卵巣癌

年々増えている卵巣に発症する癌


■症状と特徴

卵巣は子宮の脇にある親指の頭くらいの器官で、女性ホルモンを分泌しています。卵巣癌はこの卵巣に発生する悪性腫瘍です。 初期にはほとんど症状がありません。そのうえ、卵巣は体内の奥まったところにある器官なので発見が難しく、進行した状態で見付かることがあります。 癌が進行すれば、腹部膨満感、下腹部痛、圧迫感があり、下腹部に硬いものを触れることから気が付きます。 卵巣の茎がねじれたり、破裂したりして、激痛から発見されることもあります。腹水、不正性器出血も発見の目安になります。 卵巣癌には、上皮性腫瘍の悪性群のほか、良性と悪性の中間にある境界悪性群も含まれます。 年々増加しており、年齢的には50歳前後に最も多くみられ、ついで80歳ころになるとまた増えてきます。


■原因

原因ははっきりとしていません。一般に、卵巣機能不全や子宮内膜症、不妊症、乳癌にかかったことがある人や、 月経異常がある人、出産経験がない人に卵巣癌が多いといわれます。 なお、BRCA1、BRCA2などの癌抑制遺伝子の変異が家族性の卵巣癌に関係しているとされ、家族に卵巣癌の経験者がいるときは症状がなくても、 年に1度は検査を受け、早期発見に努める必要があります。 問診、腹水を調べるほか、腫瘍の大きさを調べる内診や直腸診、画像診断、腫瘍マーカーなどから診断します。 病気は癌が卵巣内にとどまっているⅠ期から、腹腔を超えて転移しているⅣ期までの4期に分かれます。


■治療

病期によって治療は異なります。基本は手術です。卵巣癌が見付かった時点で、単純子宮全摘術や、両側付属器切除術、骨盤リンパ節郭清、 傍大動脈リンパ節郭清を行います。その後、抗癌剤で化学療法を加えます。 あるいは進行癌で手術がためらわれる場合には、術前に化学療法を行い、腫瘍が小さくなったところで手術をすることもあります。