子宮頸癌

定期的なチェックで「治せる病気」に
性体験があれば、10代からでも検診を

子宮癌には、「子宮頸癌」「子宮体癌(内膜癌)」の2つがあり、日本人に多いのは子宮頸癌です。 子宮頸癌は、外子宮口付近(子宮膣部)に発生することが多い癌です。 膣のほうから見ると、奥の突き当たりに頸部の一部が見えますが、そのあたりに癌が発生することが多く、 検査すべき細胞や組織を採取しやすく、早期発見が容易なので、早期発見と治療によってほぼ100%治るといわれています。 頸部の癌は非常にゆっくり増殖しますし、検査では、癌になる前の異型細胞の段階から発見診断することができます。 また、他のSTD(性感染症)による子宮頸管炎なども、癌を起こしやすくするといわれています。 このように、SEXの経験があれば若くても定期的な検診は必要です。 特に30歳以降は、半年~1年に1度は頸癌検診を受けることが進められています。


■子宮頸癌の原因

子宮頸癌の発症には、STD(性感染症)のひとつであるヒューマン・パピローマ・ウイルス(human papilloma virus:HPV)の長期にわたる持続感染が関与しています。 この事実が子宮頸癌を性感染症として理解することを容易にしています。  性行為によって感染し、子宮頸癌患者の90%以上から発見されます。 感染だけでは症状は現れず、普通は2年くらいで自分の持つ免疫によって自然に消えていきます。 ただ、その中の16型、18型、33型、52型、58型といったウィルスは強力で(ハイリスク型ウィルス)、 このウィルスに他の要因が加わると子宮頸部異形成という前癌症状を経て、子宮頸癌を発症させるといわれています。 ただし、このハイリスクウィルスが子宮頸部の癌化を促すのは20%程度とされます。 現在では多くのハイリスク型HPVに有効なワクチンや、HPVの持続感染を予防するワクチンなどが研究開発中です。 2009年(平成21年)、16型、18型のHPVワクチンが、日本でも認可されました。 ただし、日本の場合、このタイプのHPVは50%程度とされます。
子宮頸癌検診では、内診と細胞診が行われます。検査そのものは、ほとんど痛みがありません。 異形細胞が認められ、精密検査の必要がある場合は、コルポスコープによって患部を拡大して調べ、組織を採取して病理検査を行います。 精密検査の結果、癌だった場合は進行状態により、癌上皮内にある0期から骨盤の外に広がっているⅣ期の5つに分けられます。 子宮頸癌は非常にゆっくり増殖しますが、癌細胞が子宮頸部に見つかる以前の初期段階に、正常でない細胞が発生します。 この正常ではない細胞を異型細胞と呼びます。細胞診ではこの異型細胞の段階から診断することができるのです。


■子宮頸癌の治療

 病気0期では、癌が上皮内にある状態なので、子宮頸部の円錐切除術や、レーザー光線を当てて、癌を死滅させるレーザー蒸散術、 高周波で癌を殺す高周波療法、癌を凍らせて死滅させる冷凍療法などを行います。子宮は温存できます。 Ⅰ期の場合は、進行度によって二つに分けられ、Ⅰa型は子宮だけを取る単純子宮全摘術か、子宮周辺の組織も取る準広汎性子宮全摘術、 Ⅰb~Ⅱ期は骨盤までの組織も取る広汎性子宮全摘術に、骨盤内のリンパ節も取る骨盤郭清や、 卵巣など子宮部付属器切除術も同時に行います。Ⅲ期とⅣa期では、放射線療法や化学療法、もしくは両方を併用して行います。


●子宮頸癌の病期
病気 特徴
0期 子宮頸部の粘膜にとどまる
Ⅰ期 Ⅰa期 子宮頸部に限られ、顕微鏡によって診断される
Ⅰb期 子宮頸部に限られ、肉眼で確認
Ⅱ期 Ⅱa期 子宮頸部を越えるが、膣壁の下1/3までは達していない
Ⅱb期 子宮頸部を越え、骨盤腔にも広がるが、膣壁の下1/3までは達していない
Ⅲ期 Ⅲa期 膣壁の下1/3まで達するが、骨盤へ期には達していない
Ⅲb期 骨盤へ期に達し、水腎症や無機能腎が認められる
Ⅳ期 Ⅳa期 膀胱、直腸の粘膜まで広がる
Ⅳb期 骨盤を越えて遠くの臓器に広がる