、 「QOL(生活の質)」が著しく低下することも多いといえます。 この時期に、家に閉じこもりがちになる、人との付き合いを避けるなど、 それまでに培ってきた人間関係に支障を来たし、更年期以降の生活に影響が出ることもあります。 また、更年期に関連して骨粗鬆症や動脈硬化なども起こりがちになってくるので、これらにも注意が必要です。 更年期症状のために、少しでもつらいと感じたり、日常生活に支障が生じている場合は、 更年期外来や女性外来、更年期に詳しい婦人科などを受診して相談することが大切です。 多少の症状があっても、それが気にならないようなら、特に受診の必要はありません。


▼更年期障害に関連する病気や症状

更年期に関連して、次のような病気や症状が起こりやすくなるので、注意が必要です。

▼骨粗鬆症
女性ホルモンには、骨を強くする働きがあります。 閉経後は、女性ホルモンの分泌低下に伴い、急激に骨量が減り、 骨粗鬆症になりやすくなります。

▼動脈硬化・高脂血症
女性ホルモンには、血中のコレステロール値を低く抑える働きがあります。 閉経後は、血中コレステロール値が高くなり、高脂血症や動脈硬化が起こりやすくなります。

▼老人性膣炎・性交時の痛み
女性ホルモンの分泌が低下すると、膣の粘膜が萎縮したり乾燥しやすくなり(老人性膣炎) 「ヒリヒリ感、性交時の痛み」などが起こりやすくなります。

▼頻尿・尿失禁
加齢や女性ホルモンの分泌低下に伴い、膀胱などを支える筋肉(骨盤底筋)が緩んだり、 膀胱の粘膜が萎縮したりして、頻尿や尿失禁が起こりやすくなります。

▼記憶・認知機能低下
女性ホルモンには、脳細胞を保護したり、脳血流を維持する働きがあります。 女性ホルモンの分泌が低下すると、記憶や認知機能、体のバランスをとる働きなどが 影響を受けると考えられています。


●更年期障害の症状の原因

ホルモンバランスの乱れが自律神経の働きにも影響する

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」があります。 これらの女性ホルモンは、月経・妊娠・出産をコントロールするほか、 全身に対しさまざまな働きで女性の健康を支えています。


▼自律神経が影響を受けるのが原因

更年期症状がおきる主な原因は、女性ホルモンの分泌低下です。 ホルモン分泌の中枢は、脳の「視床下部」にあります。視床下部から「下垂体」へ、 下垂体から「卵巣」へと刺激が伝わって、女性ホルモンが分泌されます。 更年期になり、女性ホルモンの分泌が低下すると、分泌を高めようとして、 視床下部の働きがさらに活発になり、下垂体を刺激します。 下垂体はより多くの性刺激ホルモンを分泌して、卵巣を刺激します。 ところが、卵巣が反応せず、女性ホルモンが分泌されないので、視床下部の過活動の状態が続きます。 視床下部には自律神経の中枢もあるため、その影響から自律神経失調症が起こると考えられます。 また、その影響は脳の感情などに関係する部位(大脳縁辺系)にも及び、精神症状が起こると考えられます。


▼ストレスや性格の影響

その人のおかれた環境や性格なども、症状の現れ方に影響を与えています。 女性ホルモンの分泌低下に、環境から生じるストレスや、個人の性格などの要因が加わることで、 更年期の症状が起こると考えられています。

▼ストレス
更年期は、多くの女性にとって環境が大きく変化する時期に当たります。 例えば、「親の介護」「夫婦や親子の問題」「経済的な問題」「職場の問題」 などから生じるストレスにさらされがちな時期です。

▼性格
一般に、「几帳面、完璧主義」などの性格の人は、ストレスの影響を受けやすく、 更年期の症状が出やすいといわれています。


●更年期障害の症状の検査

検査では血中のエストロゲン濃度などを調べる

更年期の症状を疑って受診した場合は、次のような問診や検査が行われます。

▼問診
どんな症状か、いつごろから現れているかなどを聞きます。

▼エストロゲンなどの測定
血液を採取し、エストロゲンや性刺激ホルモンの影響を調べます。

▼他の病気についての検査
他の病気が原因で、更年期のような症状が起こっている場合もあります。 必要に応じて子宮や卵巣、心臓、甲状腺、肝臓などの検査が行われ、他の病気の有無を調べます。

検査の結果、血中のエストロゲン濃度が低く、加えて性刺激ホルモンの濃度が高く、 他の病気がないことが確認された場合に、更年期障害であると診断されます。



●更年期障害の治療




●関連項目





 更年期障害対策
 薬物療法
 生活療法
 更年期障害Q&A
  更年期女性の高血圧
  更年期鬱病
  更年期障害に「プラセンタ療法」
 更年期障害対策サプリメント
 ニンニク
 イソフラボン
 黒豆茶
 プエラリア
 コラーゲン
 プラセンタ
 ザクロ
 ローヤルゼリー
 日本山人参
 高麗人参
 健康21
 -
 -
 -