骨盤臓器脱

膣から臓器が外に出て、股に何か挟まったような違和感があるのが骨盤臓器脱。 若い世代にも見られますが、特に50歳代以降の女性で増加します。 軽症なのに深刻に考えすぎたり、重症でも恥ずかしさなどから我慢してしまう人も少なくありません。 初期の場合では、自分でできる対処法があります。


■骨盤臓器脱ってどんな病気

骨盤臓器脱とは、膀胱や子宮、直腸といった骨盤の中の臓器が、本来の位置より下に下がり、膣から外に出てくる病気です。



◆骨盤臓器脱の原因

膀胱、子宮、直腸などの臓器は、骨盤底という、骨盤の底の筋肉や靱帯などが支えています。 骨盤臓器脱は、その骨盤底が緩み、臓器を支えきれなくなることで起こります。 骨盤底が緩む原因には、複数の要因が関係しています。

▼妊娠・出産
妊娠中は胎児の重みで負担がかかるうえ、出産時には胎児の頭の通過で、骨盤底の筋肉などが傷つきます。

▼加齢
加齢とともに骨盤底の臓器を支える力は低下していきます。

▼肥満・便秘・重いものを持つ動作
いずれも骨盤底に余計な重みがかかります。

▼呼吸器の病気
喘息などの慢性的な咳は骨盤底に大きな負担をかけます。

また、「腹圧性尿失禁」も、骨盤底の緩みが原因の1つで起こるため、骨盤臓器脱と合併することがあります。


●骨盤臓器脱の進行

初期には、臓器は膣口ぎりぎりのところにとどまっています。 股の間に何かが下がるような下垂感や、重いものを持ち上げた時に違和感があり、入浴時に、あるいはトイレで、 股の間に”ピンポン玉のようなもの”に触れて気付く人が多くいます。 症状が強まるのは、夕方疲れた時、長時間歩いた後、立ち仕事をしているときなどです。 進行すると、朝起きた時から現れ、排尿障害や排便障害が起こります。 さらに進行すると、常に臓器が外に出た状態になり、下着に擦れて出血も伴います。


●骨盤臓器脱の症状

▼初期の場合
・お風呂でしゃがんでかけ湯をしたり、体を洗ったりするとき、トイレで排尿・排便をして拭くときなどに、股の間に何かが触れる。
・重いものを持ったり、力んだりしたとき、長時間歩いたときなどに、股の間に何かが下がってくるような違和感がある。

▼進行した場合
・股の間に何かが挟まった感じが続き、歩きにくく外出が億劫になる
・股から下がってきたものを、指で押しても戻りにくい
・下着に擦れて出血する
・蓋をしたように尿が出にくい
・尿が近くなる
・便を出そうとすると、何かが下がって出しにくい

●受診のタイミング

膣口に臓器が少し触れたり、膣の中で膨らんだ感じがする程度ならば、通常は受診を急がなくてもよいでしょう。 一方で、どうしても気になる、指で押しても戻りにくい、歩きにくい、排尿・排便障害があるなどの場合は、早めに受診してください。 受診する診療科は、産婦人科や泌尿器科です。骨盤臓器脱や尿漏れなどを専門的に診る女性泌尿器科やウロギネ外来などを設けている医療機関もあります。 受診時には、医師に「何か下がる感じがする」としっかり伝えることが大切です。 診察時に臓器が膣から出ていなくても、患者さんに咳払いやお腹にに力を入れてもらうことで、 医師は骨盤臓器脱があるかどうかを確認できます。子宮癌検診の際に、相談してみるのもよいでしょう。


■自分でできる対処法

初期症状が軽い場合は、症状の改善と悪化予防のための対処法があります。

▼生活の工夫
骨盤底に負担をかけないようにします。「重いものを持たない」「便秘で力まない」「体重を増やさない」の「3ない」を心がけましょう。

▼指で押し戻す
排尿・排便の前や座る前に膣から出た臓器を指で押し戻します。 臓器が出ているのをそのままにしていると、血流が悪くなって症状が悪化します。 爪で傷つけないように、指でやさしく押し戻してください。服の上からで構いません。

▼骨盤底筋トレーニング
骨盤底の筋肉を鍛えることで、症状を改善し、悪化を予防します。腹圧性尿失禁を合併している人にも役立ちます。 2~3ヵ月続けると、効果を実感できるようになります。 トイレの後、入浴時、寝る前など、生活の中に組み入れてトレーニングすることが、長く続けるコツです。 なかなか効果が現れない場合や、正しくできているか不安がある場合は、医療機関を受診してください。