排尿障害(頻尿・尿漏れ・失禁)対策

尿意切迫感、頻尿尿漏れ、尿失禁などの排尿のトラブルを我慢すると、集中力が欠如したり、 外出が億劫になったりなどQOLの低下を招くので早めに対策を取りましょう。
(*本文は下の方にあります)


排尿障害(頻尿・尿漏れ・失禁)対策

■排尿障害(蓄尿障害)

軽い尿トラブルから過活動膀胱まで

すぐトイレに行きたくなる。
少しづつ尿が漏れてしまう。
クシャミをしたとたんに尿が漏れた。

など尿意切迫感、頻尿、尿失禁などの症状で悩む人が増えています。 他人にはなかなか話しにくいのが、排尿についての悩みです。 「命に関わるわけでもないし、痛みもない、たかがおしっこぐらいで」などと軽んじられてしまいがちですが、 本人にとっては、深刻な問題です。尿のトラブルを我慢すると、集中力が欠如したり、 行動が制限されて外出が億劫になったり、眠れなくなるなど、QOL(生活の質)の低下を招き、 社会生活や心の健康にまで影響が出る場合もあります。

頻尿・尿漏れ・尿失禁は、年齢や体質、寒さのせいではありません。 膀胱の働きが悪くなる「蓄尿障害」という病気です。 国際禁制学会では、蓄尿障害の大きな要因である尿意切迫感煮注目して、尿意切迫感を主症状とする新しい病気 「過活動膀胱」を定義づけました。

過活動膀胱

頻尿・尿漏れ・尿失禁は、膀胱の働きが悪くなる「蓄尿障害」という病気で、国際禁制学会は、 蓄尿障害の大きな原因である尿意切迫感(突然の我慢できないほど強い病的な尿意)に注目して、 尿意切迫感を主症状とする新しい症候群『過活動膀胱』を定義しました。 過活動膀胱は中高年の8人に1人がなやんでいる現代病です。



■女性の排尿障害

女性に圧倒的に多い「尿漏れ」

女性に多いのが「尿失禁」、つまり尿漏れで、成人女性の4人に1人は経験しているといわれています。 男性は、尿道の長さが20〜25cmあるのに対し、女性は4〜5cmと短いことも漏れやすさに関係しています。 尿漏れは、起こる原因や漏れ方によっていろいろなタイプがありますが、最も多いのが「腹圧性尿失禁」。 クシャミや咳をしたとき、笑ったときなど、お腹に圧力がかかった拍子に、起こる尿漏れです。 骨盤の中で臓器を支えている骨盤底筋が弱ってきた場合、膀胱や尿道をしっかり支えられなくなるのが 原因とされています。

妊娠や出産後、尿漏れを経験するケースはたくさんあります。妊娠中は、胎児の重みで骨盤底が圧迫されやすく、 また出産直後は、骨盤底筋が傷んだ結果、尿漏れを引き起こしやすくなるのです。 年齢を重ねると、骨盤底の筋力は徐々に低下します。またホルモンの関係や肥満によっても骨盤底の筋肉は緩んできます。 医療機関で相談する場合、泌尿器科はもちろん、尿失禁外来のある婦人科で受診してもよいでしょう。


■男性の排尿障害

男性の排尿障害は前立腺に多く起因

男性の排尿にまつわる悩みには、「前立腺肥大症」が原因になる場合がしばしばあります。 症状は、尿が出にくい、尿に勢いがなくなった、何度もトイレに行きたくなるなど、 加齢によりホルモンがアンバランスになることも関係し、前立腺が肥大。 尿道を圧迫されて排尿障害を引き起こすのです。また前立腺肥大症から、過活動膀胱を起こすケースもあります。
前立腺肥大症は薬で改善することができます。自律神経からの指令をブロックし、尿道を広げて排尿しやすくする α1ブロッカーという薬、男性ホルモンの作用を抑制し、肥大をとめる抗男性ホルモン剤などがあります。 また、漢方薬も症状を和らげます。

●前立腺

「前立腺」は男性だけにあるクルミ大の生殖器官です。膀胱のすぐ下にあり、中心を尿道が通っていて、 精液の一部となる「前立腺液」を分泌しています。この前立腺の組織が肥大し、尿道を圧迫して 尿のトラブルを起こすのが『前立腺肥大症』です。 前立腺は尿道を取り囲むように存在するので、これが腫れることにより尿道を圧迫し、排尿を困難にします。
前立腺は、男性ホルモンの影響を受ける臓器です。加齢に伴って男性ホルモンのバランスが崩れてくると、 多くの場合、前立腺の尿道に近い部分にしこりのようなものができます。 このしこりが徐々に大きくなって尿道を圧迫し、さまざまな「排尿障害」 が起こってくると考えられています。 前立腺に問題がなければ尿道の流れを妨げない程度に柔軟ですが、前立腺が硬くなれば尿道が締め付けられ、 尿道の流れが妨げられます。

前立腺肥大症

膀胱の筋肉は尿を流すためにある程度強くできていますが、 膀胱の筋肉が前立腺の硬さに勝てなくなり、尿の流れが著しく妨害されたときに深刻な問題が起こります。 前立腺肥大の症状は、頻尿、夜尿、尿の出し止めの困難、排尿時の痛み、灼熱感などの排尿障害があります。

