耳の病気(耳鳴り・難聴)

現在、日本では耳鳴り難聴めまいを訴えている人はおよそ2000万人いると言われています。 耳鳴り・難聴・めまいは併発することが多く、耳鳴りを感じる人の約90%が難聴を伴っています。 また、難聴を訴える人の約50%に耳鳴りが認められます。 耳鳴りには、高音のものと低音のものがあります。高音の耳鳴りは「キーン」「ジーッ」「ピー」といった金属音や セミの鳴き声、電子音などです。老人性難聴を始め、突発性難聴、騒音性難聴などが原因と考えられています。 一方、低温の耳鳴りは、「ブーン」「ボーン」「ゴーッ」といった低い音です。 メニエール病や急性低音障害型感難聴などが原因として考えられます。 あなたの耳鳴り・難聴は高音ですか?それとも低音ですか? めまいはグルグルですか?フワフワですか? 原因不明の「耳のトラブル」を徹底チェックしましょう!! 耳鳴り患者の9割が難聴を併発し、耳鳴りの音に近い高さの音が聞こえなくなります。


■聴覚の衰え

聴覚の衰えは20代で始まるが、自覚するのは50〜60代で、耳鳴り・めまいを併発しやすい

私たちの聴覚は、20歳を過ぎたころから、既に老化が始まっています。 その事実を示す例として「モスキート音」が挙げられます。 モスキート音は、若者には聞こえるけれど、年齢が高い人には聞こえにくい、非常に高い音を指す言葉です。 私たちが聞き取れる音の高さは、周波数でいうと20〜2万ヘルツといわれますが、加齢とともに高音から聞こえなくなります。 17,000ヘルツ前後の周波数のモスキート音を流すと、10代から20代前半くらいの若者には聞こえますが、 それ以降の年代では聞こえにくくなります。
このように、私たちの聴覚の老化は、意外なほど若い年齢から始まっているのです。 しかし、実際に聴力の低下を自覚し始めるのは50〜60代といわれています。 それは、日常会話で必要とされる音の高さが500〜2000ヘルツ程度であり、モスキート音のような高音域が聞こえなくても 特に支障なく生活できるからです。

では、そもそも耳鳴りや難聴、めまいはなぜ起こるのでしょうか?
音とは空気の振動で、外耳道を通って中耳にある鼓膜に伝わります。 鼓膜に伝わった空気の振動は耳小骨(ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨)に伝わり、振動が20倍以上に増幅されます。 音が空気の振動として外耳から中耳まで伝わる経路は「伝音系」と呼ばれます。 次に、増幅された空気の振動はカタツムリのような形をした蝸牛に進みます。 振動によって蝸牛の中のリンパ液が揺れて、その揺れを有毛細胞が感知して電気的な振動に変換します。 この信号が聴神経(蝸牛神経)を通じて大脳の聴覚領域に伝えられ、音として認識されるのです。 音が電気信号として内耳から脳まで伝わる経路は「感音系」と呼ばれます。