大腸憩室

大腸憩室』は、高齢者や便秘症の人に多い病気です。 大腸憩室は、昔は日本人には少なかった病気ですが、近年増加傾向にあり、男性に多く、年代が上がるにつれて増えていきます。


■大腸憩室とは?

大腸の壁が外側に押し出されて、できた窪みに炎症が起きる

便やガスが通過する際にかかる大腸の中の圧力によって、大腸の粘膜の一部が袋状となって外側に押し出されると、 直径数mm程度のポケット状の窪みができます。この窪みを『大腸憩室』といいます。 憩室は多数できることもありますが、憩室があるだけならあまり問題はありません。 しかし、憩室に細菌感染が起こると、炎症を生じることがあります。 これが「大腸憩室炎」で、感染は、便が憩室の中に入り込んで、起こることもあります。 大腸憩室炎を起こすと、お腹の右下や左下辺りに腹痛が起こります。炎症がひどくなると、発熱が起きたり、 炎症部分から出血して血便が現れることもあり、人によっては腹痛を繰り返すこともあります。 また、炎症を伴わず突然出血し、血便だけが現れる「大腸憩室出血」を起こしたり、 粘膜間に膿をもったりすこともあります。「憩室」が破れると、腸の内容物が腹腔にばらまかれて、 「腹膜炎」を起こすことになります。

原因としては、肉食が多く、繊維質が少ない食事が指摘されています。
高脂肪、美食、ストレスを避け、和風の食事に切り替えることで症状は改善してきます。


■大腸憩室が起こりやすい人

「大腸憩室」ができやすいのは、高齢者や便秘がちの人です。
高齢者の大腸に憩室ができやすいのは、加齢と共に大腸壁の筋層が弱って、腸内の圧力に負けやすくなるからです。 60歳以上では約2割の人に憩室があるといわれています。 また、便秘がちの人も、大腸に大量の便が滞留して大腸の圧力が高まるために、 大腸の壁の薄い部位に憩室ができることがあるので、若い人でも大腸憩室ができやすいのです。 窪みができていること自体、正常な形の腸とはいえず、憩室ができる人の腸は、硬く、狭くなっています。 このような腸は、部分的に痙攣や収縮が見られるので、便やガスの流れが阻害され、便秘を引き起こします。


■大腸憩室炎の診断と治療

「抗菌薬」を使用するのが基本。炎症が強ければ絶食する

●大腸憩室炎の診断

急な腹痛や発熱で医療機関を受診した場合、問診で症状や便秘の有無などを聞き、血液検査で炎症の有無などを調べます。 血液検査の結果、炎症がそれほど強くなければ、「大腸内視鏡検査」や「注腸造影検査」で 憩室の部位や炎症の程度などを調べます。ただし、炎症が強い場合は、病状を悪化させる可能性があるので、 大腸内視鏡検査や注腸造影検査は行わず、「CT検査」などを行います。

●大腸憩室炎の治療

軽い場合は外来で、重症の場合は入院して治療します。 治療では「抗菌薬」の内服薬や注射薬を用いて炎症を抑え、炎症が強い場合は、同時に1日程度絶食して腸を安静にします。 多くは3〜4日程度で炎症は治まりますが、抗菌薬は1週間ほど使用します。
ただし、憩室に完全に孔が開いて腹膜炎を起こしてしまった場合や、細菌感染により憩室に「膿瘍(膿がたまった状態)」 ができた場合などは、緊急手術が必要になります。 時に、大出血を起こすこともあり、絶食しても出血が止まらない場合は、内視鏡で止血します。