逆流性食道炎

逆流性食道炎』は、加齢とともに起こりやすくなる病気の1つです。 もともと欧米に多い病気ですが、「高齢化」や「食生活の欧米化」などを背景に、日本でも患者が増える傾向にあります。


■逆流性食道炎

胸焼けの他、胸やのどの違和感などさまざま

『逆流性食道炎』は、胃から食道へ胃液が逆流し、食道の粘膜に炎症が起きる病気で、 その代表的な症状が「胸焼け」とされます。 胸焼けは、説明がしにくい症状です。胸焼けをはっきり自覚している患者がいる一方、 違和感などの症状を感じていても、それを胸焼けとは思っていなかったり、 治療の対象となる症状とは思っていない患者も少なくありません。 また、胸の痛みとして感じられることもあり、狭心症と間違われて救急車で運ばれた人もいます。


●逆流性食道炎の主な症状

▼胸焼け
胃液に含まれる胃酸が食道の粘膜を刺激することで起こります。 一般に、みぞおちの辺りに起こる”焼けるような””熱いような”不快感をいいます。 ”何となくスッキリしない”と感じる程度のこともあります。
▼呑酸
口の中に酸っぱいような、苦いような胃液がこみ上げてきます。
▼のどの違和感やつかえる感じ、胸の痛み
胃酸が刺激するのは食道の下部ですが、のどや胸に症状を感じることがあります。 まれに、耳の痛みとして感じる人もいます。
▼胃もたれ
胃にいつまでも食べ物が残り、胃もたれを訴える人もいます。

胸焼けなどの症状が最もよく起こるのは、食後です。他に、夜中寝ているときや、 前かがみの姿勢になるなど、腹圧がかかったときに起こることもあります。 症状の感じ方や感じるタイミングによっては、逆流性食道炎とは気付きにくいこともあるようです。

◆睡眠などQOLが低下する

胸焼けなどが頻繁に起こると、「QOL(生活の質)」の低下を招くこともあります。 患者は、例えば次のようなことで悩んでいます。

  • 食べ過ぎると胸焼けがひどくなるので、食べたいものを控えざるをえない。
  • 夜中に呑酸が起こると、咳き込んで目が覚めるので、よく眠れない。
  • 前かがみの姿勢をとる動作や作業を行なうと、呑酸が起こるので、そのような動作や作業ができない。
  • 不快な症状が頻繁に起こるため、仕事などに集中できない。何となく憂鬱だ。

誕生日にケーキが食べられない・・・・・。
同僚とお酒を飲みにいっても、自分だけ揚げ物が食べられない・・・・・。
たかがケーキ、たかが揚げ物と思われるかもしれませんが、患者にとってはつらいことです。 このような状態はQOLの低下ととらえられるので、積極的に治療します。

胸焼けが1週間以上続いたり、胸焼け以外の症状があるようなら、逆流性食道炎が疑われるので、 消化器内科など消化器を専門とする科の受診をおすすめします。 1ヶ月間は続いていなくても、何度も胸焼けなどが起きて気になって仕方がないという場合も、 受診して相談するとよいでしょう。


■食道の粘膜の状態

放置すると「食道狭窄」が起こる危険性がある

●ただれがない場合もある

逆流性食道炎は、胃液によって食道の粘膜にただれなどができる病気です。 しかし日本では、症状を訴える人に内視鏡検査を行っても、実際ににただれが見つかるのは約半数です。 全体の約1/4は、「ただれはなく、色調変化が認められる微細変化型」で、 残りの約1/4は「粘膜にまったく変化が認められない正常型」とされます。 これら2つのタイプは、ただれはなくても、粘膜が敏感になっているために症状を感じると考えられていて、 治療の対象となります。

●食道内腔が狭くなることがある

逆流性食道炎を放置すると、「食道狭窄」が起こることがあります。 食道狭窄とは、食道の内腔が狭くなる病態で、逆流性食道炎では粘膜のただれたところが瘢痕となって狭窄が起こります。 その結果、食べ物が通りにくくなり、栄養を十分に摂取できなくなります。 食道狭窄の治療には「バルーン」と呼ばれる器具を入れて、内腔を押し広げる治療法や手術療法などがありますが、 治療の難しい病気です。QOLを改善するためにも、食道狭窄を起こさないためにも、 逆流性食道炎の治療をきちんと行なうことが大切です。 なお、日本人の場合、逆流性食道炎が食道がんになることはまれで、心配する必要はほとんどないといわれています。