胃潰瘍

胃潰瘍』の7〜8割は「ピロリ菌」、2〜3割は痛み止めに使う薬「NSAIDS」の影響によって起こります。 薬が原因で起こる胃潰瘍が増えているので、注意が必要です。


■胃潰瘍とは?

胃液の酸で胃壁が傷つき、えぐれた状態になる病気

胃で分泌される「胃液」は、食べ物を消化したり、食べ物と一緒に入ってきた細菌を殺菌したりする働きをしています。 そのため胃液は強い酸性ですがそれで胃が溶けてしまうことは通常ありません。 胃壁の表面を覆う粘膜が、胃液に対する防御機能を持っているからです。 しかし、その防御機能が弱くなると、胃液によって胃壁が傷つき、穴を掘ったようにえぐれた状態になります。 これが『胃潰瘍』です。


●胃潰瘍の症状とは?

胃潰瘍ができると、「胃痛」や「胃のむかつき」といった代表的な自覚症状が現れるようになります。 重症の場合には、患部から出血することで、「吐血」や「下血」が起こることもあります。 下血では、黒い便や赤い便が出るようになります。また、患部からの出血が続いた場合、「貧血」が起きてきます。 貧血になると、それによって「動悸」や「息切れ」が起こりやすくなります。 胃壁が深く掘られてしまい、ついに穴が貫通して「穿孔」という状態になることもあります。 この場合には、非常に激しい痛みが起こります。
胃潰瘍は、軽症から始まって次第に重症化する病気ではなく、一般的に起こったときが最も重症です。 そのため、最初から重い症状が現れることがあります。 かつては、胃潰瘍はストレスによって起こると言われていましたが、ストレスだけで胃潰瘍が起こることは少ないのです。 重要な原因は「ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)」の感染と、 痛み止めとして使われる「NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)」の内服です。