前立腺肥大症は加齢とともに増える病気で、50代で約50%、70代で約70%の方が排尿障害を訴えています。 程度の差こそあれ、高齢の男性にはほぼ100%発症するため、男性の更年期障害、老化の現われと言われています。 現在、約80万人が治療を受けており、年々増えています。 また、食生活が欧米化して、日本人が動物性脂肪や肉などの動物性たんぱく質を摂取するようになったことも、、 前立腺肥大症患者数の増加に関係していると考えられています。

●前立腺炎

『前立腺炎』は急性または慢性の前立腺の炎症で、 外部から前立腺に進入したバクテリアによって起こります。 この炎症は尿の残留を引き起こし、膀胱は膨張し、もろくなり、感染を受けやすくなり、 さらに腎臓にも影響を及ぼします。 急性の前立腺炎は陰嚢と肛門の間の灼熱感と痛み、頻尿、血尿および膿尿等の症状を伴います。 慢性の 前立腺炎は、通常、頻尿や排尿時の灼熱感などの排尿障害、血尿、腰部の痛み、 インポテンツ等の症状を伴います。


■排尿障害・尿漏れ対策

排尿障害の予防・改善のため生活に工夫を

尿漏れ対策としてまず大切なのは、日常生活の中でいろいろ工夫し、前向きに爽やかに暮らすことです。 男女とも年齢とともに尿道括約筋、すなわち泌尿器周りの筋肉が衰えてきます。 特に女性は、骨盤底をなるべく緩めさせないような生活習慣を付けましょう。 骨盤底を鍛えるトレーニングも有効です。肛門と膣を絞り込んだり、緩めたりの動作を繰り返すことにより、 次第に効果が出てくるはずです。

●排尿障害・尿漏れを助けるグッズ

排尿障害の心強い見方となる、専用グッズがいろいろ市販されています。 尿漏れが気になりだしたら、「尿漏れパッド」を活用すると安心です。 尿の量によって、薄型タイプから整理用ナプキンくらいのサイズまでいろいろあります。 トイレが見つからない場合の緊急用として、「排尿バッグ」もあります。 軽症尿失禁用ショーツは、尿を吸水し、肌の濡れた感覚も抑えた素材を使っています。 消臭や抗菌効果もバッチリ。一般の下着のように履けるので、抵抗感が少ないのが特長です。 紙おむつも、素材や形態がどんどん進化しており、症状や目的に合わせて選択できます。 たとえ排尿の心配があっても、これらのグッズを上手に活用すれば、楽しく明るい生活が送れることでしょう。

●排尿障害に有効とされる成分

骨盤底筋、泌尿器周りの筋肉を引き締める上で、漢方の生薬である「山グミの実」が効果があるといわれています。 漢方では尿や汗などが漏れ出てくるのを抑える生薬を固渋薬といい、山グミの他に「烏賊骨」「鳥梅」 などがあります。 サプリメントを飲むのも予防や改善のためには一つの方法です。前立腺肥大症を抑えるといわれるのが 「ノコギリヤシ」。尿をきれいにするとされている「クランベリー」や、 ドイツでは薬用カボチャといわれている「ペポカボチャ種子」などがあります。


ノコギリヤシエキス
「ノコギリヤシエキス」は、北米原産のシュロ属ヤシ科の低木です。 果実から抽出されたエキスは、ドイツなどでは医薬品に用いられています。 ノコギリヤシの果実は昔から前立腺の治療に使われていましたが、その治療法がプラセボ(偽薬) との比較などの科学的研究によって検証されたのはほんの最近のことです。 前立腺が肥大するのはジヒドロ・テストステロン(男性ホルモン)というホルモンが過剰に分泌するためで、 ノコギリヤシの脂溶性エキスは、テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT) への変換を抑制し、前立腺細胞の過形成を防止するなどの化学反応を起こします。 これにより頻尿、夜尿、排尿能力の低下などの排尿障害症状が劇的に改善します。

カボチャエキス
「南瓜種エキス」は亜鉛を豊富に含み、前立腺肥大を縮小させ、前立腺肥大の症状を鎮めます。 また、前立腺細胞の過形成を促進するホルモンの抑制、男性ホルモンの排泄の促進などによって 排尿障害を改善する効果があるとされています。

クランベリー
クランベリーの主成分であるキナ酸という酸と、ポリフェノールの一種であるプロアントシアニジンという成分が 膀胱炎に対して効果を発揮します。

▼ピジウムエキス
「ピジウム」は南アフリカなどに生育する常緑性の高木で、樹皮が治療に使われます。 ピジウムの主な3成分、フィトステロール(植物性ステロール)、 テルペノイドと特殊な植物性アルコールが前立腺および尿路系疾患に効果を発揮します。 植物性ステロールは抗炎症作用、テルペノイドは利尿作用と抗浮腫作用、 特殊アルコールは前立腺に蓄積するコレステロールの副産物の蓄積を減少させるという効果があります。 ピジウムは症状を改善すると同時に前立腺肥大を根本的に治療します。 ピジウムは症状を改善するばかりでなく、前立腺肥大・排尿障害の回復に希望が持てる初めてのハーブです。

亜麻仁油
「亜麻仁油」は種々の臓器に必要なオメガ-3脂肪酸の最も優れた資源の1つです。 ある研究では必須脂肪酸を食事と一緒に摂取すると、前立腺肥大や排尿障害の多くの患者に著しい改善が見られました。