便秘症

便秘』は脳梗塞・脳溢血・心筋梗塞などの循環器系疾患やアトピー性皮膚炎・ 気管支喘息などのアレルギー疾患、膠原病(関節リウマチなど)・関節痛・筋肉痛・皮膚硬化、 癌などさまざまな病気の発症に関係していると言われています。
(*本文は下の方にあります)


便秘症

■便秘症とは?

便秘には2種類ある

「便の出が悪い」「便が硬い」「便が残っている感じがする(すっきりしない)」といった、 便通に不快感を感じる状態を『便秘』といい、 便秘の種類には、大腸やその周辺の病気によって便の通り道が狭められるために起こる「器質性便秘」と 腸の働きが悪くなったために起こる「機能性便秘」の2種類のタイプがあります。

▼器質性便秘
便秘のほとんどは生活習慣が原因ですが、重大な病気から起こることもあります。 例えば、腫瘍などで大腸が塞がったり、大腸に起こった炎症で大腸の一部が狭くなって(狭窄)、 便通が悪くなることがあります。このような大腸やその周辺の異常から起こる便秘を「器質性便秘」といい、 器質性便秘の改善には、医療機関での治療が必要です。
「たまにしか起こらなかったのに便秘を繰り返すようになった」
「便秘と下痢を繰り返すようになった」
「便に赤い血が混じる」
といった場合には、器質性便秘の可能性があるので、すぐに消化器内科などを受診してください。

▼機能性便秘
便秘のそのほとんどが、日常生活が関係して起こる「機能性便秘」です。 機能性便秘は、腸の働きが低下して起こります。機能性便秘の「診断基準」のなかには、 「排便回数が週に3回未満」という項目がありますが、 この項目に当てはまっても本人が便通に不快を感じていなければ問題はありません。 逆に週に3回以上排便があっても、便通に不快感があれば便秘といえます。 機能性便秘の改善には、生活習慣を改善することが重要です。

日常的に悩まされる常習性の便秘のほとんどは「機能性便秘」で、機能性便秘は、 大きく「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」に分けることができます。

▼弛緩性便秘
大腸の緊張が緩んで、蠕動運動が弱くなり、便がうまく運ばれないために起こります。高齢者に多いタイプです。

▼痙攣性便秘
大腸の蠕動運動が強すぎて、痙攣するように締まったり、腸管がくびれて狭くなったりするために、 便の通過が妨げられるために起こります。若い人に多いタイプです。

ただし、「弛緩性便秘」と「痙攣性便秘」とを客観的に調べ判別する方法はありません。 また、精神的なストレスによって便通異常や腹痛などが起こる「過敏性腸症候群」でも、 症状として便秘だけが現れる場合もあり、単なる便秘と区別がつきません。 機能性便秘の解消には、「排便習慣の改善、食物繊維の多い食事、適度な運動」などが必要不可欠です。


■機能性便秘の原因

食物繊維の不足などで腸の働きが悪くなって便通が悪くなる

機能性便秘の多くは、次のような生活習慣が原因です。

▼食物繊維の摂取不足
便を形作る食物繊維が不足すると、便ができにくくなり、便通が悪くなります。

▼朝食を抜く
食べ物が胃に入ると、その刺激が脳に伝わり、腸の運動を促す指令が出されます。 この指令は特に朝に強く出るため、朝食を抜くと便意が起こりにくくなります。

▼不規則な食事
食事を摂る時間が不規則だと、胃腸の働きをつかさどる「自律神経」に影響が出て、腸の働きが乱れやすくなり、 便通が悪くなります。

▼運動不足
運動不足だと、便を外に押し出す腹筋が弱くなったり、大腸の働きが低下し、便通が悪くなります。

▼トイレに行くのを我慢する
排便を我慢していると、便意を感じにくくなってしまいます。

▼ストレス
過度なストレスは自律神経の働きを低下させ、便通を悪くします。

■宿便は万病の元

腸内にこびり付いた「宿便」は、腸内細菌が出す酵素によって分解・吸収されますが、 宿便は次々に作られるので腸内細菌による処理能力が追いつかず、 腸内には常に宿便が溜まっている状態が継続します。 しかも、宿便は異常発酵(腐敗)して、それが腸壁の血管から体内へ吸収され、全身に回ります。 当然、発酵・腐敗する過程で作られた毒素も体内に吸収され、 それによって、頭痛・肩こり・めまい・倦怠感などの不定愁訴が引き起こされることになります。 さらには、宿便は脳梗塞・脳溢血・心筋梗塞などの循環器系疾患やアトピー性皮膚炎・ 気管支喘息などのアレルギー疾患、膠原病(関節リウマチなど)・関節痛・筋肉痛・皮膚硬化、 癌などさまざまな病気の発症に関係していると言われています。